スポンサーサイトオレンジ色のワンピース








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

 昼間から続いていた騒ぎもすっかり収まり、甲板には静寂が訪れていた。
 散らばった酒瓶と、始めから何も載っていなかったかのように綺麗に片付いた料理皿、そして花火の残骸。それらを囲むようにして、船員達が輪を作って眠っている。
 お腹をいっぱいに膨らませて真ん丸になったルフィと、その上で大の字になっているチョッパー。「ナミさん・・・」と寝言を言うサンジ。そのサンジに左手を掴まれているのは、自作の花火を抱えて時々「ふふん」と笑いを浮かべるウソップ。さっきまで一緒に酒を飲んでいたゾロも、酒瓶がすべて空になったとわかると、1秒も立たないうちに眠ってしまった。
「睡眠切換スイッチでもついてんのかしらね・・・」
 眠ってしまったゾロを覗き込んでナミがそう呟くと、「そうね」とロビンはにっこり笑った。ナミはそのまま、ロビンの隣に座り込む。
「うちの男共ったら、まるでなってないわ」
 ひざを抱えて、ナミは少し膨れっ面で言う。
「そうね」
 ロビンはまたそう言うと、「ふふっ」と可笑しそうに笑った。
 ナミは立ちあがると、オレンジ色のワンピースを翻す。
「こんなに可愛い女がここにいるっていうのに、ホント、なってないわね」
 そうしてナミは、悪戯っぽい笑顔を浮かべた。

「ナミといえば、みかんっ」
 相談開始から5分。単純な船長が何の迷いもなくそう言い放ったのは、朝食後のことだった。
 港に立ち寄る少し前。ナミが指針を確かめる為に甲板に出ている間に、船員達はキッチンで相談を始める。
「船にでっかいみかんの木が立ってるつーのに、みかんプレゼントしてどうすんだよっ」
 ウソップがツッコミを入れる。
「誕生日って、何あげたら喜ぶのかな」
 なぜだかわくわくしながら、チョッパーが呟く。
「みかんみかんっ」
 ルフィはさっきからそればかり言っている。
「お前は少し黙ってろ」
 ゾロがルフィを宥めようとしたとき、隣でロビンがふと呟いた。
「みかん色の洋服なんて、似合うんじゃないかしら・・・」
 その言葉に真っ先に反応したのは、当然というべきかサンジだった。
「さすがロビンちゃんっ。ひらひらでフリフリのワンピースを翻すナミさん!可愛いだろうなぁ・・・」
「それはお前の趣味だろうが」
 ハート型の煙をふかすサンジに、ゾロがツッコミを入れる。
「けどそれならまぁ、あいつも喜ぶんじゃねぇか?」
 ゾロとサンジの喧嘩が始まる前に、ウソップが横槍を入れた。

「やっぱり、似合うわね」
 月の光にワンピースを翻したナミを見て、ロビンは呟いた。
「そう?ありがと。こういうの着ると、なんだか心がウキウキするわね。少女の頃に戻ったみたい、なんてね」
 そう言ってナミは、飛び跳ねたりくるくる回ったりしてみる。
 ロビンは、昼間のナミを思い出して、太陽の光をいっぱいに浴びたオレンジを想像する。

 船が港につくと、これも当然というべきか、唯一女であったロビンがプレゼントを買いに行くことになった。
 何軒か洋服屋を回った後、とある店の店頭に、オレンジ色のワンピースを見つけた。サンジの言葉を思い出して、少し苦笑いする。ロビンはそのまま店を通り過ぎようとしたが、思いなおしてもう一度店頭に立った。
 サンジが言うような“ひらひらでフリフリ”とは程遠いし、これならあの気の強い航海士に似合いそうだ。
 少し迷ってから店に入り、店員に「お嬢さんならこのドレスの方が・・・」と青いドレスを勧められるのを軽くかわして、ロビンはそのワンピースを買って船へと急いだ。

オレンジ色のワンピース auaさん


「あら、あんたたちにしては気が効いてるじゃない?」
 プレゼントの包みを開けた後、ナミはいつものように悪戯っぽくそう言って、それから少しはにかんだ。
 いつもは気の強い航海士が、少しだけ、少女に戻る瞬間。
 こんなときに男の人たちは恋をするのかしら・・・?と、ロビンはふと思った。
「さ、ナミさん、サンジ特製、ナミさんのお誕生日の為のフルコースをどうぞ」
「おい、酒もありったけ持って来いっ」
 甲板に料理が並ぶと、色気より食い気の男達は、主役より先に一斉に手を伸ばしはじめる。サンジはそんなのにはお構いなく、オレンジ色のワンピースに着替えたナミに見とれている。
 オレンジ色のワンピースは、太陽の光を浴びて一層きらきらと輝いていた。

 ウソップの抱えていた花火が、ひゅうっと音を立てて空へと舞い上がると、ぱんっと夜空ではじけた。
「あら、まだ残ってたのね・・・」
 ナミが月の光る夜空を見上げて、小さく呟く。
「ななな、なんだ?大砲か?」
「敵ぃぃぃぃっ!!??」
「お、朝か・・・」
 眠っていた男達が、花火の音に一斉に目を覚ます。
 まだ眠い目をこすっている男達に、
「あんた達、こんな可愛い女をおいて先に寝ようなんて100万年早いわよ」
と、ナミはワンピースを翻しながら楽しそうに笑い、ロビンは花火に火をつけるために咲かせた手をそっと引っ込めた。


イラスト auaさん






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。