スポンサーサイトみかん畑の唄








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。


もっと読みたいです!(2011.09.06)
名前:ゆい(URL)

ナミとベルメールさんシリーズは大好きなのでとても良かったです!

編集

(2011.09.07)
名前:cherry(URL)

どうもありがとうございます~。
自分でも結構気に入ってます。

編集












 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

「お帰り。遅かったね」
 窓からふと視界に入ったみかん畑にナミの姿を見つけて、ノジコは外へ出た。みかん畑の一角で、ナミは今回の戦利品を地中に隠しているところだった。
「大きな船だったからちょっと手間取っちゃってね。でも見て。こんなにたくさん」
 ナミは傍らの宝箱をひとつ、開けてみせる。そこには札束や宝石が溢れるほど入っていた。
「あと残り五千万ベリー。どう?希望が見えてきた?」
 ノジコは言葉を返さずに、少しだけ笑ってみせた。
「ねぇ、それより、なんだかいい匂いがする。なんだか懐かしいような・・・。何か作ってるの?」
 ナミは瞳を閉じて、家の方からの甘い香りに身を預けると、ノジコに訊ねてみる。
「今できたとこ。おいで」
 ノジコはナミを家の中に招くと、ナミを椅子に座らせて、自分はキッチンの方へ入っていった。
「ナミ、誕生日おめでとう」
 ふいに、ノジコの影が懐かしい人と重なる。ノジコが持ってきたのは、みかんケーキ・・・。

「はいできた!ベルメール特製みかんケーキ!!」
 夏色のエプロンを翻し、ベルメールができたてのケーキを持ってキッチンから出てくる。
「やったぁ!ベルメールさん、はやくはやく!」
 テーブルの上に身を乗りだしてはしゃぐナミ。
 一年に一度、ベルメールがナミのために作るみかんケーキは、ナミがまたひとつ、大人になったことへの証。
 みかんの甘い味と香りが、口いっぱいにほどけるように広がっていく。
「ナミ、誕生日おめでとう」
 切り分けたケーキを夢中で食べているナミに、ベルメールが微笑む。
「ねぇベルメールさん、私のときは上にもみかん載っけてよ」
 ナミの横からそう言うのはノジコ。
 そこには確かに、穏やかな時間が流れていた。

マリさんより


「これ・・・」
 驚くナミに、ノジコが笑いかける。
「ベルメールさんみたいにうまくは作れなかったけどね。でもこれでもいちばんの自信作。食べてみて」
 ノジコはケーキを切り分けると、ひとつを小さな皿に載せてナミに渡す。ナミはゆっくりと、それをひとくち、口に運ぶ。懐かしい味と香りが、口いっぱいに広がっていく。
「おいしい・・・」
「ほんと?よかった」
 ナミは、まぶたの裏が熱くなっていくのを感じていた。涙が零れ落ちないように必死で堪えながら、ナミは、ケーキをひとくちずつゆっくりと口に運んでいく。
 そんなナミの様子を見て、ノジコが言った。
「この村に平和が戻ったらさ、私だけじゃなく、村中のみんなであんたの誕生日祝ってあげるからね」
 そう言って笑うノジコに、ナミも精一杯の笑顔で頷いた。

「ゲンさんどう?」
「うん。美味い」
 ノジコの作ったみかんケーキを食べながら、ゲンゾウは呟いた。
「・・・そうか、今日はあの娘の誕生日か・・・」
「約束してたの。この村に平和が戻ったら、村中でお祝いしてやるって」
 みかん畑からの爽やかな風が、窓から入ってくる。
「今ごろ、どこで何をしているんだか・・・」
 そう言うゲンゾウに、ノジコが笑って言う。
「あの娘のことだから、うまくやってるよ。この世界のどこかで、あの娘はいつだって笑ってられる。もう、独りじゃないからね・・・」
 ノジコはふと、窓の外を見る。風に揺れるみかんの樹の向こうで、懐かしい人が微笑んだような気がした。

───ナミ、誕生日おめでとう───

 風に乗って声が聞こえる。きっと、この世界のどこかにいるナミにも届いているはずの、優しい、あの人の声が・・・。


イラスト マリさん






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。


もっと読みたいです!(2011.09.06)
名前:ゆい(URL)

ナミとベルメールさんシリーズは大好きなのでとても良かったです!

編集

(2011.09.07)
名前:cherry(URL)

どうもありがとうございます~。
自分でも結構気に入ってます。

編集












 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。