スポンサーサイト海の歌声








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

「何してんだ?こんなとこで」
 背後からの突然の声に、ナミは振り返った。
 ゴーイングメリー号の甲板から、ナミは真夜中の海を見つめていた。果てしなく広がる海と、星々が瞬く果てしない空。その中に、船はぽつりと浮かんでいる。
「ゾロ?」
 ・・・振り返った先にいたのは、月の光に照らされた、一人の剣士だった。
「あんたこそ、どうしたのよ、こんな夜中に」
 ゾロは大きな欠伸をひとつすると、面倒くさそうに頭を掻きながら答える。
「ちょっと眠れなくてな」
「年がら年中どこででも寝られるあんたの言うセリフじゃないわね」
 そう言って、ナミは悪戯っぽく笑う。
「・・・で?」
 ゾロは、ナミの隣り・・・甲板の手すりにもたれかかると、もう一度大きな欠伸をした。
「アタシも同じ。眠れなくて外に出たんだけど・・・」
「けど?」
「海を見てたのよ。そしたらね、いろいろな音が聞こえるの。波の音や、風の音。昼間の賑やかな船の中で聞くのと全然違うの。澄み渡ってるっていうか。こんな音もあったんだって、なんだか心地よくなっちゃってね」
「そっか」
 ゾロは、両肘で体を持ち上げるようにして立つと、一度伸びをした。
「邪魔したな」
「あ、待って」
 そう言って部屋へ戻ろうとしたゾロの左手を掴んで、ナミが引き止める。
「あ?」
「まあいいじゃない、もう少しだけ。ホント言うとね、誰かに聞いてもらいたいと思ってたとこなのよ。この時間を独り占めするのが、勿体無い気がしてね」
「だったらあのラブコックとかの方がいいんじゃねぇのか?少なくとも俺よりは・・・」
「あんたがここに来たんだから、あんたでいいのよ。いいじゃない、少しくらい付き合ってくれたって」
「・・・ま、いいけどな」
 ゾロは、手すりにもたれて寝転がった。
「要するに、誰でもいいってことか」
「そういう訳でもないわよ。同じ夢を持って、同じ船に乗ってるあんたたちじゃなきゃ、こんなこと話さないわよ」
 そう言ったナミを、ゾロがまじまじと見つめる。
「なによ」
「いや、なんかおまえ、いつもと違うな」
「ん?」
「・・・ちゃんと女に見える」
「あのねぇ・・・」
 ナミの言葉を無視して、ゾロは瞳を閉じた。
「もう・・・」
 ナミはふっと溜め息をつくと、そのまま瞳を閉じる。風が、耳の横を通り抜けて、髪を揺らしていく。
「・・・聞こえる」
「え?」
 突然のゾロの声に、ナミは振り返った。ゾロは、瞳を閉じたまま呟いた。
「海の歌声・・・だな・・・」
 澄み切った空気に、その声はよく響いた。
「あら、なかなかロマンチックなこと言ってくれるじゃない」
 ナミが、ゾロに向かって悪戯っぽく笑う。ゾロは、頬を少し赤く染めると・・・暗闇でよくわからなかったが・・・、大きないびきをかき始めた。
「ごまかしちゃって」
「・・・うるせぇ」
 ゾロの呟く声に、ナミはもう一度小さく笑った。

ステテコダンスさんより


「いてっ!」
 頭に何かがぶつかって、ゾロは目を覚ました。いつの間にか、太陽は高く昇っていた。
 眠い目をこじ開けながら覗いた視線の先には、みかん畑から、こちらを見て笑うナミの姿があった。
「ナミ、てめぇ・・・」
 と、目の前に、みかんがひとつ転がっていた。どうやら、頭にぶつかったのはこれらしい。不思議そうにみかんを手に取るゾロに向かって、ナミが言った。
「それ、昨日のお礼」
「・・・あぁ」
 ゾロは、にっと笑ってみかんを太陽にかざしてみる。
「おい、ちょっと待て」
「あ?」
 そこにお約束のように現れたのはサンジ。
「何でおまえがナミさんに・・・」
「おお、美味そうなみかん!」
 そう言ってゾロの手からみかんを奪ったのはルフィで。
「あ、ルフィ、俺にもくれ、ナミさんの・・・」
「おい、それは俺の・・・」
 そうこう言って揉みあっているうちに、実験中のウソップに激突。火薬が一気に爆発する。
「げほっ!何すんだおめぇら!」
 甲板で騒ぐ男たちに、それをみかん畑から微笑ましく見守っていたナミが叫ぶ。
「みんなぁ!愛してるわよぉ」
 男たちが一斉に振り返る。
「何言ってんだ突然」
「ナミさーん!!」
「ナミ、悪いが俺には・・・」
「おう、俺もだナミー!」
 船は行く。夜中とは一転した、賑やかな海の歌声を聞きながら。同じ夢を抱いた仲間たちを乗せ、グランドラインへ・・・。


イラスト ステテコダンスさん






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。