スポンサーサイト誰も知らない夜明け








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

 人気のない電車の窓から、哀は一人、外の景色を眺めていた。・・・正確には、窓の縁に頬杖をついて外を見てはいたが、哀の瞳に、景色は映っていなかった。
 太陽の光が、窓から射し込んでいる。
 ふいに、辺りが真っ暗になった。トンネルに入ったのだ・・・と、哀は思った。
 その時、窓に、見たことのある影が映った。影はそのまま、哀の向かいの席に座る。
「あら、久しぶりじゃない」
 こんな所で会うなんて・・・という驚きとは裏腹に、哀は平常を装って静かに呟いた。が、影の主は、少し戸惑ったような顔で答えた。
「え・・・あ、嬢ちゃん、どっかで会うたことあったか・・・?」
「え?」
 哀は少し考える。そしてふっと笑った。
「そうね。あなたは知らないかもしれないわ。あのときあなたは、私の素顔を見ないまま帰ってしまったから・・・」
 今度は向かい側にいる彼が考える。
「あなたの変装も結構いけてたわよ。・・・西の名探偵さん」
 それを聞いて、影の主・・・平次は思わず大きく相づちを打った。
「あぁ!!あんた、あんときちっさい工藤に変装しとった嬢ちゃんかぁ。そう言うたら、その目ぇに見覚えある気ぃすんで」
 電車の中の静寂・・・車内には、二人の他に人影は見あたらなかった・・・、神聖な雰囲気には似つかわしくない関西弁の大声がこだまする。哀は思わず溜め息をついたが、平次はそれには気付かなかった。
 すっかり満足したように、平次は大きな伸びをした。そのまま、窓の外に目をやる。二人はしばらく黙ったままだった。
「何も聞かないのね。私がどうしてこんなとこにいるのか・・・」
 先に口を開いたのは哀だった。すると平次は、何もかも見透かしたように言う。
「聞いて欲しかったか?まあ、聞いたとしても、『ただなんとなく』とか言われるのがオチやろな思て」
 哀は微笑した。
「まあそうね。ホント言うと、いつからここにいたのかも分からないわ。いつのまにか、ここにいた・・・」
 そして、ふと平次から視線を逸らす。
「現実から、逃げ出したかったのかもしれない・・・」
 唇の先から思わず本音が出て、哀は口をつぐんだ。
「工藤のことか・・・?」
 ふいに平次にそう訊かれ、哀は驚いて平次を見つめた。「どうして・・・」そう呟くのが精一杯だった。
「初めて会うたときからな、なんとなく、思たんや。あんた、工藤のこと・・・」
「バカなこと言わないで」
 平次の言葉を遮るように、哀は呟く。思わず、不敵な笑みがこぼれる。
「ただ、いつ私を狙いに来るか分からない組織に怯えているだけ・・・」
 そこまで言って、哀は首を振った。
「違う・・・」
 哀はまた首を振る。自分を否定するかのように。
 平次は黙ったままだった。
「違うの。・・・本当は怖いのよ。私の作った薬で、いろんな人が犠牲になってるわ。そして、工藤くんも・・・。彼を助けたい。でも、彼は組織の人間に狙われるわ。私にはどうすることもできない。それに、彼が元の体に戻ったら、私の事なんてもう・・・。私、どうしたらいいのか分からないのよ!」
 胸の中に溜まっていたものが爆発する。哀は思わず叫んだ。電車の中の静寂が打ち破られる。自分の声が、自分の中でこだまする。荒い息を吐く。なぜだか、涙がこぼれ落ちてくる。
「どうかしてるわ。あなたにこんな事言うなんて・・・」
 そう言って哀は、無理に笑顔を作ろうとするが、涙が流れ落ちるばかりだった。思わず俯く。握りしめたこぶしに、いくつもの雫がこぼれ落ちていく。
 やがて、今まで黙って哀の言うことを聞いていた平次が口を開いた。
「俺は、明日のこととか、これから先のこととか、あんまり考えずに生きとる。今日に命賭けてるからな」
 平次の急な発言に、哀は思わず顔を上げて平次を見つめた。
「せやから、思い立ったら即行動してまうんや。こいつに会いたいって思た瞬間、こいつ守らなあかんて、思た瞬間からな。よく後からいろんな人に怒られるわ。・・・せやけどな、それも結構楽しいもんやで」
 そう言って、平次は笑った。
「あんたも、もっと気楽にやったらええんとちゃう?先のことばっか考えて煮詰まってるよりはな」
 ただ、それだけだった。平次は、それ以上何も言わなかった。ただ、まっすぐに哀を見つめる。
 哀は頬に流れていた涙を拭った。精一杯強がってみる。
「あなたにお説教されるためにこの電車に乗ったんじゃないわ」
「そりゃそうやな」
 そう言ってまた、平次は笑った。そう、ただ、それだけだった。けれど・・・。
 哀が呟く。
「でも、・・・少しは楽になったかもしれない」
 なぜかしら。何か特別なことを言われたわけでもないのに・・・。
「そうか、ほんなら、俺の説教もちょっとは役にたったっちゅうことやな」
 平次が笑う。哀の中で、哀を押さえつけていたものが消えていく。
 ・・・そうだ。この笑顔だ。
 哀は思った。
 私、この笑顔にだまされてるのかしら・・・。
 そう考えて、哀は思わず吹き出した。
「なんや急に」
「変ね、的を得てるのか得てないのか、分からないようなお説教だったのに」
 哀の楽しそうに笑う顔を、平次は不思議そうに見つめている。さっきまでの涙は、どこへ行ったのか・・・。
 ふと哀は、窓の外を見つめる。そしてあることに気付いた。
「・・・ヤケに長いトンネルね・・・」
 窓の外は、平次に会ったときから、暗いままだった。
「何言うてんのや。よう見てみぃ」
 平次に言われて、哀は目を凝らしてみた。
「・・・星?」
 平次は頷いた。電車の外には、たくさんの星々が煌めいている。
「そうや。さっきまでは見えへんかったんなら、心が軽くなった証拠やで」
 電車の前には、光り輝く道が、どこまでも続いている。
「まるで銀河鉄道ね」
「ああ、この電車は、夜空ん中を走ってる。そして、この電車の行く先には・・・」
 星がひとつ、流れて消えていった。
「新しい夜明けが待ってるんや」
 平次がうれしそうに笑う。
 やっぱり、この笑顔だ・・・。
 なんだか、心のもやが晴れているような気がする。
「どうしてこの電車であなたに出会ったのか、分かったような気がするわ・・・」
 ふいに、哀が呟く。
「多分、似たもの同士だったから・・・」
 そう・・・。あの日、私達は、それぞれにだけど、同じ事をしようとしてた。そこに至る経過はどうであれ、私達は、大切な人を守ろうとしてた・・・。
 だからだわきっと。彼の笑顔は、こんなにも私の心に響いてくる・・・。
「だけど、あなたにはもっと、守るべき人がいるんじゃないかしら?」
 きょとんとしている平次に、哀が言う。
「は?何が?」
「べつに。ただ、西の名探偵さん?あなたも、人の心は読めても、自分のことになるとさっぱりなのね」
 哀がくすっと笑う。
 なんや?俺も前誰かに、そんなことを言うたような気がする・・・。
 相変わらずきょとんとしている平次をしり目に、哀は窓の外を見る。窓ガラスに映る自分の顔は、なんだか楽しげに見える。哀は、その顔に問いかけた。
 ねえ、知ってる?これから、誰も知らない夜明けを探しに行くのよ・・・。
 また、星がひとつ流れた。
 電車は、どこまでもどこまでも進んでいく。新しい、夜明けを目指して・・・。

「でもやっぱり、あの変装でばれないと思うのはおかしいんじゃないかしら」
「何言うてんねん。あんたに負けず劣らず完璧な変装やったやんか」


誰も知らない夜明けを探しにいこうと
夜の真ん中 車走らせて
明日のことなんて少しも頭になくて
今日を最後の日のように走り抜けてた

今夜の月は 僕らを
白くあやしく照らして引き込むように
どんな場所にも誰よりも早く
辿り着けそうな予感 真冬の奇跡

いつかの君へ 一人で
抱え込まないで 思い出して
僕らは君のためなら
時間も距離も飛び越えかけつけるから


rumania montevideo「誰も知らない夜明け」(rumania montevideo「Girl,girl,boy,girl,boy」GIZA,INC.)






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。