cherry、イバラードオフ会に行く








※このレポートは、イバラードサイト用に書いたオフ会レポートに、写真や説明を追加したものです。


 イバラードとは、井上直久先生が描く、もうひとつの私達の世界である。
 私達の世界も、ちょっと見方を変えると、こんなに素敵なところなんだ、という世界。例えば見なれない電車に乗ったり、おかしなものを売っているお店を見つけたりすると、そこはもう、イバラードだったりする。
 今回、名古屋三越で井上直久先生の絵画展が行われた。それに伴い、イバラードの住人が集まって楽しむオフ会が開かれることとなった。
 これは、にゃんにゃんとcherryが、一風変わったイバラードの世界へ迷い込んだことから始まる、物語である・・・。


 6月3日。

 夕方5時半ちょっと前に会場に着く。
 にゃんことふたりで会場を回っていると、フクオカさんが声をかけてくださった。にゃんこがいうには、「耳をすませば」の雫のお父さん風。確かに。ダンディーで素敵な方だった。でも冗談も言う。っていうかボケる。megezou
 私とにゃんこがポストカードブック(何枚か入ってて1000円のやつ)を二人で分ける計画を立てていたら、そばにあっためげゾウ(左図参照)のぬいぐるみをおもむろにとりだし、「じゃあこの辺から半分に・・・」。おもしろい。「それじゃあ私はこっち半分をもらいます」・・・って、私もボケに乗ってどうするんだ。誰かつっこんで。
 そのうち、お茶に行っていた井上直久先生(とオフ会の皆さん)が帰ってきた。はー、井上先生だー。本物だーっと思いつつ、とりあえずじっと眺めてみた。オフ会の皆さんともいっぱいお話ししたい!と思いつつ、にゃんこもcherryも実は小心者だったので、どぎまぎする。・・・でも、小心者とか言いつつ、記念撮影でちゃっかり井上先生の隣に写っておいた(いや、これは成り行き上ね)。
 んでもって、そのまま夕食会に「ワンサカンサ」に行く。そこでもちゃっかり井上先生と同じテーブルにつく(あくまでも成り行き上)。
 そこで、井上先生に恋愛のノウハウを学ぶ。ちなみにこれが後々役に立つのかは不明・・・。井上先生はとても楽しい方で、しかもかっこいいし素敵。
 曰く、弟がいると、結構弟に似た年下好きになるらしい。にゃんこはその通り。でも私は年上好きだ。それと、女の人が綺麗に見える瞬間とか、オーラとかのお話を聞かせていただいた。さっそくメモ(どこに・・・?)。
 ついでに、にゃんこはかなり猫をかぶっていたと思う。っていうか猫だからね。猫が猫かぶったら何?とりあえず、そんなにゃんこを傍観。ちなみに私は、人が3人以上いると聞き役にまわるタイプなので、みんなを静観。トルコ石さんにかなり惚れた。
 そんでまたついでに言うと、最初名前を聞いたとき「トルコ石」さんを「鳥子星」さんと間違えていて、「鳥子星さんって女だったの??」と思ってたらやっぱり違ってたらしい(・・・らしいっていうか、違ってたんだね)。
 この辺で一つ言っておくと、私はみんなの名前をちゃんと覚えてない・・・。言われた側から「もう忘れちゃったー」って感じで、にゃんにゃんと二人で(ついでにペンペンさんも加わって)あの人名前何ー??とあたふたする始末。だから、このレポート、もしかしたら人の名前間違ってるかもしれないけど、あしからず・・・。
 話を戻しまして、血液型のお話も聞いた。先生はB型になりたいらしい・・・。うちは父以外みんなB型なので、B型の良さが分からん。しかもにゃんにゃんもB型なので、余計にB型の良さが分からん・・・。
 B型は、砂漠の人らしい。とにかくまっすぐ進む。反省しない。間違ってても間違ったと言わない。・・・と、先生はおっしゃっていたが、このB型のどこがいいのか不明。ちなみに私も、思い立ったらやるぞって感じで詩も絵も小説も歌もやってきたので、確かにまっすぐ進んでるかも。でも、反省はしないかもしれないけど後悔はいっぱいする。「間違ってても間違ったと言わない」・・・これはなんとなくそうかもしれない。・・・というか、例えば友達とケンカしたときに、「私は悪くないぞ」と思ったら絶対謝らない。・・・って、これはちょっと違うか?メーキンソー&スコッペロ
 夕食会中に鳥子星さん(今度はトルコ石さんではない)が見せてくださった、手作りの歩くメーキンソーとスコッペロ(右図参照)がかなり可愛くて欲しい・・・。まず歩くってのがいいし、何よりスコッペロがサングラス取ったときの目が可愛くて可愛くて・・・。あれいーなー。あと、めげ卵(卵の黄身がめげゾウになってる)も可愛かった。あれもいーなー。
 関係ないけど、「鳥子星」さんを変換すると「取りこぼし」さんになる・・・。取りこぼしてどうするんじゃ。
 この日は全体でハジケ度60%といったところ。にゃんこは「みんなにつっこみが出来るようになりたい」と言っていた。でも、井上先生のふかーい(!?)お話をたくさん聞けて満足。


 6月4日。

 井上先生にサインをもらうべく、少し早めに会場へ行く計画を立てていたのに、にゃんこが寝坊した(でもいつものことだから驚かない)ので、集合時間より10分くらい遅れてしまった。会場についてすぐ、毛利さんに名刺をいただいた。この時はおとなしい方だと思っていたら大間違いだった。でもいいキャラ。
 この日来られるはずだったSO-RAが、前日の結婚式で泣き疲れて来られないということで、ちょっと残念。
 しばらくしてれーかさんAyaさん姉妹が到着し(いちばん遅れたのはうちらじゃなかったらしく、ちょっとほっとした)、「ワンサカンサ」に行く。なぜか3日と同じ席に座ってしまった。
 ルシオさんとサイさんとトルコ石さんあたりのボケあいツッコミあいがかなり楽しい。そして毛利さんと腰痛のharaさんはこういう仲。
 にゃんにゃんもツッコミを入れる(主にサイさんに)。そして、私はまごさんと、みんなを微笑ましく見守る。ハジケ度100%強といったところ。ちなみに毛利さんはあれで50%くらいらしい。100%になったらどうなるのか見てみたい。
 それから、みんなで井上先生にあてた色紙を書く。きばぞうさんの生4コマとか、腰痛のharaさん(五十肩)のイラスト(毛利さん画)とか、ルシオさんのわるめげとかかなり貴重。でも、そのあとに書く私は、何を書いていいのかかなり困る・・・。おもしろいこと書けないって。とりあえず、毛利さんに「何か可愛いの描きそう」とか言われてプレッシャーを感じつつ、何か書いた(よね?)。
 「ワンサカンサ」を出てから自由行動だったので、ゆっくり見てなかった絵画展の方へ行く。井上先生の絵は、すごく綺麗で大好き。それに、見る度にいろいろな発見がある。こんなところに女の子がいたんだ、とか、めげゾウだ!とか。とりあえず、ポストカードを結局にゃんこと半分にしずに自分で買う。財布と相談しつつ、いっぱいいっぱいながらも「イバラード物語」を買う。だって、絵本と画集は名古屋の高島屋に売ってたし、CD-ROMは持ってたけど、「イバラード物語」は売ってるの見たこと無かったからついつい・・・。めげゾウのぬいぐるみとか「3Dイバラード」とか欲しかったけど財布の中身がついていかず。ここで得た教訓、バイトしろ。
 そして井上先生に念願のサインをいただく。めげゾウを描いて頂き、かなり満足。井上先生曰く、「めげゾウは漢字みたいなもの」で、書き順もあるらしい。さっそく私もトライ・・・。
 絵画展会場には、いろいろとおもしろいものがあった。
 覗くとめげゾウがいっぱい並んで見えるものとか。にゃんこが気に入ったのは、絵が立体に見えるやつ。画面の前に座ると絵が浮き上がって見える。これは私もかなり見入ってしまった。通りすがりのおじいさんも、「こりゃええわ」と言っておられた。市電
 んで、私が気に入ったのは、ミニチュアのジーマとか市電とかが走ってたやつ(写真参照)。あれはかなり欲しい・・・。思わず写真を撮ってしまった。
 PM5時頃、体調を崩していたミルるんさんが到着。イメージしていた人とはだいぶ違ったけど、超可愛い人だった。思わず一緒に写真を撮ってしまった(ついでににゃんこも入って)。・・・っていうか、ミルるんさんが市電と同じ扱いになってる・・・。いや、そんなつもりでは。う・・・。
 オフ会へは、遠くからの参加の方もいるので、ぼちぼちみんな帰り始める。まるで嵐の前の静けさのようになった。いや、嵐の後なんだけど・・・。
 にゃんにゃんが、Yasさんみたいに紙粘土でめげゾウのキーホルダーを作ると言い出して、そんでなぜか私はめげゾウのぬいぐるみを作ることになってしまった。「えー、なんで私が作るの?」とか言いながらも、めげゾウのぬいぐるみをじっくり観察してきた。
 そんなわけで、とてもとても楽しい2日間だった。井上先生もおっしゃってたように、イバラードの住人さんたちはみんないい方ばかりだった。しかし、あの集団を、回りの人たちは何だと思っていたのかは不明・・・。
 最後に反省。
 私はどうも、初対面の人の前だと無口である。だんだん慣れてくると(5日間くらい一緒にいると・・・って長いて)本性を現す・・・。チャットとかメールだとボケもしつっこみもするのだけど、どうも今回まだまだ乗り切れず・・・(にゃんことのコンビぶりも発揮できず)。だけどとりあえず、笑顔を振りまいていたらしい(フクオカさん談)。今度みんなに会うときはもっとはじけるぞ、と、心に誓った(かもしれない)。どんまい、オレ(注:にゃんにゃん語)。
 ちなみに、オフ会参加の皆さんへ。にゃんにゃんもあんなもんじゃないよ。

以上。





よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ