スポンサーサイト俺たちに明日はある








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

 ある日のことでした。愛良(あいら)は、いつものように、学校から帰って、いつものように、夕食を食べて・・・。
 ただちょっといつもと違ったのは、学校帰りに一人の長髪の男の人とぶつかって、荷物が飛び出したとき、その男の人のものらしき<S・K>の文字の入ったキーホルダーを、愛良の持っていた、それとまったく同じの<A・M>の文字の入ったキーホルダーと、取り違えて持ってきてしまったくらいで・・・。それなのに・・・。

 夕食を終えて、愛良はそのキーホルダーを眺めていました。<S・K>っていったって、そんなイニシャルの人はいっぱいいるんです。同じクラスにだって、イニシャルが<S・K>の人は確か三人。それなのに、相手はどこの誰かも分からない、<AKANOTANIN>ってやつなんです。
 愛良の<A・M>のキーホルダーの方も、親友からもらった大切なもの。絶対返してもらわないと・・・。

 「おい、それ、俺のだよ。お前のはこっち。返せよな」
 突然の男の子の声に、愛良はびっくり。見ると、机の上のかごの中に、ほんの十五センチくらいの、小学一年生くらいの男の子、あのぶつかった男の人を若返らせて小さくしたような、ちょうどそんな感じの男の子が、取り違えた<A・M>のキーホルダーを抱えて、立っていたんです。
「おい、ほら、これ、お前のだろ」
 言われるままに、キーホルダーを取り替えて、しばらくたったとき、愛良はやっと我に返りました。
「あなた誰よ。こんなちっちゃいし、人間なの?それに、このキーホルダーは確かに私のだけど、そのキーホルダーは・・・。それに、どうしてきたの?」
「いっぺんにいろいろ訊くなよな。まず、一の回答、俺の名は黒谷智(くろたにさとる)。二の回答、俺は人間だよ。ちっちゃくたって、別に、お前には関係ねぇ。三の回答、このキーホルダーは確かに俺のです。ぶつかったのも俺。そして四の回答は・・・」
 そこまで言ってやっと一息つくと、<黒谷智>は言いました。
「俺が来たのは、お前が好きだから。会いたかったからだよ」
 愛良は、訳が分かりません。突然現れた、今さっき名前を知ったばかりの、しかも小学生に<好き>って言われても・・・。
 それに、小さくたって関係ない、そりゃそうでしょうけど、やっぱり気になるし。
「何?俺が小学生じゃ不満なわけ?それとも、十五センチだから?」
 智は言いました。愛良は何を言ったらいいのか分かりませんでしたが、とりあえず訊いてみました。
「じゃあ、私とぶつかったときのあの年齢になれるの?・・・背丈はそのままで」
「もちろん」
と言うと、愛良がまばたきをした一瞬の間に、智は、二十代前半くらいの、あの男の人になっていたのです。
 思わず、愛良はその男の人を見つめてしまいました。
 かっこいい。こういう人にだったら、好きって言われてもうれしいわよね。
 あ、でも背丈が・・・。そう思った瞬間、愛良ははっと身震いしました。一目惚れじゃないんだから。

 その日から、智は、毎日、愛良の家に来るようになりました。ある時は小学生の姿で、愛良の肩にちょこんと座って。ある時は普通の背丈に戻って公園でバスケット。またあるときは二十代前半の、あの男の人になって、二人きりでショッピング。
 小学生になったり、大人になったり、小さくなったり、大きくなったり、愛良にとって、それは、とても不思議なことだったのに、いつの間にか、それが自然なことになって。 親友にも話せない、二人だけの時間。学校にいるときも、なぜだか気になって気になって・・・。
 いつの間にか、このかっこよくて、やさしくて、ちょっとクールな男の人を、心の底から好きになっていました。

 ある日のことでした。いつも通り学校から帰ってくると、智はいつものように待っていました。
 でも・・・。智は愛良にこう言ったのです。
「俺、今日の夜、お前とお別れしなくちゃならないんだ」
 愛良にはよく分かりません。智は言いました。
「俺はね、天国に住む天使なんだよ。天使はさ、一生に一度だけ、人間の姿で、地上に降りてくることが出来るんだ。このキーホルダーは、天国と地上を結ぶ鍵。・・・それで、今日が、人間でいられる最後の日なんだ」
 智は続けました。
「俺は、ずっとお前のことが好きで、いつも天国からお前のこと見てた。だから、どうしても、会って話して、一緒に過ごしたかったんだ。今までありがとうな」
 愛良は、智と別れるなんて、考えたこともありませんでした。ただ、ずっと一緒にいられると信じて・・・。

 でも、ここで二人が終わってしまわないのが、ドラマなんです。

 「天使はね、天国に帰る前に、ひとつだけ、誰かの願いを叶えてあげることが出来るんだ。お前の願いを叶えてやるよ」
 愛良の顔が、ぱっと輝きました。
「本当に、なんでも?」
「ああ、一度した願い事は、たとえ神様にだって取り消せないんだ」

 一年後・・・。
 教会の鐘が鳴っています。ウェディングドレスを着ているのは、十八歳になった愛良。そして、隣にいるのは・・・。

 そのころ、天国では、神様が溜息をついている。
「まったく、毎年毎年天使の数が減って困るよ」
 そう言って、地上を見下ろし、にたっと笑う。

 愛良が、ブーケを投げた。





よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。