cherry、愛知万博に行く








2005年6月18日。
多治見からわりと近い、ということで、お馴染みにゃんこと2人で行ってきました愛知万博。
というか、あまり行く気がなかったのだが、万博の入場券をタダでゲットしたので・・・。

サツキとメイの家が見たかったが予約取れず。
サイトで企業館の予約を母親に取ってもらうが、全く取れず。
万博の予約攻略ページ見つけた!と張り切っていた母だったが・・・。

評判では日立館が面白いらしいとのことだったので、ちぇり、それだけはなんとしても見ようと乗り気。
開園は9時からだが、7時に並ぶべく、6時18分多治見発の電車に乗ることにする。
微妙に寝坊気味で、慌てて準備をして、10分くらいに駅に着き、ふぅ、っと一息ついているところで、にゃんこからメール。
『間に合わん。41分に乗る』
・・・お約束。

多治見から高蔵寺、そして乗り換えて万博八草に着き、初めてのリニモ体験。
・・・と思ったら、切符買う時点でめっちゃ並んでる!!
もう既に、万博行って並ぶどころの騒ぎではない・・・。
リニモがユリカ(※名古屋の地下鉄に乗れるカード。東京のパスネットみたいな)で乗れるとのことで、切符を買わなくて済むから並ばなくていい~!と思っていたら、にゃんこが昼間割引と一区間用ユリカしか持ってなかった。
近くの駅員さんに聞いてみたら、
「使えるかわかんないから、入り口の係りの人に聞いてみて」とのこと。
入り口に行くには2階に上がらねばならず、2階へ行って聞いてみたら、案の定「これは使えません」。
また1階に降りて並ばなきゃいかんのか~と思っていたら、普通に2階にも切符売り場が。
しかも、みんな1階で買わなきゃいけないと思ってるから誰も使ってない。
・・・あるならそう言えよ・・・。
そんなわけで、難なく切符ゲット。

リニモはまぁ、なんということもなかったので省略。

7時に着く予定だったのが、結局8時に着く。
着いてびっくり。
客多すぎっ!
みんな一体何時から並んでるんだろう。
8時じゃ到底間に合わないけど、7時でも遅すぎるくらいかも・・・。
しかし、この日は最高気温35度(だっけ?もっと暑かったっけ)の真夏日。
この中待つのはしんどすぎる・・・。

9時から開園のはずが、人が多いせいか、8時半頃から人が入り始める。
これで入れるか!?と思いきや、なかなか進んでいかず、おかしいなと思っていたら、入り口に、空港にあるような金属探知機が。
こりゃ進まんわ。
そして金属探知機といえば6年ほど前に嫌な思い出が。
あれは、にゃんこと北海道に行ったときのこと。
行きの空港で、金属探知機を通って、鳴る。
マグネットピアスをつけていたことに気づき、帰りはピアスを外す。
帰りの空港で、金属探知機を通って、鳴る。
雪すべり防止の靴のスパイクだった。
そんな思い出があり、ベルトしとるけど大丈夫かなぁ、この靴の飾り大丈夫かなぁ、などとどきどきしながら金属探知機を通る。
・・・普通に通れた。

結局入れたのは9時。
いざ、日立館へ。
と、にゃんことちぇりの耳に、なんだか嫌な声が・・・。
「ただ今、日立館は7時間待ちです」
・・・な、ななじかん!!??
そんなバカな、と、とりあえず日立館に向かってみる。
当日予約券は既に1枚も残っておらず、7時間ではなかったけれども6時間待ち。
というわけで、もちろん諦める。
つーか、6時間待ちってことは、6時間もこの炎天下の中待とうと思う人がいるってことだよね。
ビバ。

日立館を早々に諦め、とりあえず暑いのでジュースを飲んで、いろんなところを回ることにする。
まずはじめは、グローバル・コモン1(アジア)から。

インド

パビリオンよりも、2階にある土産屋が素敵。
装飾物に惹かれる。
にゃんこはやたらとブレスレット(つーか腕輪)に惹かれていた。ピンクのが可愛かった。
インドカレーが売っていたが、そういえばこの前母が、
「万博で美味しいって言われて買ってきちゃった♪」とインドカレーを食べさせてくれた。
・・・これかっ!
そしてなんといっても、インドのパンフレット「素晴らしきインド」!
素晴らしいっ。
それにしても、日本人ってなぜ、水があるとお金を投げたがるんだろう・・・。

サウジアラビア

砂漠にラクダが歩いてるでっかい看板が掲げてあったサウジアラビア。
他の館が全く並んでない中、なぜか10分待ち。
そして出口から出てくる人がみんな一様に同じ紙袋を持って出てくる。
何あの紙袋。気になるっ!
並んでみる。
人が並んでいるとなぜか一緒に並んでしまうのは人間の性。
多分並んでたほとんどの人が、ここに何があるのか知らないだろう。
にゃんこ、
「ぜったいこれ中全部砂漠の砂やって!ほんでラクダが歩いとるんやって!だってあんなにでっかい看板掲げてあって中が砂漠やなかったら詐欺やて!」
そして入る。
・・・詐欺だった。
そして、みんなが一様に持っていたあの紙袋はっ!
出口に「ご自由にお持ちください」と書いて置いてあった。
・・・パンフレット入れるための袋だった。
サウジアラビアに行けば、紙袋を全プレ中♪今すぐサウジアラビア館に急げっ。
持ってると必ず「あ~あの人サウジアラビア行ったんだ」という目印になること間違いなし。
(しかしちぇりはもらってない・・・)

次はグローバル・コモン2(北・中・南アメリカ)へ。
石のお店に売ってたスカートが可愛くて気になった。買っとけば良かった・・・。

メキシコ

通路の真ん中に水が流れていて、プールの匂いがした。
雰囲気が、アジアとは金のかけ方が違うなぁ・・・とつくづく思う。
そしてにゃんこが、いろんな石像に心を奪われる。

EXPOギャラリー

ロボットのペーパークラフトがもらえると書いてあったので、喜び勇んで入ろうとしたら、小学生以下限定だった。
ちょうどそこへ小学生が入ってきて、係りの人にペーパークラフトをもらっていたので、
「い~な~。小学生以下って言ったらもらえるかな~」
などと、わざと係りの人に聞こえるように言ってみたが、ダメだった・・・。
話しかけると答えてくれるロボット、イフボットに遭遇。
なかなか歌ってくれないとテレビでやっていた(ような気がする)ので、「うたって」と言ってみる。
『じゃあ、うたうよ』。
それから、なぜかしばらくの沈黙。
その後、「大きな古時計」を歌ってくれた。
話しかける言葉のリストの中に、「うた、へただね」というのがあったので、歌い終わったら言ってやろうと思っていたら、歌につられて人がどやどや来て、恥ずかしくて結局言えずに終わる。
残念。

アンデス

土産物屋の店員さんが、なぜか全員笛を吹いていて笑える。

アルゼンチン

タンゴアルゼンチンタンゴのショーをやると書いてあったので、これは見なくては、と入る。
アルマジロでできたギターみたいな楽器が素敵。
タンゴが始まったら写真を撮ろうと思っていたのに、「写真はダメ」と言われ、ちょっとがっかり。
でも、始まったらすごくて写真どころではなかった。
かっこいいっす!!
色気のある情熱的なタンゴだった。
そして踊り終わったあと、司会の人が「今ナラ写真撮ッテモイイデス」
写真タイムがあったらしい。
タンゴの2人がポーズを撮ってくれたので、すかさず撮る。
かっこいい。

アルゼンチン館から出たら、外で結婚式があるらしく、結婚式の受付をやっていた。

アメリカ

にゃんこの帽子10分待ちだったので、とりあえず並ぶ。
と、入り口にいたお兄さんに、にらまれて手招きされる。
にゃんことちぇり、何か悪いことしたか??と、恐る恐る近づく。
と。
にゃんこ、帽子を奪われる。
そして帽子は、出口の方にいたお兄さんに渡されて、どこかに消える。
「カレ、僕ノ先輩デス」
・・・だからなんだ~っ!!??
にゃんこ、「え?帽子は?帽子返してくれんの??」と言いながらも、そのままパビリオンの中に入る。
「なんか、普通に私の帽子被って説明とかしてそうなんだけど」とか言いながら入るが、まずはじめは映像のショーだった。
さすがアメリカは他のところと違って金がかかっていた。
テーマパークっぽい感じで面白い。
そして、映像が終わって、展示の方へ移動する。
・・・にゃんこの帽子を被ったお兄さん発見っ。
よく見ると、にゃんこの帽子に何かバッジみたいなのがついてる。
帽子を返してもらいに、いざ、お兄さんの元へ。
「すいませ~ん・・・」
「ア、帽子デスカ。ドウモスミマセン」
バッジとM&M’S「何かついてますけど、いいんですか?」
と、にゃんこが言うと、なぜか私にもバッジをくれた。
一緒にいただけなのに、ラッキー。
でもこれって、端から見たら、お兄さんの帽子をもらったみたい・・・。
もともとにゃんこの帽子ですから!
そして、アメリカのパンフレットの方に行くと、別のお兄さんからも声をかけられる。
「帽子返シテモラッタンデスカ」
っていうか、顔を覚えられてることにびっくり。
にゃんこなんて、入る前サングラスかけてたのに。
そして、そのお兄さんからは、M&M’Sをいただく。
なぜか私もいただく。
またラッキー。
でも、この暑いのに、溶けるよ・・・。

アメリカ館から外に出ると、ちょうど結婚式が始まるところだった。
人が多くて写真が撮れん~と思っていたら、ちょうど前が開いたときに新婦さんがこっちを見てにっこりしてくれて、素敵な写真が撮れた。
結婚式モリゾーとキッコロが結婚式のエスコートをしていた。
素敵すぎっ。
そして椅子に座ったモリゾーは、なんだか中身のない抜け殻のようだった・・・。
中の人暑そう・・・。
え、いやいや、中の人って何のことかしら。

昼食に、ステーキサンドイッチを食べる。
と、ここで、にゃんこの友人からメールが。
万博に来てるらしい!
すかさずにゃんこが電話して、どこにいるのか聞くと。
「バングラデシュ」
・・・まだアジアだった。

サツキとメイの家

行きたかったサツキとメイの家の、外観だけでも見ようと、サツキとメイの家に向かうことに。
途中の愛知県館が面白そうだったが、60分待ちと聞いてやめる。
渦巻きのとこサツキとメイの家に行く途中にあるかえで池。
愛知青少年公園は高校生のとき行ったきりだが、ここはなんだか変わってなくてほっとした。
そして途中、水が渦巻きみたいにぐるぐる回っているところに到着。
みんな、水の中に足を入れて涼んでる。
・・・めちゃやりたい!!
というわけで、そこの渦巻きでしばしの休憩。
既に足が疲れてたので気持ちよかったっす。
しかし余計に疲労感が増したような・・・。
サツキとメイの家にたどり着くまでに既にめちゃ疲れていた私達。
ようやくサツキとメイの家を正面から見られる展望台に着くが、階段上るのがつらい!
ってなわけで、エレベーターを使おうとする。
係りの人に止められる。
「若い人は階段使ってね~」
・・・こう見えてもおばあちゃんですからそこをなんとか・・・。
サツキとメイの家は、思ったよりもこじんまりした感じだった。
近くで見てないからなんとも言えんけど。
あ~、中に入ってみたい。

サツキとメイの家展望台を降りると、木陰があって、みんな休んでいた。
私達もそこで休むことに。
係りの人が、
「カーブを曲がると木陰がありませんから、今のうちに十分ここで休んでいってください~」
と叫んでいた。なるほど。
そして、「水分と塩分を補給して、十分に作戦を練ってから行きましょう」
ということだったので、十分にうだうだする・・・じゃなくて、作戦を練る。
30分以上いたような・・・。
アメリカのお兄さんにもらったM&M’Sの箱から、油が染み出していて危険な状態になっていた。
ちなみに、この頃にゃんこの友人達はまだアジアにいた。

十分に休憩を取ったところで、グローバル・コモン3(ヨーロッパ)へ。
ホントにカーブ曲がったら木陰なかった・・・。

イタリア

ヨーロッパに着くと、なぜか全てが混んでいて、何十分待ちというレベル。
どうしようか迷いつつ、40分待ちだったイタリアへ。
しかし、15分で入れた。
イタリアは水がいっぱい使ってあって綺麗だったが、やはり水の中にコインが。
・・・日本人め・・・。
そして、イタリアのメインらしい「踊るサテュラス像」を見る。
そのときは別になんとも思わなかったのだが、お土産屋さんを見て、にゃんことちぇり、はしゃぐ。
サテュラスグッズ素敵すぎっ!!
うっかりサテュラスグッズを大量に購入してしまうところだったよ・・・。

リビア

イタリアを出たら、リビアがあったのでなんとなく入る。
リビアの人が、リビア語(?)で何か書いてくれるっぽかったけど、素通り。

トルコ

にゃんこがトルコアイス食べたい!!!というので、トルコアイスを求めてトルコへ。
何で斜めにみんな並んでるんだろうと思ったら、日陰があるからなのね・・・。
トルコは鏡のせいでめちゃ広く見えて、うっかりそっちへ行くところだった。
しかしトルコアイスは見当たらず。
そして、絨毯が敷き詰めてあったのだが、そこで寝ている人たち多数。
いくら暑いからって・・・。
それはともかく、スクリーンとか、展示物がある前で座ってる人たちはどうなんだろう。
パビリオン見られないじゃん。
トルコの土産屋さんは、目玉のグッズが多くて怖い。
なんか見られてる・・・。

ボスニアヘルツェゴビナ

トルコアイスを探していたら、にゃんこが突然「ボスニアヘルツェゴビナ!!」と言ってそこへ入る。
なんかよくわからんが惹かれたらしい。
各国にスタンプが置いてあるのだが、ここの可愛くないカワウソスタンプがなぜか印象的・・・。

トルコアイスがなぜかアメリカの方にあるっぽいということで、アメリカの方に戻ることに。
っていうか、何でその国のところにその食べ物がないんだ・・・。
アメリカの方まで戻るが、にゃんこ、途中で諦め、マンゴーソフトでいいや、とマンゴーソフトを買って食べる。
後にわかったことだが、もう少し先へ行けばトルコアイスあったらしい・・・。
この頃には、アメリカ館も結構並んでて、10分で入れた私達は結構ラッキーだったかも。

パンフレットに、愛・地球広場で「精霊達の森林舞踏会」というイベントがやると書いてあったので、これは見ねば!と、張り切って(でも疲れてるのでうだうだと)愛・地球広場に向かう。
つーか万博、地理が複雑すぎっ。
もうちょっとまっすぐ目的地に向かわせてくれっ。疲れとるんじゃい。
そして行ってみる。
思いっきり日なたばっかりだったので、早めに日陰を取らないとね~と言いながら、案内看板を見る。
・・・あれ?17時からのイベントのはずなのに、書いてない・・・。
嫌な予感とともに、係りの人に聞いてみる。
「あの~、今日ってこれやらないんですか・・・?」
「今の期間は特別イベント中なので」
・・・遠路はるばるここまで来たのに、やらんのかいっ。
そしてまた、複雑な地理を行く羽目に。
途中、グローバル・ハウスの整理券を取るためにめちゃめちゃ並んでいる人たちを横目に見つつ、気になっていたパビリオンへ向かう。

ワンダーホイール展・覧・車

来たときからずっと気になっていたのだが、半分だけ建物の中に入っていて、あとの半分が外に出ている観覧車があった。
とりあえず、そこに向かってみる。
それが、『ワンダーホイール展・覧・車』。
着いてみると、90分待ち。
でも、にゃんこもちぇりも、「どうせここ入らんくってもどっかで座ってるだけやし」と、めちゃめちゃ疲れて動きたくなかったので、並ぶことにする。
この日初めての企業パビリオン。
関係ないが、もうひとつあった普通の観覧車の真ん中の電光掲示板で、
『~からお越しの○○様。・・・』
という業務連絡が流れていたが、いくら観覧車だからって、そんなとこの業務連絡見る人おらんだろ・・・。
「ここで90分待って乗ってる間には、日も暮れてちょっとは涼しくなってるよね~」なんて言っていたら、60分で乗れる。
しかし、2人で乗ろうとしていたら
「申し訳ありませんが、大変混雑しておりますので、相席よろしいですか?」
まじかい。
これって、カップルで来て2人で乗ろう~♪って思ってた人ショックだろ・・・。
結局、後ろにいたちょっと年配の2人(夫婦?)と一緒に乗ることになる。
奥さんの方が、
「こんな綺麗なお姉さんたちと一緒でよかったわ~。変な人だったらどうしようかと思った」
いや~、綺麗なお姉さんだなんて~♪
展覧車は、建物の中で映像を見ながら上がっていって、外に出ると普通の観覧車として降りていくという、なかなか楽しい感じで、映像もよかった。
でも、全部で8分はちょっと短いなぁ・・・。
にゃんこは、そんな高い観覧車でもないのに怖がっていた。

外に出たら案の定、まだ日が暮れてなかったので、ちょっと休憩する。
カモノハシ子ここで、にゃんこ、M&M’Sを開ける。
溶けてなかった!!
さすが、お口に溶けて、手に溶けない。
暑さにも溶けなかったらしい。
しかし、蓋を開けたはいいが閉められなくてあたふた。
休憩所から見えた、オーストラリア館の壁に書かれているキャラクターを見てにゃんこ一言。
「・・・何あの変な犬・・・」
・・・犬?
「あれって、・・・オーストラリアだからあれじゃないの?・・・カモノハシ」
「あ~そうかっ!頭と口と逆に見てた!」
しかし普通にカモノハシとして見ても変なキャラクター。
にゃんこ、『カモノハシ子』と命名。

とりあえず、オーストラリアのあるグローバル・コモン6(オセアニア・東南アジア)の方へ。
階段を降りる途中、にゃんこ、警備ロボットを発見する。
「あ、あそこにロボットいる」
警備ロボしかし、ちぇり、階段下の端っこの方にチラッと見えた茶色い物体が気になる。
「ねぇ、今、下のほうになんかおらんかった?」
「ん?どこ・・・?」
「なんか、あれって、もしかして・・・」
と、慌てて階段を下りる。
と・・・。
「カモノハシ子!!」
子供と戯れるカモノハシ子発見!!
もう、警備ロボットよりもカモノハシ子!
しかし、カモノハシ子はちょうど館内にひっこんでいってしまうところだった。
にゃんこ、慌てて階段を上り、階段の上からカモノハシ子を激写。
ちぇりは体力の限界で、激写し損ねる。無念・・・。
カモノハシ子が行ってしまったので、(仕方なく)警備ロボットの元へ。
つーか明らかに、こんなに人に囲まれとったら警備できんだろお前。

オーストラリア

カモノハシ子を見たからには、行かねばならん、ということで、オーストラリアへ。
並んでいると、出口の方のお土産屋さんがちらっと見える。
そしてそこにも気になるものが・・・。
「ちょっと、あれってカモノハシ子?」
・・・めちゃめちゃカモノハシ子の頭をかたどったらしき帽子が・・・。
にゃんこ、
「どうしよう~。カモノハシ子のシールとかあったら買っちゃうかも」
イタリアのサテュラス以来のときめき。
館内に入ると、オーストラリアのお姉さんが、
「皆サンモット詰メテクダサ~イ。缶詰ノイワシノヨウニ詰メテクダサ~イ」
・・・缶詰のイワシって、どういう例えだ。
オーストラリアは、奥の部屋の、音楽に合わせて流れる映像が結構好きだった。
そして、待望の(?)土産屋へ。
・・・カモノハシ子満載!!
つーか、本名はカモネだった。
その、カモネという名のカモノハシ子グッズを見回していると、にゃんこの言っていたシールも発見。
結局買わなかったけど。
私は、カモノハシ子マグネットを買うかどうか本気で迷った・・・。

外に出ると、警備ロボは布をかけられてしまってあった。
・・・いつ警備してるんだ・・・。

ラオス

『心から優しく3回叩くと幸せになれます』というドラ発見。
さっそく心から優しく叩いてみた。
・・・音が鳴らん・・・。
一発目で音が鳴らず、焦って強く叩いてしまったので、結局心から優しく叩いてないけど、幸せになれるのかしら。
つーか、結構力いるぞ、ドラ。

ゆのくにの森

オルゴールと工芸品のお店に入る。
金箔がいっぱい売っている中、金箔化粧水発見。
店のお兄さんがサンプルで、よかったらどうぞ、と数滴くれた。
日焼けのお肌に金箔化粧水♪
しかし、金箔はつけると溶けてなくなってしまう。
・・・なんか寂しいぞ。
入り口でオルゴールを回しているおじいさんの人形があったのだが、その人形の手にもコインが。
日本人、どこにでもコインを置くなっ。

ベトナム

ん~と・・・、特に何もない・・・。

タイ

ふと見たタイの入り口が、うっそうとしたジャングルみたいになっていて、面白そうだったので入る。
・・・入り口だけだった(っていうか、予想済み?)。
出口に食べ物屋さんがあって、そこに売っていたマンゴースティック(マンゴーがまるごと串にささってる)が非常に気になったが、素通りして出る。

タイを出て、タイの前のベンチが空いていたので腰掛けてしばしの休憩。
そろそろ夕飯ということに気づく。
ちょうどタイの食べ物屋が見える。
「タイのあの料理でもいいね」
「つーか、マンゴースティック気になる」
・・・と、言ったところで、気づく。
「これって、買うにはまた入り口から入らないかんのか?」
「やっぱり?」
・・・タイ却下。
近くにあった、インドカレー屋でカレーを食べることにする。
いや、だから、何でインドカレー屋インドのそばにないんじゃ。
そこで、気になる『ホワイトカレー』を注文。
「ホワイトカレーって、ホントにホワイトじゃないよね?」
などと言って待っていると。
ホントにホワイトだった。
ちゃんとカレーの味がする。
にゃんこ、
「え、これってカレー?これってシチューだよね?ん?カレーとシチューの違いって何?」
・・・なんかよくわからん子になってますけど。

そんなわけで、夕食を食べ終え、疲れ果てていたので、帰ることに。
土産物屋に寄ろうと思っていたら土産物屋に入るのにも行列。
ということで、何も買わずに帰る。

非常に疲れたし暑かったけど、なかなか楽しめました。
しかし、サツキとメイの家には体力を考えて行きましょう。
あでゅー。





よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ