スポンサーサイトcherry、GARNET CROWスタンディングライブに行く








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。


(2013.04.07)
名前:cherry(URL)

かるら⇒1曲思い出せないとめちゃめちゃもやもやするよな~。
わかって良かったです。
カラオケで号泣はまだ早いよ~と自分は思ってるのでノーコメントで^^。
中途半端な時に更新になっちゃったのね。
私は逆に11末更新だから返金されるっぽい^^;。

編集

初ライブー♪(2013.04.16)
名前:まぃっくま(URL)

私の人生初ライブ♪♪
ものすごくいろんなことが新鮮でGARNET CROWが大好きな人達とその空間を一緒に自分も分かち合えた事がすごく嬉しかったぁ☆

生GARNET CROWに終始興奮してた私っ笑

終わった後のみんなで曲の出し合いもおもしろかったぁ♪でも思い出せないもんだなぁーとも痛感っ。

GARNET CROWの解散は私はほんとに予測不能だった。というよりはきっと考えたくないからという思いが強かった。
ファンクラブには入ってないけれどそれでも私もデビュー当時からずっとGARNET CROWと共に日々を過ごしてきたからほんとに寂しい。

ラストライブは完全燃焼するつもりで行くしその後もGARNET CROW愛は変わりないから今後ともみんなで歌っていこうー♪♪



編集

(2013.04.16)
名前:cherry(URL)

くまちゃん⇒初ライブおめでとう☆
楽しい時間をくまちゃんにも知ってもらえてよかったです。
ラストライブは思いっきり盛り上がって楽しく見たいよね。
チケットが無事取れるといいな。

編集












 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。

2013年3月23日。
GARNET CROWのライブツアー『GARNET CROW livescope 2013 ~Terminus~』初日、大阪の堂島リバーフォーラム公演に行ってきた。

最近はぜんぜん名古屋でやってくれなくなっちゃったので、大阪まで行かないといけないのがちょっとめんどくさいっていうか、大阪のライブ運がなく名古屋のライブ運がある私としては名古屋の方がいいんだけど、まぁしょうがないか。
今回、オールスタンディングということで、これはいい番号取らないと見えないなぁ、って思っていたんだけど、チケットが届いてみたら、382番・・・。
こりゃ相当後ろの方だろう、と思っていたら、かるらたちが700番台。
そんなことあるんだ・・・。
でも、リバーフォーラム自体は一応2000人収容となっていた。
ファンクラブイベントでしか来たことないからよくわからん。

そして今回、ニューアルバム『Terminus』を引っさげてのツアーだったんだけど、アルバム発売日が3月20日でライブが23日っていう・・・。
聴けんし・・・。
ライブまでにどうにか聴き込もうと思っていたんだけど、正直、今回のアルバム、自分の中では微妙だった。
なんていうか、1曲1曲はいい感じなのに、同じような曲が何曲も続いているから、頭に入ってこなかったんだよね。
なので、あまり聴きこめないままライブ当日。

今回はみんなで集まってハンバーグランチ、とかなかったのですぐライブレポに入れる・・・はず。
新幹線で行って、ライブ見て、1泊して、次の日神戸行って、新幹線で帰る、って感じで。
神戸は、友達の陶芸作品の個展見て、王子動物園行ってパンダと桜見て帰ってきた、ということで割愛。

12時頃についてマキちゃんとランチしたんだけど、13時半からグッズ販売なのにもう人が並んでた。
早いな。
13時40分頃からグッズに並んだけど、買うまでに1時間くらいかかったような。

今回、結構気になってたグッズがいろいろあって、まず、パンフレットとミニクロのCDは買おうと思ってたんだけど、あと気になってたのが、Tシャツとショルダーバッグとバッジとペンダント。
Tシャツは、ライブのやつと、おかもっちデザインのやつと2種類あったんだけど、おかもっちの方は、ガーネットな要素がまったくなかったので、ライブTシャツの方。
結構鮮やかなピンクのTシャツだったので、着れそうかな、と思って。
ショルダーバッグは、他の買った人のを見て買うかどうか迷ったんだけど、パッと見ガーネットの要素がどこにあるかわかんなかったので却下。
でもこれ、あとからきたかるらたちが買おうと思ったときには売り切れだったらしい。
そんなに人気だったのか。
バッジは、ライブっぽい感じがすごく出てたので、買おうと思ってたんだけど、売り場に入る直前、買った人のやつを見たら、思ったよりでっかかったので却下。
ペンダントは、ラインストーンがついたゆりっくまのペンダント。
写真で見ると、丸いフォルムなのか平べったいのかもわかんなかったので、マキちゃんに、「あれって平べったいのかな~。裏にガーネットロゴとか入ってないのかな~。買う前に実物見せてもらおうかな~」とあれこれ言っていたんだけど、売り場前まで来てノリで買ってしまった。
買おうと思ってた中でいちばんガーネット色がない気がするが・・・。

P1100888.jpg

ということで、今回買ったグッズ。
パンフレット・ミニクロ・Tシャツ・ゆりっくまペンダント。
あと、来場プレゼントでリストバンドをもらった。
パチンってやるとくるくるなるやつ(わかる?)。

ホテルに荷物置いて、会場に戻ってみんなと合流して、いよいよ開場。
パッと見た感じ、1000人ちょっとくらい並んでたんかな~?
入ってみたら、前の方は結構埋まってて、たぶん15、6列目とかじゃないかな~?もっと後ろかな~?
中央のあたりに陣取ってみたけど、見えるか心配。
17時開場、18時開演で、入るまで結構時間かかった気がしたので、もうすぐ始まるかと思ったら、まだ30分以上あった・・・。
スタンディングは、この待つ時間がしんどいよね・・・。

今回のアルバムは何が来るのか正直わかんなかったんだけど、最初の曲は『Nostalgia』で、アンコール前のラストソングは『Life goes on!』だろうと予想。

18時過ぎ、お待ちかねのライブ開始。
※曲の順番を若干忘れてたんだけど、2日目ライブ参加したなっつん&yagamiさんのおかげで正しい順番になりました。どうもありがとう。

今回の由利ちゃんの衣装は、最近お気に入りなのか、ちょっとお人形っぽい感じの可愛い衣装。
髪もかなり盛ってる感じ。
そして七さんの衣装が、グリーンだったかな?
肩の開いたドレスですごいセクシーだった。

ライブ前、由利ちゃんとおかもっちが見えればいい、と言っていたんだけど、おかもっちが見事に見えない・・・。
由利ちゃんと七さんが結構よく見えた。
古井さんはまったく見えんかったけど、まぁ、気にせず・・・。
途中からは結構みんな見えるようになったので良かった。

最初の曲は、予想通り『Nostalgia』。
前回のレポの時も書いたんだけど、この曲、タイトルと曲調が結びつかなくて、自分的にはちょっとイマイチって思ってる曲。
でも、ライブで聴くとかっこいいんだよね。
歌詞のイメージを持たずに聴くといいんかな。

続いては、2曲メドレーで『風とRAINBOW』と『アオゾラ カナタ』。
ぜんぜん雰囲気の違う曲なのに、2曲目に移ったときにぜんぜん違和感がなくて面白かった。
『アオゾラ カナタ』は、今回のライブの中では一番意外だったというか、まったくノーマークだった。
ファルセットのところが由利ちゃんぜんぜん出てなかったけど、この2曲は雰囲気は違うけど気分が上がる曲でいいね。

続いて、ニューアルバムから『trade』。
この曲、CDで聴いたときは、悪くないんだけど、サビの盛り上がりがないような気がしていたんだけど、ライブで聴いたらすごくかっこよかった。
ライブ用にちょっと、静かな雰囲気の曲が激しくなっているから、それがちょうどいいのかも。

イントロ聴いて一気にテンションが上がった『かくれんぼ』。
自分の中でカラオケの定番だし、歌詞も面白くて好きな曲なんだけど、意外にもライブで聴くの初めてな気がする。たぶん。
これのアルバムのときライブ行ってないし。
『1、2、3』と『ひとりふたり』のところの振り付けを由利ちゃんと一緒にやれなかったのが心残りだ~。しまった~。

次は歌が始まるまでわかんなかったんだけど、『Mysterious Eyes』のロックバージョン。
最近このバージョン気に入ってるんかね。
ライブで聴く機会多いような。
普通のバージョンも好きだけど、このバージョンも結構好き。
途中で間違えたのか、七さんが苦笑いしてた。

ここで、由利ちゃん「桜の季節ですが、皆さんはお花見とか行かれますか?」。
(以下、由・由利ちゃん、七・七さん、岡・おかもっち、古・古井さん)
由「私は花粉症なので遠慮してるんですけども」
・・・私も花粉症なので遠慮してるんですけども。

由「AZUKIさんはお花見とか行かれるんですか」
七「桜、今朝も見てきたで」
由「今って、どれくらい?もう満開ですか?東京とかはね、咲いてるみたいですよね」
七「北海道でもなんかもうやってるんよね?」
由「北海道?」
古「北海道行ったらもう終わっちゃう」
七さん、何を見たんだ。

由「古井さんはお花見なんかは」
古「お花見は・・・行ったことない。桜見ながらお酒飲むとかないですね」
由「桜はでも、見ますよね?」
七「学校に桜なかった?」
古「学校は・・・、あったと思うけど。遠い昔のことなので」
古井さん、何年前?
古「桜よりも僕は綺麗な女性の方が見たいですね」
・・・古井さんってこういうキャラだったっけ。
由「そのサングラスの向こうは誰を見て言ってるんですか」
まったくだ。
古「いや、一応言っとかないとね。イメージが。ライブこないとわかんないでしょ。あのCDジャケットの写真の人とはしゃべりたくない、みたいな」
古井さん、自分のイメージをぶっこわしたいらしい。
でも確かに、CDジャケットの写真で見るのとライブでしゃべってるの見るのとイメージ違うね。
七「古井さん真顔でおやじギャグとか言う。怒ってはるのかと思う」
由「今日はどんなおやじギャグがあるか、乞うご期待」
ご期待してみたけどギャグ出なかったよ~。残念。

由「卒業シーズンですけども、みなさんの中で卒業された方はいらっしゃいますか」
会場から、大学、高校など卒業生の声が上がる中(一番下が中学やったかな)、一人、「会社」の声。
岡「まあ、それもある意味卒業・・・」
そんな卒業生に向けて、とっても有名なある曲のカバー。
・・・と言われて始まった曲。
イントロでは何の曲かわからず、始まってからも日本語の歌詞じゃなかったのでしばらくわかんなかったんだけど、よく聴いたら『蛍の光』だった。
おかもっちのアコギに始まり、由利ちゃんの歌がすごくかっこよくて良かった~。
ミニクロのCDにも入ってるらしい。
あ、まだ聴いてないや。

続いてこちらもアコギから始まった『over blow』。
これもやさしい感じで良かった。
ライブだと、アレンジ違いの曲が突然出てきて、なんだろうってわくわくする楽しみもあるからいいね。
でも残念なことに、おかもっちが座ってるからまったく見えない・・・。

続いてはニューアルバムから『Maizy』。
CD聴いたときも思ったけど、サビの広がりが壮大な感じで素敵。
ライブで聴くとまた世界観が広がるね。

続いて『Over Drive』。
ライブの定番曲になってきたね。
でも実はこの曲はライブで聴くよりCDで聴くほうが好きかも。
やっぱりキーが違うからかな。

由「それではここで、ブレイクタイム」
お、きたきた!
由「本日のメインイベント、おかもっちコーナー」
待ってました~。
岡「どうも、岡本です。本日のメイン・・・トイレタイムです。トイレ行きたい人は今のうちに」
おかもっちの後ろで手を挙げる古井さん。
会場から笑いが起きていたけど、おかもっちは自分じゃ見えないのでポカン。

ギターの準備をしながら、「ギター首から下げて歌うの初めてなんですよ」とおかもっち。
由「いつも下げてるじゃないですか。あ、いつも座ってるからってこと?」
岡「それもあるけど、アコギは初めて」
由「なんで今まで無かったんでしょうね」
岡「それは、恐ろしく似合わないからです」
いや、そんなこともなかったよ?
むしろ、立ってくれればおかもっちが見えるからこっちは嬉しい。

そして始まった曲は『この手をのばせば』!
これは反則でしょ~。おかもっちバージョン。
めっちゃ素敵だ~。
ガーネットカバーアルバム、切実に出してほしい・・・。

おかもっち後に始まった曲が、すっごい知ってて口ずさめるのになぜかタイトルが出てこなくて、なんだっけなんだっけ~と思いながらずっと口ずさんでいた。
サビがきてようやくわかった、『花は咲いて ただ揺れて』。
なんでこんな定番曲がわかんなかったんだ私。
このあたり、伸びのある曲なのになんかちょっと由利ちゃんの歌声が途切れ途切れで、調子悪いのかな~?と思った。

続いて『ON THE WAY』。
七さんがピアノを間違えまくっていて、いちばん見せ場で間違えたときは思わず笑ってしまった。
自分もピアノ弾くと間違えまくるから、七さんが間違えるとなんか安心するんだけど。

続いては『一緒に暮らそう』。
前回のアルバムの曲だから、歌ってもおかしくないんだけど、ちょっと意外な感じがした曲。
でもこの曲も面白い曲だから、聴けると嬉しい。

ここからは、発売されたばかりのアルバムについてのトーク。
アルバム『Terminus』のタイトルの意味を由利ちゃんが語ってくれたんだけど、まとまってなくて若干理解不能。
要約すると、
由「ターミナルからいろいろと世界が広がっていくイメージ。GARNET CROWから世界が広がってく」
ということらしい。

由「古井さん、今回のアルバムの中で、お気に入りの・・・おきにの曲なんかは」
古「今回のアルバムはこだわって、迫力もありつつ、聴き込める曲ばかりだと思います。わかってくださる方もいるんじゃないかと」
との古井さんの言葉に、会場から拍手。
古「ほんとにわかってる?」
うん、ごめん、わかってない。
由「ここを聴いてほしいとかは?『Nostalgia』とかシンセが効いてますよね」
古「ずっと弾いてるからバタバタしちゃう」
由「千手観音みたいな。さすがゴッドハンド」
由利ちゃん、ちょっと上手いこと言った。

由「七さんは、おきにの曲なんかは」
七「『海をゆく獅子』は、曲を聴いたときに『老人と海』が浮かんできて、それをイメージして歌詞を書いて。前のアルバムの『英雄』もそうなんやけど・・・『ヤマトタケル』」
七さんが前のアルバムのことを覚えているとは、珍しい。
七「曲聴いて物語が思い浮かぶことが多い。そういう風に、曲から、イメージが広がる・・・」
そこで会話が途切れ、
七「まとめたんやけど」
・・・まとまってないよ。

由「おかもっちは」
岡「今回は、難しい曲が多い。聴いてもわからんと思うけど、地味に難しい。『Nostalgia』とか『Life goes on!』なんかは弾きやすい」
ここでおかもっち、
岡「僕担当楽器ギターってなってるけど、ほんとは担当楽器マウスなんで」
ん?マウス?
自分の頭の中に、まずネズミが浮かんで、続いてマウスピースが浮かぶ。
由「カチカチやってるのね」
七「マウスってさ、カチカチ鳴らんやつないの?ほしいなと思って」
え、マウスピース、カチカチ・・・?
由「キーボードについてるグリグリやるやつとか」
キーボード?
・・・と、ここでようやくわかる。
パソコンのマウスか!
普段いちばん見慣れてるマウスなのになぜ気づかない?私。
古「目線うごかしたらページがめくれるとか、瞬きしたらなんか変わるとか」
由「そういう時代が来るんですかね」

話題は、アルバム曲『海をゆく獅子』のPV撮影の話に。
古「どんなとこでやるんだと思った」
由「どこへつれてかれたんだろうって感じでしたね」
そういえばまだ見てないや。
どんなとこでやったんだ。
由「七さんは?」
と由利ちゃんが話をふると、七さん無言。
由「覚えてないですか?」
七「・・・うん」
七さん!
七「・・・寒かったですよね?」
古「覚えてた」
ホントかよ。

ということで、続いての曲は『海をゆく獅子』。
ちょっと取っつきづらい感じの曲ではあるけれど、なかなか重みのある曲なので、ライブで聴くとかっこいいね。

そして続いて『英雄』。
なるほど、ここで歌うから七さん覚えてたのか!
この曲はやっぱり、歌詞がすごく好きだし、おかもっちのハモリとの相性がいいし、いいなぁ。
このあたりは由利ちゃんの調子も結構良かった気がする。

次はニューアルバムから、『closer』。
これもなかなか切なげな感じが好き。
アルバム曲は、アルバムとして聴くと微妙な感じがしたけど、こうやってライブでいろんな曲との合間に聴くと、ひとつひとつはやっぱりいいと思う。

由「みなさんライブ楽しんでますか~?」
いえ~い。
由「声が小さいぞ~」
いえ~い!

ここからは雰囲気一転、アップテンポなナンバーのオンパレード。
気分が一気に上がるけど、ライブの終わりを予感させる時間。

まずは『live』。
この曲すごい楽しい曲だし、ライブで聴いてても楽しくて好き。
でも、前も書いたけど、「live」って歌うところでマイク向けられてもキーが低いから声出しづらい・・・。

続いて、『ロンリーナイト』と、ニューアルバムから『P.S GIRL』。
ロンリーライトの出番やね。
持ってないので手だけど。
『ロンリーナイト』は、前回のライブの時は、たしか原曲とキーが違って微妙な気がしたんだけど、今回はキーが原曲キーだったので、聴いてても違和感なかったし、すごくかっこよくて良かった。
『P.S GIRL』は、今回のアルバムの中では異色で結構気に入ってる曲。
これもすごくかっこよかった。
でも、2曲続けて強制ワイパーは疲れる・・・。

次の曲、イントロが始まった時に何の曲だかわからなくて、由利ちゃんが「1、2、3、4!」って掛け声をかけたんだけど何を返せばいいのかわかんなかった。
でもたぶんそれは私だけだったらしく、みんな「すまいりーねーしょん!」と返していた。
そうか、『Smiley Nation』だったのか。
この曲、みんなで「すまいりーねーしょん」部分を歌うのは楽しいんだけど、そのほかのサビの部分を由利ちゃんほとんど歌わないんだよね・・・。
そこは、やっぱり、歌ってほしい。
あと、間奏のとこで多分誰かキーを間違えてて、すごい不協和音だった。
そのまま由利ちゃんが中サビにいったので、由利ちゃんのキーもちょっと変だった。

ラストは予想通り、ニューアルバムから『Life goes on!』。
この曲可愛い曲だし、楽しい曲だからライブで聴いてても楽しいね。
「らいふごーずおんっ」のとこをみんなで歌ったら楽しいかも。

ということで、ライブ終了&アンコール。
アンコールは恒例、ライブグッズのTシャツでみんな登場。
由利ちゃんと古井さんがライブTシャツで、七さんとおかもっちがおかもっちTシャツ。

由「ということで・・・、ピンク似合いますね」
といつもの古井さんへの無茶ブリ。
そして恒例のファッションショー、と思いきや。
古「何にも考えてなかった」
ということで、急遽、古井さんと七さん、2人でポーズの相談をすることに。

由「ポーズ考えといてくださいね。その間に・・・おかもっち、エンブレムかっこいいですね」
おかもっちのTシャツには、今回のグッズのバッジつき。
岡「気づいたらついてました」
由「今日一番盛り上げた人ということで、今回はおかもっちに」
おかもっち、がんばったで賞。

そんな感じで2人がトークをしている間、ふと気づくと、2人で壇上に座ってくつろぐ古井さんと七さん。
由「考えてました?」
岡「休憩時間じゃないんだから」
この2人がくつろぐ姿が、前の人が邪魔で見えんかったのが残念!

そしてまだ考えてなかった2人を完全無視で、由利ちゃん、「ドラムロール!」。
ドラムロールの間に2人でこそこそ話し合う古井さんと七さん。
結局、ドラムロールの終わりとともに2人で振り向く、というポージング(?)。
由「かっこいいですね」
七「振り向いただけやで」
由「立ち姿がかっこいい」
ドラムロールの間に、「振り向くだけ」とささやいていたらしい。

そして続いて、由利ちゃんとおかもっちがやったポージングは、
由「ちょっと古いですが、ガレッジセールのネタで」
・・・えっと、わからん。
古「だから2人でこそこそやってたんだ。AZUKIさんに今日ないよね?って言ったら、う~ん?って」
由「今朝思い出したんです」
古「で、おかもっちに聞いたら、あるでしょって。今でしょじゃなくて?」
・・・えっと、これはおやじギャグ?

そしてこのTシャツ、
由「どちらかでいいんで、気に入ってくださった方を、ぜひ、物販で」
謙虚なのか、なんなのか・・・。
でも買ったよ!
由「おかもっち、そのエンブレムはどこで?」
岡「・・・物販で」
由「こちらも、今日俺一番盛り上げたぜ、私盛り上げたわっていう人はぜひ」
岡「自分で買うの?」
由「記念にね、買って帰ってください」
くれないのか~。

アンコールは3曲。
最初は『恋することしか出来ないみたいに』。
これってライブで歌うの久しぶりか?
「サイクリング いえ~い」のところを、「いえ~い」ってやったのに、周りがあんまりやらなかった・・・。

続いて『雨上がりのBlue』。
まだ夏には早いので、この曲もちょっと意外だったかも。
最後のメロディーが重なるところ、お客さんと交互に歌ったら楽しそうな気がする。

ラストは『Fall in Life~Hallelujar~』。
今回『スパイラル』がラストじゃなかったので、アンコールが結構あっさり終わってしまった気はするけど、この曲も盛り上がれてラストにふさわしい曲やね。
エンドレスハレルヤとかないのかな・・・。

ということで、ライブ終了。
前回、ファンクラブイベントでは、ずっと座って聴いてたし、ランキング形式だったから、あんまりライブ~って感じはしなかったので、久しぶりのライブな気がして楽しかった。
でも、スタンディングはやっぱり、前の方が取れないと見えないからきついなぁ。
由利ちゃんがあんまり調子よさそうじゃなかったのがちょっと気になった。
声の伸びがない感じがしたし、ファルセットの曲もほとんどなかったし。
マイクの調子も悪かったっぽかったけど。何回も裏のスタッフに合図してたので。
あと、なんかちょっと元気なさそうに見えた。
でもまぁ、意外な曲もいくつかあったし、アルバム曲は聴きこめてなかったけどライブで聴けて良かったし、良かったと思う。

---

追記。

このライブ時点では何も発表はなかったんだけど、翌週の東京でのツアー最終日、GARNET CROW解散が発表された。
GIZAのアーティストは、突然解散したり、いつの間にかいなくなってたりっていうことが多くて、ガーネットも、これまでも何回か、もうやばいんじゃないかって思うことがあったし、ライブ前にも、今年やばいんじゃないかって話をしていたので、解散と聞いてびっくりしたというよりは、とうとう来たか、って感じだったんだけど、自分の中でどこか、ガーネットは大丈夫という想いもあったので、来てしまったのか、という感じもする。
デビューから13年間、こんなに長い間自分の生活と共にあったアーティストはほかにいなかったので、今は、悲しいとかさみしいとかやめないで~とかの想いよりも、ガーネットがなくなったらどうなるんだろう、っていう漠然とした不安がある。
でも、まだ6月のラストライブがあるし、10月にファンクラブ最後の会報も来るし、今はまだ、このことについて、語ったり、振り返ったりしたくはないので、まぁ、いつか語るときは来るかもしれないけど、これ以上この話題には触れないようにしようと思う。





よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。


(2013.04.07)
名前:cherry(URL)

かるら⇒1曲思い出せないとめちゃめちゃもやもやするよな~。
わかって良かったです。
カラオケで号泣はまだ早いよ~と自分は思ってるのでノーコメントで^^。
中途半端な時に更新になっちゃったのね。
私は逆に11末更新だから返金されるっぽい^^;。

編集

初ライブー♪(2013.04.16)
名前:まぃっくま(URL)

私の人生初ライブ♪♪
ものすごくいろんなことが新鮮でGARNET CROWが大好きな人達とその空間を一緒に自分も分かち合えた事がすごく嬉しかったぁ☆

生GARNET CROWに終始興奮してた私っ笑

終わった後のみんなで曲の出し合いもおもしろかったぁ♪でも思い出せないもんだなぁーとも痛感っ。

GARNET CROWの解散は私はほんとに予測不能だった。というよりはきっと考えたくないからという思いが強かった。
ファンクラブには入ってないけれどそれでも私もデビュー当時からずっとGARNET CROWと共に日々を過ごしてきたからほんとに寂しい。

ラストライブは完全燃焼するつもりで行くしその後もGARNET CROW愛は変わりないから今後ともみんなで歌っていこうー♪♪



編集

(2013.04.16)
名前:cherry(URL)

くまちゃん⇒初ライブおめでとう☆
楽しい時間をくまちゃんにも知ってもらえてよかったです。
ラストライブは思いっきり盛り上がって楽しく見たいよね。
チケットが無事取れるといいな。

編集












 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。