ダニエル、サザエさんも加わって・・・2002年も星屑望年会








「cherry、星屑望年会に行く」「Y2K-PARTY星屑望年会デビュー」と一緒に読むと3倍楽しい・・・かもしれない!!


予定


今年もN氏より指令が届く

指令1(10月11日)

早いものですね。昨年、君に「歌って」と頼んでから、まもなく一年経とうとしています。「岐阜のふたり」の鮮烈なデビューはつい昨日のことのようです。また頼んだら歌ってくれるかな。

ちぇりの中では今年は歌わない・・・はずだった。はずだったということは、歌ったということをもうばらしてしまったが、それはさておき。
今年も一度掲載されただけで名前も売れてないし、歌うならもっと大物になってからにしよう、と去年固く心に誓った。はずだった。
それともうひとつ、ちぇりには今年は歌えない理由があった。
大学の授業の単位をほとんど取って、後期は暇になったので、資格をとるために勉強することにした。それが悪かった。というか、それは悪くないんだ。悪いのは実験だ。
授業をほとんど取っていないにも関わらず、必須の実験のレポートがやたらと多い!資格の勉強をする暇もない。バイトしようと思っていたのに、そんな暇もない。ついでに言うと、今このレポートも、実験のレポートをやらなきゃいけないにも関わらず書いていたりする・・・。
この実験というのがやっかいで、一度でも休んだら単位取れないってやつで、待ちに待った名古屋でのGARNET CROW初ライブも、実験日だったせいで行けなかったりした。
とにかく、歌とか作ってる暇がない。
そんなとき。
指令2(11月3日)

今年の「詩とメルヘン賞」は「ひなたうた」に決まりました。まずは、歌う歌わないの返事ください。

ショウゲキのジジツ!!ひなたうたって・・・ひなたうたって・・・。

「ひなたうた」とは・・・。
「ひ」→ひびきゆう(Qちゃん)、「な」→夏野優(ゆーさん)、「た」→たけだあきこ(アキ)により作られた詩集の名称。3人とも「詩とメルヘン」を通じて知り合った大事なオトモダチであります。


これはもううちらが歌わなくてどうするんだ!ってことで、1日考えた挙句OKしてしまったのがそもそもの間違いだった。
上記の忙しさに加えて今年は去年より増えて3曲になってるし、「3曲を短く終わらせろ」とかN氏よりムチャクチャな指令もくるし、胃腸風邪ひいて1週間まったく物が食べられず、歌とか作ってるどころじゃなくなったりするし(その週が資格試験日だったり)、にゃんも忙しくて歌の練習できたの12月に入ってからだし・・・。
そんなこんなで3曲を5分15秒に作り上げたちぇりって素晴らしい!!

イナゴとかレポートとか

そんな感じでやっとのことで暇になるかと思われた12月だったが、ちぇりにまだ災難が降りかかろうとは。
12月3日。にゃんと歌の練習をしてから、夜、なみきたけあきさんのために、某道の駅にイナゴを買いに行く。
去年へぼ寿司を普通に食べてちぇりとにゃんに「リアクションが薄い」と言われたなみきおじさんは、密かにリアクションの練習をしていたらしく、しかも実はへぼもあまり好きではなかったらしく、心優しいちぇりとにゃんは、そんななみきおじさんに今年はイナゴを買ってあげてリアクションの練習の成果を試させてあげようという結論に至った。
ちなみにイナゴも美味いんだ。
その日は新車キューブにちぇり初乗りの日で、しかも夜だったので、初心者ちぇりはすごく恐がって運転していたらいつの間にか道の駅を通り過ぎていたりし、どこかでUターンしようとしたら駐車場の看板が見えなくて、慌てて駐車場に入ったので急ブレーキをかけてしまったりし、後ろの車に乗っていたのが嫌な感じのおじさんで、「オタクさっきから何やっとんの!」と怒られたりもし、しかもその駐車場にちょうどお巡りさんが止まっていたりもし、なんだか恐ろしい目にあった(しかしお巡りさんはいい人だった)。
その上に道の駅が休館日だったなんて、恐ろしく素敵な日ではないか。
そしてそれだけでは終わらない。やっぱりネックになったのは実験だった。
12月2日の実験で、レポート提出日が12月9日と知ったちぇりは、本気で東京行けないじゃん!と焦る(予定表を見ていただければわかると思う)。
しかし実験の指導書を見て、ちぇりニヤリ。プログラミングのまったく基礎の部分だった。これなら終われる!プログラミングソフトを持っていないのでレポートはほとんど学校でやるしかない。ってことで、12月2日の時点で14時から18時までかけて超スピードで終わらせた。
そんな感じで余裕のちぇりだったが、なぜか5日の昼前に再実験が入っていた。この準備に忙しいときになんで再実験なんか入れちゃったんだろうと気づいたのは5日当日だったりする。
とりあえず再実験しに学校へ行く。デジタルオシロスコープという代物を使ってやる実験で、フロッピーが必要だった。途中でフロッピーの容量が足りなくなったので、ちぇり、例のプログラミングのレポートが入ったフロッピーを使った。
家に帰って、とりあえず東京に行く前にプログラミングのレポートを印刷しておこうと、フロッピーを出してレポートのファイルを開いた・・・もとい、開こうとした。
開けない!!
ファイルの拡張子がなくなってる!!
ファイル名が変えれん!!
しかも容量0バイトになってる!!
母に「どうしようどうしようー!!」と言いながら試行錯誤してみるが、まったくどうにもならず、ちぇり、半泣きでレポートを書き直す。この時点でもう東京行きは刻一刻と迫っていた・・・。
とりあえずなんとか家でやれる分だけやって、プログラムは学校でやるしかないので、東京から帰ったら即学校へ行くことにして、レポートを終えた。
これがもし一日じゃ終わらんようなレポートだったら、ちぇり、東京行ってません・・・。
レポート終わった後しばらく呆然としてて、バスの中で聴こうと思ってCDをMDに録音してる最中に本体の電源切っちゃったりするほどの放心状態だった。
ちなみにこのレポート、本当は4日の時点で印刷しようと思ったのだが、表紙がまだ出来てなくて、明日でいいや~と思って印刷するのをやめたのだった。あの時印刷していれば・・・。
今日やれることを明日に延ばしたりするとちぇりみたいなことになります!!

Qちゃんにちょっと嘘をつく

ひなたうたの3人に内緒で、CDを作っていた。
もちろん、3人の曲を収録したCDである。
できたのは3日で、望年会3日前だったりした(ちなみにこの日がイナゴの日だったりした)。
CDを作っていて、CDジャケットにQちゃんのイラストを使いたくなった。
そんなわけで、Qちゃんにメールしてみた。
『Qちゃんのイラストを、印刷して何人かに配りたいんだけど、使ってもいい?』
すると、快くOKがきた。までは良かった。
『何に使うか大体でいいから教えてくれない?』
当然来るだろう質問であったが、焦った。本当のことを言うわけにはいかない。
『ちょっと小冊子を作ってて、その挿絵に使いたいんだけど』
ということで誤魔化した。
実際QちゃんにCDをあげたところ、「これだったの~?」と驚かれたので、作戦成功。
このCDはもちろんやなせ先生にも手渡しし、3年目にしてやっとやなせ先生と一緒に写真を撮ってもらった。

サンリオピューロランドのこと

東京に行ったらどこへ行くかということで、まず絶対不可欠だったのが、「三鷹の森ジブリ美術館」か「サンリオピューロランド」に行くということだった。
試行錯誤の結果(その間3秒)、三鷹の森ジブリ美術館に決定。
ローソンのロッピーで予約しなくてはいけないのだが、多治見にローソンが無いため、にゃんに頼む。
予約開始日の昼にローソンに行ったにゃんだったが。
『もう予約いっぱい』
恐るべしジブリ美術館!!
というわけでジブリ美術館は来年行くことにして(来年も東京に行くつもりらしい)、サンリオピューロランドに決定。
楽天のオークションにて、株主優待券(パスポートと交換できる)が1枚1000円くらいで売っているのを発見するが、この日も実験で、母に入札を頼んでいたら、あたふたしてる間に他の人に入札される。実験め。
BIDDERSとWANTEDのオークションにて、1枚2000円弱で株主優待券購入(通常パスポートは4200円。たしか)。
このうちのひとつが、出品者さんのメールの調子が悪かったらしく、メールしても返事が届かず、メールが来たと思ったら全部文字化けしていたりして、かなり焦った。でもちゃんと届いた。
ちなみにyahooのオークションで2枚2000円くらいで売っているのもあったが、ちぇりはアンチyahooなので買わなかった。

もんじゃオフのこと

ちょうどうちらが東京に行く頃、アートスペースにて「イバラードな世界展」が開かれていた。
ので、ちぇりとにゃんこ、「東京で強制的にもんじゃオフを開いてもらおう」と計画。
もんじゃオフは、イバラード住民の間で東京で何回か行われているもので、文字通り、もんじゃ焼きを食べるオフ会である。
そんな折、すごいグッドタイミングで、8日にもんじゃオフを行う告知が・・・。
ちぇりとにゃん、即参加決定。

長谷川町子美術館のこと

他にどこに行くか決まってなかったので、るるぶとかで東京のスポットを探す。
東京って案外何も無い・・・。
学校の友達と2人で見ていたら、長谷川町子美術館を発見!ご存知かと思うが一応。サザエさんの作者である。
ちぇりと友達、すごい行く気。
にゃんに早速メールすると、
『微妙』
ちぇりと友達、衝撃を受ける。
まあとにかく、行くことに決定。
乗り気の友達にはお土産サザエさん決定。

そろそろ本題に入ろうということで、12月5日

レポートもなんとか終わったが、不幸続きのちぇりは、月9ドラマ「ホーム&アウェイ」を思い出していた。
指輪をトイレに忘れてきて取りに戻ったことをきっかけに、飛行機に乗り遅れたり夜逃げに巻き込まれたり、コンテナに載せられたり漂流したり・・・と家に帰れなくなってしまうドラマ。
とりあえず、指輪はしていかないことにした。
指輪といえば、去年のにゃんの指輪、あれは結局どこへ行ったんだろう・・・。
多治見駅でにゃんと落ち合って、「東京に無事に着けんかもしれん」ととりあえず謝っておいた。このときにゃんは東京に行くということですごく張り切っていたようだが、ちぇりはめちゃいっぱいいっぱいだった。
謝って早々、「旅のしおり」を忘れたことに気づく。
「旅のしおり」は、いろんな所へ行く為の乗換駅とか、ホテルまでの道のりを書いた、ちぇりの旅に不可欠なものなのである(ちぇり自作)。
母にサンリオピューロランドと長谷川町子美術館の行き方だけメールしてもらったが、肝心のホテルの地図がわからずに、ちょっと困ったちぇりとにゃん(あとでツアーのクーポン券と一緒にホテルの地図もらったけど)。
そうそう、忘れるところだった。今年は2泊3日で赤坂陽光ホテルに泊まる事にした。
夜行バスで行って、次の日とその次の日泊まって、また夜行で帰るというパック(予定表見てください)。
N氏に一応泊まる所を報告した。
『赤坂見附からも近いので歩いていきます』
と入れたら、11月9日の時点で
『2人の足だと25分程度は見ておいたほうが良いでしょう。』
とメールが来た。その後、12月3日のメールにて、
『君らの足では30分程度かかると思っていたほうが良いでしょう。』
・・・増えてるし。
ちなみに「旅のしおり」によると、赤坂から徒歩3分、赤坂見附から徒歩13分と書いてあった。
おまけの指令3(12月3日)

今年も2人を見られると思うと大変嬉しい(心臓がドキドキしてしまいます)。


いつの間にか望年会当日、12月6日

夜行バスには無事に乗ることができたが、ちぇりは望年会のために髪をセットして出かけたので、座席に凭れられず困ったりした。今年のY2Kブランドについては後にイラストを載せてあるのでそちらをご覧ください。
ちなみにバスの中でにゃんは座席にうつぶせに寝ていた。
予定通り、5時ごろ東京に着いた。
トイレで顔洗って、開いてる店に入って朝食を食べた。までは良かったが、それから予定が無くて困る。
行く予定の長谷川町子美術館は10時開館だし、っていうかほとんどの店って10時開店だからどこもお店やって無いじゃん。
てなわけで7時半まではその店でくつろいでみた。
それから、荷物を置きに赤坂へ向かう。もちろん今回も東京駅1周した・・・。
にゃんはこの日、営団地下鉄の一日乗車券を購入。ちぇりは迷った末普通にパスネットを買ったが、一日終わって計算してみたらにゃんの方が90円得していることが発覚。ちなみに3日目、ちぇりも一日乗車券を買ってみたら、180円くらい損していたことが発覚。ちぇり、切符の選択誤りまくり。
通勤ラッシュだと嫌だからということで早めに電車に乗ったつもりだったが、電車は混んでいた。それともこれが東京の普通なのか?
赤坂にTBSがあるので、「行ったら何かやってるかもよ」とか言っていたら、本当になんかやっていた。
あれはなんだったんだろう。天気予報のリハーサル?
にゃんと2人で物陰からちらちらと見守る。思いっきり田舎人。つーか向こうに見てるのバレてるし・・・。
にゃんこは一昨年の望年会の帰りに見た「さんまのからくりTV」のロケで写真を撮らなかったことを後悔していた。
どうやらアナウンサーが今をときめく安住さんだったらしい。
TBSショップも気になるところだがなんせ店が開いてない、ということで、スターバックスで時間をつぶすことにする。
サンリオピューロランドが多摩センター駅にあって、行き方をメールしてくれた母が「タマちゃんに会える?」なんて入れてくるもんだから、にゃん、「タマちゃん見たい!!」と大はしゃぎ。まあ、それもいいかもしれない。流行語大賞取ったことだし。にゃん、さっそく姉にメール。
『タマちゃんってどこに行けば会えるの?』
『会いたいのか!』と突っ込まれて終わる。
にゃん、めげずにいろんな人にメール。
しかしタマちゃんは横浜のなんとかいうところにいるらしく、地図を見てみたが遠かったので却下。
なんとか時間をつぶして、長谷川町子美術館へ向かう。
桜新町で降りて、いざ美術館へ。途中のサザエさん通りは、予想はしていたがやはり名前だけだった。
そしていざ着いてみて、ちょっと嫌な予感。
そして掲示板をよく読む。
『催し物の展示物搬入の為、12月6日まで休館日とさせていただきます』
・・・12月6日?
「今日じゃん」
ちぇりの不運はやはりまだ続いていたらしい。にゃんまで巻添えにして・・・。
しかし何かもうそんな予感が東京に行く前からひしひしとしていたので、あまり驚かない。
とりあえずレポートネタが増えた。
髪のいろんな所がはねていたのでピンと、イヤリングを忘れたのでイヤリングを買いに渋谷に行く。
にゃん、「ハチ公前で誰かを待ってみよう」と言い出す。
誰をだ・・・。
とりあえず109でピンとイヤリング購入。
その後、去年も行った新風舎へ。
なんで新風舎に行くのかというと、書くのが面倒くさいので「Y2K-PARTY星屑望年会デビュー」を読んでいただければわかると思うが、新風舎の策略にはまったからであって、去年にゃんの指輪事件のせいで本を買う時間が無くて2000円分の利用券が余っていたからでもある(有効期限来年の3月末までだったし)。
去年一緒に新風舎に行ったharaさん曰く、「怪しげな本屋」で、8日にharaさんに会うと開口一番「今年もあの怪しげな本屋に行ったの?」と言われた。
そんな怪しげな本屋で、なんとなく読んでみたいなぁと思っていた本を購入。
2000円以下で買えたが、利用券とっておいてもしょうがないし(おつり出ないし)、他に欲しい本がなかったので、利用券2000円分置いてきた。
赤坂に戻ってTBSショップを見に行く。
陰陽師バンソウコウに非常に惹かれる。
えなりかずきストラップにも非常に惹かれる。
しかし何も買わずに帰る。
昼食を取ったあと、なんだか意味もなく歩き回りすぎて疲れたちぇりとにゃんは(ちぇりに至ってはブーツを履いていたので足がめちゃ痛かった)、早いが赤坂陽光ホテルに向かうことに。
旅のしおりによると3分で着くはずのホテルに、10分くらいかかった気がする。
着くとまだ13時半くらいで、チェックインは15時だったので、ホテルのロビーで勝手にくつろぐ。にゃん、ひたすら眠る。ちぇりは新風舎で買った本を読む。こんなところで役に立ってよかった。
しかしホテルのロビーでずっと待ってなくてもどうやら普通にチェックインできたらしく、14時半ごろチェックインしてみたら普通にできた。
今年のホテルは去年のように驚く所ではなく、つーかむしろスタジオツインで狭く、なんだかすごくうちら向き。
ホテルでパーティ用のY2Kブランドに着替え、やっと望年会で歌うという実感が湧いてきたにゃんとちぇりは、今年の望年会の目標を立てる。

『今年こそはケーキを食べよう』

・・・歌うこと関係ないじゃん。
ちなみにY2Kブランド。名前を書き忘れたので、向かって左がちぇり。
Y2Kブランド

ちぇりの三つ編みは途中まで地毛と一緒に編みこんであるんだけど、行く前に地毛がぴこぴこ出てきてしまった。
仕方ないので自分で直した(元は母にやってもらっていた)。
三つ編みほどくの恐かった・・・。
16時前くらいに、赤坂プリンスホテルに出発。パーティは18時からなのだが、17時半頃にひなたうたの3人がリハーサルに来てしまうため、その前に歌のリハーサルをするということで、早めに出発。
ホテルに出る前に、いつ帰ってこればいいかをフロントに訊くことに。
去年のにゃんのような失敗は繰り返してはいけないので、ちぇり、「フロントは24時間空いていますか」と訊く。正しい訊き方。
当初は足が痛いので赤坂から赤坂見附まで電車で行く予定だったが、ホテルから赤坂まで歩いたらちゃんと3分で着けたので、なんか行けそうってことで、歩いていくことに。
N氏に30分かかると言われたちぇりとにゃん。何としても15分で着いてN氏を見返して(?)やろうと、とにかく歩く。
普通に15分で赤坂プリンスの前まで来れた。見たかN氏!
・・・と思っていたら、入り口を間違えて時間を大幅にロスした。
とにかく赤坂プリンスに行って、N氏との遭遇。
例の抽選会の抽選番号をもらう。
にゃん1番、ちぇり2番。
・・・当たらなさそー・・・。
会場に入って驚く。
広さが去年の会場の3倍(当社比)ある!!
「えーマジでーどうしようー・・・」と言っていたらN氏に「今更何言ってるの」と言われる。だって会場が広いなんて聞いてない!!
そんなこんなで、リハーサル。
ちぇりは案の定声が出なくて困る。にゃんもいっぱいいっぱいで困る。
さらに、マイクを使ったらにゃんの声が遅れて聴こえてちぇり困る。
やっとなんとか頑張り始めた。ところ、なんといつの間にやらQちゃんが来てる!
ちぇりとにゃん、Qちゃんとの初遭遇。
なんてゆーかすっごくイメージ通りの人で安心した。どういう訳か、「彼女はもしやすっごいけだるそうな大人の女なのでは!?」という変な妄想がなされていたので、それを打破してくれてありがとう(?)Qちゃん。
Qちゃんが来てしまったので、練習打ち切り。っていうか、ここで打ち切っちゃっていいのかうちら、みたいな感じで打ち切り。
詩メルの最新号が置いてあったので、3人で見る。とりあえず目次を見て、知ってる人をチェック。そのあと最終候補の名前を見て(ちぇりが載ってた)、星屑拾い見て、方言詩見て、「名前なし、よし終わり」。1ヶ月の運命はこうして幕を閉じる。
そのあとイラコン受賞者の人が来はじめてQちゃんがそっちへ行ってしまったが、ちぇりとにゃんは無名のため、輪に入れずおろおろ。
「むしろ手伝った方がいいんじゃない?」と言いながら、会場の真ん中でN氏を見物していた。邪魔?
その後、ゆーさんやアキも到着。授賞式のリハーサルが始まり、人もだんだん来始める。
にゃんのスカートは、セーターの毛が付きまくってすごいことになっていた。Qちゃんがブラシで取ってくれたが、後ろとか救いようがなくなっていた。去年実はちぇりがそういうことになっていた。
アキには事前に歌う歌を教えてあったが(というか、歌作る前にこれがいいなーとか言ってたのがそのまま採用されたんだけど)、ゆーさんとQちゃんには教えてなくて、Qちゃんは「絶対秘密にしておいてね!」と、すごく楽しみにしてる様子だった。前に作った「林檎」のアレンジバージョンだったので、ちょっと申し訳ないなぁと思った。
そんな中、岡崎裕美さんと大和田りつこさんを発見。ちぇりとにゃん、思わず後ずさる。岡崎さんと大和田さんといえば、やなせ先生のコンサートや舞台でも度々歌っていらっしゃるいわゆるプロの方々で、ちぇりとにゃんもやなせ先生が多治見にみえたときにお2人の歌を生で聴いたが、当たり前のことながらうちらの音楽ごっことは全然違う。
その方々がここにいるということは、歌うのか?プロが歌うのにうちらが歌っていいのか?と思っていると、「あなたたちが歌ってからあの人たちが歌います」と言われる。なんですと?
「マジでーどうしよう」と言っていると、N氏にまた「今更何言ってるの」と言われる。だから聞いてないっつーの。
とにかく、うちらは前座だからちょっとコケても後からフォローしてくださるだろうと言い聞かせて、心を落ち着かせる・・・落ち着いたつもり。
ちなみに今回は、会食中に歌うらしい。ということは、緊張してる時間が増えるということじゃないの・・・。
ちぇり、文通友達の西沢直子さんを探す。
2年前くらいに1枚写真をもらったきりだったので、その記憶を頼りに探すが、結局見つからず。
名古屋のメンツやなみきおじさんと遭遇。
おじさん、来年はイナゴ楽しみにしててください。
みーさん(おびきみつこさん)とも遭遇。
「ちぇりさん大人っぽくなっててわかんなかったー」と言われる。脱高校生!
今回の髪型、実は結ったときに「なんかお嬢さんいくつですかーって感じやよねー」と言ったら弟に「どんな髪型でもそう言われるて」と言われてショックを受けていたのだが、意外に皆に大人っぽいと言われた。ゆーさんには「可愛くなった」って言われたけれども・・・。
平岡あみちゃんは、髪を切って若くなった(詩メル12月号参照)。
わすれなぐささんとあみちゃんに、「半熟たまご」の原画(cherryのスケッチブック参照)を台紙に貼って渡した。しかしわすれなぐささんの持っていた鞄が台紙が入る大きさじゃなかったので、ずっと片手に抱えてらして、ちょっと申し訳なかった。
紺野いさなちゃんにも遭遇。もっと活発そうな子を想像していたら意外に落ち着き払った人だった。
そんなこんなで望年会開始。
牧野鈴子さんは最後までやなせ先生に名前を間違えられていた。
イラコングランプリの林佳奈子さんはやなせ先生に「グランプリの人は生き残らない」と言われて困っていた。
Qちゃんはひびきゆうとして詩とメルヘン賞をもらえるまで詩メルに居座るらしい。
そんな授賞式。
ずいぶん端折ったが、授賞式を終えてお食事である。
ちぇりとにゃん、去年と同じくちぇりが準備している間ににゃんがお祝いの言葉を述べるということだけ決めて、あとは緊張をほぐす為ひたすら食べる。
そういえば去年は歌った後お食事だったのでいろんな方が声をかけてくださったが、今年は歌う前にお食事だったので知名度低し。そんな感じでひたすら食べる。
その間もちぇり、西沢さんを探すが、やっぱりわからず。
あみちゃんに、「髪切って若くなった?」と訊いたら首を傾げられる。
Qちゃんはここぞとばかりに料理を食べまくる。一人暮らしって大変なのね。
そして食べてる間に、Y2K歌お披露目の場がやってきてしまった。ちぇりとにゃん、歯に食べかすが残ってないかとかチェックする間もなく壇上へ。
目の前に、カメラをお願いした大下美奈さんとかアキとかが陣取っていて笑えた。たぶん、自分の中では全然緊張してないつもり。だった。というか、してなかった。
ちぇりが準備している間に、にゃんは何やら喋っていた。あんまり聞いてなかったけど、次に例のプロ集団が歌うこともあって、にゃん、「日が短かったのであまり完成されてないんですが」と先に言い訳をしていた。
そんな感じで1曲目、Qちゃんの「林檎」のアレンジバージョンである。
これは、Y2Kホームページで聴いたことのある方はわかるかもしれないけど、ちぇりがメインボーカルなのである。
ちぇり、去年同様、裏声で歌うはずのところをいつの間にか地声で歌っていた。
しかも、最初のイントロから間違えて、普通にやり直しとかしちゃっていた
(緊張してない為練習とあんまり区別できてなかったらしい)。
とにかく、気づいたら間違いまくって終わっていた。Qちゃんごめん。
続いてゆーさんの「いのり」とアキの「幸せとは」を歌うが、これでもどこかしら間違えてた気がする。
というか、ちぇりはピアノで皆に背を向けて歌っているので、ざわざわしてる声しか聴こえず、皆様がどんな感じで聴いて下さっているのかが全くわからずかなり焦った。
とにかく、終わってみたら、「私って今歌ってたの?」状態になっていて、司会の方にも「来年はもっと腕を磨いて」とか言われてしまった。
うちらの後は、岡崎さん大和田さんがプロの歌声を聴かせてくださるので(実は全然聴いてなくてごめんなさい)、とりあえずうちらは前座だからこんなもんだと言い聞かせつつ、「もう絶対今年で終わりやね」とにゃんと2人語り合いつつ、ひなたうたの3人に謝りつつ、CD渡しつつ、Y2Kの歌は幕を閉じた。
それにしても、自分的に本当に不出来だったので、会う人に「良かったよ」と言われるのはちょっとばかり悲しい気もした。次はもっと腕を磨いて10年後くらいに!
歌が終わったので、西沢さんにメールしてみた。
そしてやっとのことで西沢さんに遭遇!
なんか写真のイメージと全然違っていて驚いた。つーかうちら同じ年なんだよなぁと考えると、やはりまだ見た目高校生が・・・。
向こうもちぇりを探してたみたいだけど見つからなかったらしく、歌うのを見てわかったらしい。
西沢さんは終始ビールを持っていて、あとから一緒に撮った写真見たら全部ビール持って写ってて笑えた。
その西沢さんと2人で、高橋賢成さんと話しに行く。西沢さんは、高橋さんのイラストがいちばん好きと言っていたら早々高橋さんにメルヘンの挿絵を描いてもらったりしている幸運な人で、3年間ずっと会うたびに「高橋さんにイラスト描いてもらいたい!」と言っているちぇりには羨ましい限りである。
おニューの名刺を作ったので、高橋さんに渡そうと思ったら、鞄の中にいろんなものが入りすぎて名刺入れが見つからず(ヘアワックスとかも入ってたし・・・)、ちぇり、鞄の中身をいろいろ出して探していたら、横のポケットに入っていた。
高橋さんの傍にいた蓮田千尋さんともお話する。
蓮田さんは今年の5月号でちぇりの詩「カーネーション」にイラストを描いてくださった人で、その上そのイラストが来年のカレンダーになってそれに直筆サインと同じイラストのポストカード2枚付きということで、ちぇりはもちろん買ったんだけど、まだ届いてないという・・・そんな人。
とにかく蓮田さんに、その喜びを伝えまくる。名刺まで頂いてしまった。
ちなみに今うちには、母がリビング用に買った内田新哉さんのカレンダーと、私の部屋にある藤田夏代子さんのカレンダーと、同じく部屋に飾る予定の蓮田さんのカレンダー(早くこないかなー)と、詩メル関係のカレンダーが3つある。
ちぇりと西沢さんが話しに行っている間、にゃんはずっとなみきおじさんと話していたらしい。途中でN氏が来て、おじさんは「ホームページばっかりやってないで絵描きなさい」と怒られたらしい。
ちぇりについては、ホームページや掲示板が更新されてないことをなにやら言っていたそうだが、その元凶はN氏の指令であることをお忘れなく。
そうだ、忘れていた。歌った後すぐ、3年目にして念願のケーキを食べた!
一段落して、やなせ先生にもCDを渡しに行く。
カメラマンになみきおじさんを連れ、やなせ先生に恐る恐る「今日はありがとうございました」とCDを渡す。そしてそのついでに、やなせ先生との写真が実現!お宝じゃ。
両手に花(!)のやなせ先生を見ていた酒井景二郎さんが、「いーなー両手に花で」と呟いていたのを聞き逃さなかったちぇりとにゃんは、酒井さんにも「両手に花どうですかー」と言って写真を撮る。そういえば去年は名札をつけていた酒井さん、今年はつけてなかったので認識に時間がかかってごめんなさい・・・。
恒例の抽選会である。
1番と2番をもらって「今年は当たらんだろうなー」と呟いていたちぇりとにゃんだが、くじを引きに行った名古屋組のはせがわゆうじさんと内田新哉さんには「のほさーん・・・うっちー・・・」と念を送ってみた。当たらんかったけど。
途中、西沢さんが何番の札を持っているかを見ようと思って、ちぇりが西沢さんのくじを掴んだ途端、その番号が当たってめちゃびっくりした。
なみきおじさんはキティのバスローブが当たり、皆で無理矢理着せて、にゃんに至ってはバスローブおじさんと写真まで撮っていた。
おじさんにしきりに「ちぇりこ寒くない?」と言われ、着てみたが、「普通に似合う」と言われたのが嬉しいような悲しいような。
中村豪志さんは初めてくじに当たったらしく、めちゃ飛び上がって喜んでいた。
結局ちぇりもにゃんも当たらず、ちぇりの不敗神話、3年目にしてもうストップ(でもN氏にお土産もらっちゃったけど)。
ちなみに去年当たらなかった岩尾別ぴりかさん、酒井さん、たがたみき子さんだが、今年はぴりかさんは早々に当たったらしく、しかし酒井さんとたがたさんはやっぱり今年も当たらなかったらしい。酒井さん、すごい盛り上げて頑張ってたのにねぇ・・・。
関係ないけどこのレポート、結構いろんな人が読んでることが発覚。こりゃ下手なことは書けない(といいながら書きまくってるけど)。
それと、イラコングランプリの林さんがにゃんのホームページを見ていて驚いた。結構繋がってるんだ・・・。
望年会が終わってもやっぱり皆なかなか帰らず、その後もこぬれ梢さんや石川恭代さん、MITUGUさんなどと話をする。足が痛かったのでにゃんと2人しゃがみ込んでいたら、MITUGUさんに笑われた。
望年会終了後、なりゆきで黒井健さん率いる集団と2次会に行くことになってしまった。
「うちらなんか行っていいの?」と言っていたのだが、にゃんが「行っちゃえ」というので、ついて行くことに。
ちぇりはブーツで足の痛みが極限に来ていたので、はせがわさんに荷物持ってもらったりしてしまった。すいません。
途中、電車に乗るときに、にゃんは一日乗車券でちぇりはパスネットの残りがなくなっていたので切符を購入していたら、藤田さんに「2人別行動してたの!?」と突っ込まれる。
っていうか、サンリオの袋を持ってどやどやと電車に乗り込む集団。うちらって何者・・・?
待ち合わせ場所に当の黒井さんがなかなか現れず、若者集団(?)、その場にしゃがみ込む。全員プレゼントの袋に入っていたキティちゃんの鞄を見て、全員「うーん・・・」。
黒井さん行きつけ(?)の店にやっと辿り着くが、満員で、「ここから5分くらい歩いた所にもうひとつあります」と言われる。また歩くのかーっとちぇり、マジで足痛くて死にそうになっていた・・・。
三浦由さんに至っては、店につく前に帰る時間になってしまって、結局そのまま逆戻り。ご苦労様です・・・。
そんなこんなで店につき、ブーツも脱げて一安心。だったが、次の日サンリオピューロランドで7時起きということになっていたので、ちぇりとにゃん、ジュースと豆腐食べて早々に帰る。全然元取れてねぇ・・・。
帰り道、高滝美和子さんと共にタクシーに乗り、ちぇりとにゃんが先に降りたのだが、にゃんと高滝さんで「お金払う払わない合戦」をしていた。もちろん払ってきたけれども。
そんな感じですっかりお疲れモードでホテルに辿り着き、時計を見ると24時。そんなときでもちぇり、「爆笑オンエアバトル見なきゃ!」。・・・それは明日だって。
お風呂に入り、ベッドに溺れるように就寝。
「にゃんがお風呂に入ってる間に寝ちゃうかも」と言っていたら、ホントに気づいたら寝てた。
そうそう、今年は皆にうちらを知っていただくべく、Y2Kミニ詩集を作った。
ホームページとか見てない人に渡そうと張り切っていたが、18冊作って半分くらい余ってしまった。
来年は全部配りきろう(また来年とか言ってる・・・)。

サンリオピューロランドだ、12月7日

7時5分前にかけた、ちぇりのケータイの目覚ましが鳴る。
とりあえず止めて5分後、にゃんのケータイと、にゃんのベッドについていた目覚ましが鳴る。そのうちケータイの方は音が止まったが、ベッドの目覚ましの方が止まらないので、ちぇり、仕方なくにゃんのベッドまで止めにいく。ちなみにケータイの目覚ましの方も、にゃんが止めたわけではなく勝手に止まっただけらしい。
まだまだ眠かったが、ちぇりが起きないとにゃんは絶対起きないので、仕方なくちぇり起床。着替えてにゃんが起きるのを待っていたら、既に7時半だった。
ホテルの朝食を食べて部屋に戻ると8時過ぎ。当初の予定、早くも崩れる。
とにかくホテルを出て、赤坂駅に向かう。ちょっと雨が降っていた。ちなみにこの日は家から持参のスニーカーを履いた(このスニーカー、今回持っていったバッグの半分を占領していた)。
乗った電車が多摩センターまで直通だったので、ちぇりとにゃん、電車の中でひたすら寝る。多摩センターに着いてちぇりはすぐに降りたが、にゃんはちぇりが降りなかったら多分そのまま寝ていた。
サンリオピューロランドの前に、ベネッセコーポレーションのビルがあって、にゃん、なぜかめちゃテンションがあがる。思わずビルの前で写真を撮ったにゃん。「ベネッセ就職したーい」とずっと言っていた。
※ここから先はサンリオピューロランドのネタバレを含みます。今後サンリオピューロランドへ行く予定の方はこちらへ。
そしていよいよサンリオピューロランド到着、株主優待券をパスポートと交換して、パンフレット見ながらうきうきしてたらピューロランドのお姉さんに笑われた。
本来10時開園だったが、雨が降っていて寒いのでとりあえず中まで入れてもらう。10時になってゲートが開いたので、まず向かったのが「サンリオキャラクターボートライド」(というか、まずこれしかやっていなかったので)。簡単に言うとディズニーランドの「スモールワールド」みたいなの。ボートに乗って進んでいくと、サンリオキャラクターがお出迎えしてくれる。
にゃん、かっこいい制服で働いてる人たちを見て、「ピューロランド就職してぇ」。その後、「まずベネッセに就職して、それからピューロランドに乗り移る」と言い出す。どうぞお好きに・・・。
待っている間途中に間違い探しとかあって、客を飽きさせない演出してるなぁと感心するも、間違いを全部探す前に進んでしまうので探せねぇ。でも、ポムポムプリンはちぇり全部見つけた。
ボートは6人乗りだったが、ちぇりとにゃん、2人で乗せてもらう(このときはすぐに乗れたが、後で行ってみたら20分待ちになっていた。早く行ってよかった)。
そして入った瞬間、ちぇりとにゃん、はしゃぎまくる。
「うわぁ、あれめっちゃ可愛いー!!」「ター坊懐かしー!!」とか言いながら写真を撮りまくる。バッドばつ丸好きのにゃんは、「ばつ丸~!!!」と叫びながら写真を撮りまくる。とにかくうちら、はしゃぎすぎ。
このアトラクションが終わる頃には、ちぇりとにゃん、既に「サンリオ最高~!」と叫んでいた。
パスポートケースも買って(にゃんはもちろんばつ丸)、「あのボート絶対もう1回乗ろう」と言いながら次に行ったのが、メルヘンシアターの「ハローキティドリームレビュー2」(この辺から既に記憶あやふや・・・)。詩メルの一番後ろによく宣伝されている、宮本亜門演出のやつである。
ちぇりとにゃん、後ろの方の舞台正面の席を陣取る。めちゃ見やすい席が空いていた。
始まってすぐ、ちぇり思う。ちびっこノリ悪いよ・・・。
ちびっこが手拍子したり叫んだりしないのにかなり驚いた。盛り上げようにも、後ろの席なので盛り上げにくいし。バイトのお姉さんが一生懸命拍手してて、健気だーと思って見守っていた。
途中、キティちゃんが、海で溺れるところで、キティがいつの間にか舞台にある穴に入っていたことにウケた。
舞台が終わって、「ちびっこノリ悪いなー」とにゃんと2人でメルヘンシアターを後にする。次は前の方に陣取って盛り上げようねと、にゃんと同盟を組んだ。
にゃんは、「夜あのキティの声にうなされそう」と言っていた。確かに、耳に残る声だ・・・。
そしてちぇりにひとつの疑問が残る。「宮本亜門って、ダンスの演出をしてるんだよねぇ?」
「そりゃそうでしょ。“キティここで穴に落ちてください”とか言ってたら笑えるー」
・・・真相どうなんでしょう。
メルヘンシアターの後、見に行くはずだったフェアリーランドシアターが一時的に閉鎖されていたので、11時半(ゴールの伝説)まで暇になる。常時やっている夢のタイムマシンかキティズハウスに行こうとしたら、20分待ちとかだったのでやめて、上のゲームセンターに行く。
そこで、キティちゃんプリクラを撮る。いつの間にか11時半を過ぎてしまっていた・・・。
にゃんは相変わらずばつ丸フレームを探していたが、いいのが無かったらしい。
プリクラを撮ってトイレに行ったら、トイレのプレートが素敵だったので思わず写真を撮ってしまった。
トイレ

ゲームセンターから降りると、夢のタイムマシンとキティズハウスがめちゃすいていた。混むときと混まないときの差が激しいぞ。
夢のタイムマシンがすぐ見られるということで、入ることに。「ワンピース・グランドラインの冒険」がやっていた。サンリオなのになぜワンピースかというのはあえて突っ込まないことにしよう・・・。
このアトラクションはディズニーランドでいえば「スターツアーズ」みたいなやつで、自分は乗り物に乗っているということになっていて、前にある画面がモニターみたいな感じで、乗り物が動いて画面が動くと座席がそれに合わせて動くという(説明わかりにくすぎ)やつである。夢のタイムマシンでは、それに3Dが加わっている。
自分はゴーイングメリー号に乗って、ルフィたちと旅をするという設定なのだが、3Dを見るための眼鏡の説明で、「この眼鏡をかけていれば、ルフィ達にはあなたが見えません」と言われてウケる。
そして肝心の内容であるが、普通誰しも考えることは、「ルフィがゴムゴムの~ってやったりサンジがキックしたりするとそれが飛び出してくるんだろう」ということだが、いちばん飛び出してきたのがウソップの鼻でかなりウケた。
夢のタイムマシンが終わって、出てくると、13時から始まるパレードのために皆結構場所を陣取っていて驚いた。これで空いてたのかゴムゴム。
ちぇりとにゃんは18時半からある同じパレードを見ることにしたので、これは見ないことにしてとりあえずご飯を食べる。ご飯が終わるとパレードをやっていて、サンリオキャラクターボートライドが空いていたのでもう1回乗る。ちぇりとにゃん、絶対バイトのお姉さんに顔覚えられてた・・・。
それにしても、2回目乗っても1回目とはしゃぎ方が変わらないうちらってすごい。
ボートを満喫し、次はキティズハウスへ。文字通り、キティちゃんのお家である。家から出るときにキティちゃんと一緒に写真撮影ができるらしい。
入ってすぐ、キティちゃんが「これからキティちゃんお着替えです」と言って出て行った。ご苦労様です・・・。
途中に電話があって、「ベルが鳴ったら取って下さいね」と案内のお姉さんが言っていたので、まずにゃんが取ってみる。
にゃん、電話を聞きながら、突然手を頭の上に乗せたりとかしていた。電話で一体何を言われてるんだ!
にゃんが終わって、「あんたも取ってみな」と言われて取ってみた。
『ハロー。私キティよ。今日はあなたに、キティのサインを教えるわね。
 人差し指、中指、薬指を折り曲げてみて』
ちぇり、言われたとおりにやってみる。どうもにゃんと違うことを言われているらしい。『それがキティの耳よ』
・・・どーん・・・。
『キティに会ったらそのサインをやってみてね。それじゃ、またね』
・・・。
ちなみににゃんは、『手を頭の上に乗せて』と言われて、やったら『よくできました』と言われて終わったらしい・・・。
一通り家を見終わって、出口でキティちゃんと写真を撮る事になった。
キティちゃんはちぇりの帽子についていたピンバッチをちょんちょんと触って、多分「可愛い~」と言っていた。
キティちゃんの両サイドについて写真を撮ってもらおうとしたら、「せっかくなので2人とも、キティちゃんと手を繋いで撮りましょうか~」と言われ、キティちゃんと手を繋いで撮ってもらった。うちらっていくつだっけ・・・。
中央の知恵の木ステージでは、「ばつ丸&つん子のお宝抽選会」というのをやっていた。
にゃん、「つん子の写真撮りたい!!」とはしゃぐ。
つん子はばつ丸の彼女(?)なのか、ちぇりは初めて見たが、超原色のレースの服を着ていて、ちょっとすごかった。
次に行ったのはフェアリーランドシアター。「マロンクリームのラブファンタジア」をやっていた。
もう既に人が結構入っていて、2階席になってしまったが、とにかく入る。盛り上げ同盟はこの時点で不発だが・・・。
なんかすごくラフな感じのところで行われた舞台(舞台というほど広くないけど)だったんだけど、ちぇり的には結構ヒットなお話だった。「ドリームレビュー」も面白かったんだけど、それより話がしっかりしてるっていうか。途中、突然後ろにいた木が喋りだしてびっくりしたけれども。
そのあと、ゴールの伝説に行く。
これも面白かったんだけど、ピューロランドに似つかわしくないちょっと恐めのやつで、最初から最後まですっごい泣いてるちびっこがいた。
あと、なんか、封印されていた姫(?)を助ける所で、お姉さんがちびっこの中から誰かを選んでなんかやってもらうんだと思っていたら、前にあった玉を触っただけで姫が「ありがとう助けてくれて」とか言い出して、「おいおいもっと引っぱれよ」と思った・・・。
ゴールの伝説を出てすぐ、中央の知恵の木ステージで「D-st.LIVE」というのが始まった。ちぇりとにゃん、なんとなくそこへ行ってみる。
これがちぇりとにゃんのハートを掴んだ。
D-st.というのは、ダニエル(キティの彼氏)がリーダーのヴォーカル&ダンスユニットらしいのだが、ダニエルが超かっこよくて、にゃん、惚れる。 
だってダニエルがクラブ系のダンスを踊るのよ。ヒップホップとか踊っちゃうのよ。ラップもやっちゃうのよ。こりゃ惚れるわ。
ちぇりとにゃん、「かっこいい~」と叫びまくる。それにしても、ダニエルの中に入ってる人はすごいと思う。あの重そうな顔かぶって、靴もでっかいし、あれでよく踊れるなぁと感心。・・・いやいや、中に入ってる人じゃなくて、あれはダニエルだ。
にゃん、カメラのフィルムの半分をダニエルに費やす(現像してみたらかっこよく撮れてなかったらしいが・・・)。
途中、D-st.メンバーと踊るのがあったのだが、皆座っていて踊りにくかった。しかも、ちびっこにはちょっと難しいダンス。これは大人向けだと思った。
ちょっとしたライブって感じで、ぜひ、こんなところでやらないで、オールスタンディングでできるステージでやって欲しい。
ほとんどのところを回って最後のステージ、ディスカバリーシアターに行くが、ダニエルに見とれていたせいで既に満員だった。
なので、先にお土産を買うことにする。ちぇり、カテキョの子にバンソウコウと、自分にレターセットと間違い探しの絵本を購入。
レジのところでお土産用の袋をもらおうとしたら、どの大きさですかと訊かれ、さすがに間違い探しの本(対象年齢3~9歳くらい)を自分で買うのも恥ずかしいので、「この本の大きさで」と言って袋をもらった。
にゃんはというと、ダニエルのキーホルダーを購入。キティとダニエル両方ついたキーホルダーだったのに、買って早々キティだけ取り外されていた・・・。
ちなみに、満員だったディスカバリーシアターの演目は「プリンとダニエルの天使を救え!」。ダニエルグッズがいっぱい売っていて、その中に「プリンとダニエルの天使を救え!」とでっかく書かれたミニタオル発見。
「あとからディスカバリーシアター見てこれが欲しくなるかもよ」などと言いながら通り過ぎる。にゃん、すっかりダニエルラブ。
別のお店にて、冬季限定キティを買おうと思ったら、ふと目に止まったひとつのケータイストラップ。さくらんぼになっていて、さくらんぼの実がふわふわの毛玉になっている。
さくらんぼでふわふわ・・・まるでちぇりのためにあるようなストラップ!てなわけで購入。
満員だったディスカバリーシアターへ行く。遊園地とかにあるちびっこヒーローショーみたいなのを見ている感じで笑えた。ダニエルはかなり役得だった。
途中、ばつ丸が登場して、にゃん、大喜び。・・・ダニエルに乗り換えたのかと思いきや。
関係ないけど、ここで流れてた「生まれたときから走ってる~」っていう歌が頭から離れない・・・。
そういえばディスカバリーシアターに行く前、知恵の木ステージでは「有頂天なダンスコンテスト」というのをやっていた。てっきりちびっこが踊るんだと思っていたら、普通にお母さんとかが踊っててびっくり。「あれって一般人だよねぇ?」と言いながら通り過ぎる。お母さん方かなり頑張ってました。
中には、ダンス習ってる感じの中学生だか高校生だかも混じってて、本気でダンスを見せていて驚いた。ピューロランドで披露しなくても・・・。
早めにパレードを見る場所を取るため、早めにレストランへ行く。が、早すぎておなかが減っていなかったので、ちぇりとにゃん、ケーキだけ食べることに。
バイキング形式みたいな感じの、回ってる食べものを勝手に取っていくところだったんだけど、ケーキが回っている所で、ちぇりとにゃん、「可愛い~」と連発してしばしケーキに見とれる。店の人に、早く買えよーって感じでずっと見られていた・・・。
19時から、フェアリーランドシアターにて「クラブダニエル」というイベントが行われる。中学生以上限定のイベントで、例のダニエル率いるD-st.と一緒に踊るイベントらしい。もちろんちぇりとにゃんは行くとも!
というわけで、フェアリーランドシアターに近いところに場所を取る。というか、もう既に前の方は場所取りされていていっぱいだった。
フェアリーランドシアターで、パレードが始まる前からクラブダニエルのために並んでる人たちがいて、よく見たらさっき「有頂天なダンスコンテスト」に出ていた中学生だか高校生だかの集団だった。
そしてパレード開始。ちぇりとにゃん、もちろん大はしゃぎ。にゃんは「ばつ丸~!!」と叫びまくり。・・・だからあんたダニエルに乗り換えたんじゃなかったの。
結構すごいパフォーマンスもあって、大いに盛り上がる。というか、気づいたら私たちの周りの集団だけ異様に盛り上がっていた。盛り上げ同盟大成功。
最後になんかプレゼントみたいなのを観客に向かって投げていて、ちぇり、前の人が取り損ねたやつをゲット。よく見たらばつ丸のタオル(つん子付き)。にゃん、悔しがる。ちぇりはにゃんの悔しがる様が面白いのでもらっておいた。
そして19時からは待望の「クラブダニエル」。
パレードが終わったら結構人がどやどやと押しかけてきてびっくり。ちびっこ連れが多いから人少ないと思っていたら、結構中学生以上のみの集団もいるのね。
フェアリーランドシアターに入ると、「マロンクリームのラブファンタジア」を見た時とは全然雰囲気が変わって大人な感じになっていて、変貌振りに結構びっくり。
そして「クラブダニエル」が始まった。まずはD-st.のダンスパフォーマンス。もちろんリーダーダニエル健在。そのあとはゲーム。例のダンスコンテストの子が、縄跳びのゲームで見事な二十飛びを披露していた。
ゲームの後は、フロアに出て皆で踊ることに。ちぇりとにゃん、とりあえずダニエルの追っかけ。どこかに行こうとするダニエルを必死で追いかけて声をかけ、ツーショット写真ゲット。
その後2人で後ろの方で踊っていたら、D-st.のお姉さんに「もっと前にどうぞ」と言われ、気づけばいちばん前で踊っていたり。にゃんはD-st.のお兄さんにダンス教えてもらっていたり。そんな感じで、かなり踊りまくって、終わる頃にはすっかり汗だくになっていた・・・。
クラブダニエルが終わるともう閉園時間。帰ろうとしたにゃん、ふと気づく。
「服につけてたパスポートケース落とした!せっかくのばつ丸がー!!」
というわけで、もう一度フェアリーランドシアターに取りに行く。ちゃんとバイトのお姉さんが拾っておいてくれていた。というか、にゃん、踊りすぎだって・・・。
そんな感じで、サンリオピューロランド終了。クラブダニエルみたいな大人向けのイベントもあって、最初から最後まで結構楽しめますよ。少なくともちぇりとにゃんは120%満喫。でも来年はジブリ美術館だ!
サンリオピューロランドから出ると、雨が結構降っていた。めっちゃさむーいと言いながら駅へ向かう途中、なんかの割引券を配ってるお兄さんがいた。しかしお兄さん、ピューロランドから出てくる人待ってても、皆きっと遠くから来てるからそんなのもらってくれないよ・・・。
途中のクリスマスのイルミネーションがすごく綺麗だった。・・・クリスマスかぁ・・・。
帰りの電車に乗ると、ケータイにメールが。しかもそれが朗報だった。
『実験のレポート開けたよ!』と母からのメール。
母が勤めてるパソコン関係の会社で、開けるようにしてくれたらしい。
これで9日に慌てて学校へ行かなくてすむ!と、ちぇり、大喜び。ちょっと運が戻ってきたのかも・・・。
赤坂駅まで戻り、ホテルに帰る所で、にゃん、思いっきり道を間違えて逆方向へ。TBSに行きそうになった・・・。
ホテル近くのコンビニで、夕食を購入。あったかい肉まんとから揚げ。
ちぇりが買い終わってその辺を見ていると、ワンピース卓上カレンダーを発見。
にゃんに「あんたもうカレンダーはやめときゃー」と突っ込まれる。いや、買わんけどさ・・・。
と、そのとなりに、にゃんこ、スタジオジブリの卓上カレンダーを発見。
「うっそーこれめっちゃ欲しい!どうしよう、買おっかなー・・・」
「買うなら早くしやーよ」
「なんで?」
「ご飯が冷める」
「んじゃ買う!」
ということで、にゃん、ジブリカレンダー衝動買い。
ホテルに戻って、ご飯を食べる。雨でかなり寒かったので、ちょっと幸せ。
ちぇりはその後、ピューロランドで購入した間違い探しをやる。これが意外に難しくて結構イケる。
そしてもちろん「爆笑オンエアバトル」を見て、お風呂に入って寝ることに。
寝る前ににゃんに忠告。
「明日は起きたらにゃんも起こすからね」
「なんで?」
「にゃん待ってると今日みたいに8時過ぎるから」
「あーはい」
「それと、明日はちゃんとあんたが目覚まし止めてね」
ということで、就寝。

サザエさんともんじゃオフ、12月8日

9時に起床。
当初の予定では、旅行案内に「朝食1日分付き」と書いてあったので、この日はチェックアウトの10時ぎりぎりまで寝てどこか外で朝食を取ろうと言っていたのだが、朝食券が2日分もらえたので、ホテルの朝食を取る為に早く起きた。
にゃんのケータイとベッドの目覚ましがなっていたが、やはりにゃん、止めず。そのうちケータイだけ切れる。
しばらく黙って見ていたが起きる気配が全くないので、「そろそろ目覚まし止めれば」と言ったらベッドの中で笑っていた。
この日はブーツで歩くつもりだったのだが、足の痛いのが治らないのでスニーカーに。
スカートにブーツのつもりだったので靴下がなくストッキングしか持っていなくて、その結果ストッキングを穿いた上にジーパンを穿いてすごく足に汗かいた・・・。
朝食のとき、にゃんが、「なんかいろんな夢を見た」と言い出す。「ジブリカレンダーを買って喜んでいたら別のところでもっといいカレンダーを見つけた夢」とかを見ていたらしい。
ちぇりは熟睡していたので何にも夢を見なかった・・・と思っていたが、後からよく思い出してみたら、そういえば「愛内里菜に肩車されて、イバラードのゲームみたいに上昇気流に乗って飛んでいる夢」を見たんだった・・・。
そんなこんなでなんとか10時にホテルを出たあと、とりあえず気になっていたTBSショップで、結局、陰陽師大好きな友達に陰陽師バンソウコウと、弟にえなりかずきストラップを買ってしまった。その後、荷物を置きに新宿へ向かう。帰りのバスの集合場所が「新宿ワシントンホテル」だったので、駅のコインロッカーに荷物を預けておくことにした。
新宿に着いて、ちぇり、案内所でワシントンホテルの場所を訊く。
「ここからちょっとかかるんですけど、その出口から出て、この建物を過ぎたら右に曲がってまっすぐ行って頂ければ」と言われ、その出口にいちばん近いコインロッカーに荷物を預ける。
※ここから先は長谷川町子博物館のネタバレを含みます。今後長谷川町子博物館へ行く予定の方はこちらへ。
荷物を預けたあと、6日に行き損ねた長谷川町子博物館に執念で行く。
ちゃんと開いていたのでとりあえず、ほっ。
入ってすぐのところに、グッズを展示してあった。ちぇりとにゃん、それを見て呟く。「こりゃ欲しいわ」。
とりあえず2階に上がって展示物を見る。磯野家って意外に広い。ノリスケさん家がサザエさん家の親戚ってはじめて知った・・・。
マンガの原画が大量に展示してあったので、ちぇり、ひたすら読む。おかげで腰が痛くなった。
アニメのサザエさんの第1回放送をやっていた。昔のサザエさんって、今よりお茶目。なんていうか、トムとジェリー系だった。3話分放送されると書いてあったので見ていたが、1話しか放送されなかった。カツオくんの声が、多分ドラえもんだった。
一通り見終わって満足し、グッズ売り場に行く。
ポスター大の、ウォーリーを探せみたいな塗り絵があって、すっごく欲しかったけど(しかも安かった)絶対全部塗る気力がないのでやめる。
レターセットとシール、クッキー、母が欲しいと言っていたカツオくんストラップ(ワカメちゃん、タラちゃん、タマとセット)を購入。
ちなみにサザエさんシールは友達にあげたら非常に喜んでくれたが、友達がそれを妹に見せたら投げられたらしい・・・。
そういえばサザエさんって、確か24歳なんだよね。ちぇりもあと3年経つとああなるんか?・・・いやむしろなれねぇ。
長谷川町子美術館を出たあと、買物をすることに。
にゃんは、7年前の進研ゼミについていた東京観光マップを持ってきていた。懐かしい・・・。ちぇりも中学の修学旅行で使った覚えがある。
ちぇりの行きたそうなお店が渋谷のスペイン坂にあったので、とりあえず昼ご飯を食べてからスペイン坂に行く。が、そのお店、既になかった。そりゃ7年前のだからなぁ・・・。
途中、スペイン坂スタジオで公開録音をやっていた。ゲストは大黒摩季。微妙だけどちぇりの守備範囲に入ってないのでそのまま通り過ぎる。
LOFTとPARCOに入って可愛い雑貨を見つけるも、名古屋でも買えると思うと別に買う気にもなれず(つーか東京ってホント何にもないよねぇ)、仕方なくLiptonの紅茶のお店に入って一服。にゃんこ本日紅茶3杯目。
そうこうしてるうちにいい時間になってしまったので、アートスペースで開かれている「イバラードな世界展」に向かうことに。
途中、ダニエルでフィルムを使い果たしたにゃんは、カメラ屋でフィルム購入。それにしても、東京って人多すぎ。
アートスペースがある木場について、どう行けばいいんだろうと地図を見ていたら、通りすがりのおばさんに「どこか探してるの?」と声をかけられる。そして行き方を教えてくれた。心優しい人もいるもんだ。
去年ビルの1階にあったアートスペースは、2階に移って、代わりに1階にはクリーニング屋が出来たらしい。フクオカさんによると「あまりにもすごい風貌だったのでビルのオーナーに抗議したら家賃が安くなった」というエピソードがあるほどの派手クリーニング屋を目印に、ひたすら歩く。
ホントにすっごい遠目からでも目立つすごいクリーニング屋だった。周囲と全然調和してないって・・・。
アートスペースに着くと、ちぇりとにゃんを見るために待ってくれていたというコトさんとojoさんがちょうどすれ違いで帰ってしまったところだった。無念。ごめんなさい。
もう結構人が集まっていた。
haraさんが、すっごい怪しげな韓国土産を出してきた。
2つあって、皆によるとどちらも不味いらしい。
ひとつはなんかすごい臭いがするらしくて、にゃんは嗅いでいたが、ちぇり、頑なに拒否。
結局、臭くない方をもらった。
これ、帰ってから友達と2人で食べてみたのだが、思ったより全然フツーでがっかり。つーか味がなかった。
haraさんとfullmoonさんがオフに参加しずに帰ってしまったので、淋しいながらも、皆でもんじゃを食べに月島へ。
そこで、すっかり「トル母さん」として定着してしまった現ニイさんと再会。
感動の再会を果たそうとしたにゃん、あっさりかわされる。母さん、冷たいっす・・・。
月島はもんじゃ屋さんだらけで(っていうかもんじゃ屋しかない)驚く。その中でもフクオカさんお勧めのお店へ。2つの机に座って、うちらの机はちぇり、にゃん、SIMOONさん、Yasさん、母さん、瑠詩緒ちゃん半分、になった。
そのとき、毛利さんが登場。普通に挨拶したあと、毛利さん、「あれ?」と言ってちぇりとにゃんを見直す。まさかうちらが東京にいるとは知らなかった毛利さん、かなり驚いていた。してやったり。
ダニエルに恋をしたにゃんの話や、母さんの爆弾発言により、一気に盛り上がるこっちサイド。途中で机が3つになったが、誰も移動する気にならず、真ん中の机が瑠詩緒ちゃんとU2さんだけになっていた・・・。
途中、トル母さんがニイさんに名前を変えたことについて、「でも皆トルさんって呼んじゃうって」っていうことになって、にゃんがこんなことを言い出す。
「例えばにゃんにゃんがワンワンになっちゃったりしたら困るでしょー」
「いや、困らんし」
「皆にゃんこって呼べんくなっちゃうんやよ」
すると皆口をそろえて、
「わんこって呼べばいいじゃん・・・」
それにしてももんじゃって得体の知れない食べものだね・・・。人生で2度目のもんじゃだった。
もんじゃの後食べた和風クレープが美味しくて、ちぇり、2人分食べる。にゃんはもうおなかいっぱいと言っていたけど、ちぇりはなんかまだまだ食べられそうな感じだった。
もんじゃを食べた後、くじ引きでプレゼントをもらった。まずもらったのは母さん。クマのぬいぐるみとイバラードの2003年カレンダーが入っていた。どうやらこれは当たりらしい。にゃんのには、パグのぬいぐるみが入っていた。
そしてちぇりももらう。柴犬のぬいぐるみだった。「可愛い~」と言って取り出してみると、袋にまだ何か入ってる感じ。取り出してみたらイバラードカレンダーだった。・・・これでちぇりの家に詩メル関連のカレンダー4つ目。にゃんに「これ以上増やしてどうすんの」と突っ込まれる。
どうでもいいけどフクオカさん、ぬいぐるみの値札400円ははずしておきましょう・・・。
もんじゃの店を出ると、結構いい時間になっていたので、ちぇりとにゃん、新宿ワシントンホテルに向かうことに。
SIMOONさんが、皆に3チロルずつくれた。母さんが1個食べたら、「ちゃんと3チロル持ってないと」と言ってもうひとつポケットから出してくれたことから、チロル食べ合戦開始。
「そのポケットにいくつ入っとるの?」と言いながら、チロルを1個食べると、またひとつ出てくる。
そんなわけで、「全部なくなるまで食べてやる」と言って食べた結果、最後にちぇりが食べた所で「もうありません」とSIMOONさんギブアップ。
SIMOONさんやYasさんたちが、うちらが新宿に行くなら行くと言い出し、皆揃って新宿へ行く。が、都営線で新宿に行ってしまった為にロッカーが遠い遠い(預けるときは営団線だった)。どうも預ける場所が悪かったらしく、ロッカーを発見してからもう一回戻ったし・・・。
なんだかワシントンホテル、やたらとややこしいところにあって、朝案内の人が「まっすぐ」とか言っていたが、それに従っていたらちぇりとにゃん、絶対辿り着けなかった・・・。
ワシントンホテルにてバスを待つ間、ロビーにワシントンホテルプリクラを発見し、皆で撮る。ワシントンホテルフレームだったが、出来上がって見てみたらホテルがただの板にしか見えない。・・・邪魔。
バス到着予定の23時になってもバスが来ないと思っていたら、1時間くらい遅れるとのこと。このバス、ディズニーランド行った人も乗せてくるので、ディズニーランドからここへ来るまでに遅れているらしい。
イバラードの皆はさすがに帰って、ちぇりとにゃん、ひたすら待つ。
結局来たのは24時を回ってからで、外に出たら雪が降っていた。
そんなこんなで、バスに乗って名古屋へ。帰りのバスでもにゃんはやっぱり座席にうつぶせに寝ていた。落ち着くらしい。すごい猫っぽかった。
ちぇりは重い荷物を持っていたせいか、前に倒れて寝ると肩が痛くてしょうがなかったので、にゃんに凭れて寝た。にゃんは気づいてなかったらしい・・・。
結局名古屋に着いたのは予定より1時間遅い7時で、ちぇり、家に帰ってシャワー浴びてご飯食べたら、寝る間もなく学校へ。これ、もし実験のレポートが直ってなかったらちょっとやばかったかも・・・。
そんな感じで、東京レポート終わり。
毎年好評をいただいているこのレポートだが、自分で読むとはっきり言ってどこが面白いのかわからない・・・。
とにかく、読んで楽しんでいただけたのなら幸いです。


以上。





よろしければ感想をひとこと残していってくださいね。
古い作品でも大歓迎です。













 ※後で記事の編集・削除を行う方は好きなパスワードを設定してください。



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ