やなせたかし先生を偲ぶ会








2013年10月13日。
やなせたかし先生が、94歳で亡くなられました。
何度も入退院を繰り返してらっしゃいましたが、毎年、星屑同窓会でお元気な姿を見せてくださっていたやなせ先生。
どこかで、やなせ先生は不死身なんじゃないかと思っていました。
なんだかんだで100歳を迎えて、たくさんの人にお祝いされて、「まだ生き残っちゃってるよ」なんておっしゃっているやなせ先生の姿を思い描いていました。
なので、突然の訃報に、ただただ驚きと、ショックな気持ちはありましたが、悲しい気持ちにならなかったのは、やなせ先生の死を受け止めきれていなかったからかもしれません。

あれから半年。
やなせ先生に、感謝の気持ちも伝えられていなかったのですが、高知で行われた『やなせたかし先生を偲ぶ会』にご招待いただきました。



『詩とメルヘン』には2回しか見開き掲載されていないですし、やなせ先生に顔も覚えられていないような身ですが、いろいろなご縁で星屑同窓会にも参加させていただいたり、歌まで歌わせていただいたり、本当にありがたいことです。

ということで、やなせ先生に感謝の気持ちを伝えるため、『やなせたかし先生を偲ぶ会』が行われた2014年4月19日を含め、19日・20日の2日間、約3年ぶりの高知へ。
寂しいレポートはやなせ先生も喜ばれないと思うので、楽しいレポートにしたいと思います!

ということで、堅苦しいのはここまで。

4月19日。

13時からの偲ぶ会参加のため、3時起き。
5時25分の始発で金山まで行って、そこで玄さんと舞ちゃんと合流。
玄さんカーで高知へ出発!
新神戸にて、石川さん、甘夏さんファミリーと合流。

途中、高知県に入ったあたりのサービスエリアで食べたお昼ご飯。



よさこい混ぜ麺だって。
イケ麺コンテスト優勝とか書いてあったかな。
そのコンテストはよくわからんけど、すごい美味しかった~。

13時ちょっと過ぎに、偲ぶ会の会場に到着。
今回の偲ぶ会は、招待客が何人かいて、そのほかは、整理券をもらうと入れるみたいで、星屑同窓会みたいなの想像してたら、普通のホールで、舞台上で催しがある会だった。
整理券で入った人は1階で、招待席は2階だったので、うちらは2階。
星屑同窓会だと舞台の真ん前とかに陣取ってるから、ちょっと遠い。
招待客用のカードと、お土産もらった。



整理券もらって入った人たちは、やっぱり、やなせ先生を追悼というよりは、アンパンマン目当ての子連れの方が多くて、内容によって食いつき具合がぜんぜん違うから、2階から見てると、舞台・1階のみなさん・2階で雰囲気が違ったかも。
子供たちは、アンパンマンが出てきたときに盛り上がってたかな。
招待席は、大人の人が多くて、スーツのおじさんとかもいっぱいいた。
でも、やなせ先生の願いは、子供たちが楽しんでくれることだと思うから、子供たちがいっぱい来ていたのは良かったと思う。

偲ぶ会は撮影禁止だったので、ここからは文字だけになっちゃうんだけど、想像を膨らませてくださいませ。

会場に入った時に始まっていたのは、「アンパンマンのマーチ」の合唱。
地元の保育園の子たちが元気に歌っていて、可愛かった。

続いては高知県知事の挨拶。
・・・は、すいません、あんまり聞いてなかった。
この辺りは、子供たちがまったく興味を持ってなかったので騒がしかった。
やっぱり、子供たちを呼ぶからには、子供たちにちゃんと向き合った話し方をしないとダメだよね。

続いて、来賓挨拶は、漫画家のちばてつやさんと里中満智子さん。
里中さんは存じ上げなかったのだけど、やなせ先生と疑似結婚式(?)を挙げられたことがあるそうで、その時のVTRも出ていた。
やなせ先生、そういうの好きそう。

続いて、アンパンマンによる弔辞。
舞台にあるスクリーンに映っているやなせ先生に向かってアンパンマンが弔辞を捧げたのだけど、普段アンパンマン(の着ぐるみ)の後ろ姿を見ることってそんなにないので、ちょっとシュールだった。
声はたぶん、戸田恵子さんが生であててらっしゃったのではないかな。
心のこもった弔辞だった。

続いては、在りし日のやなせ先生の映像、ということで、やなせ先生の生い立ちから、アンパンマン誕生、いろいろなイベントの様子など。
星屑同窓会の時の写真などもあって、懐かしく思い出しながら見た。

ここからは子供たちのお待ちかね、大和田りつこさん、岡崎裕美さん、篠崎仁美さんによるコンサート。
アンパンマンキャラからはアンパンマン・しょくぱんまん・カレーパンマン・ばいきんまん・ドキンちゃん・メロンパンナちゃん、それからやなせうさぎ、さらに、やなせ先生が作成した高知県の51のキャラクターも登場して、めちゃめちゃにぎやかだった。
アンパンマンのダンスのキレが半端なかった。

このコンサートが始まるまでは、やなせ先生の映像とかも普通に懐かしく見ていたんだけど、コンサートの始まりの、3人のお姉さんの紹介が、やなせ先生の声だったんだよね。
星屑同窓会やイベントでもおなじみだった、やなせ先生がみなさんを歌で紹介するオープニング。
それを聴いたときに、一気に切ない気持ちになった。
もうこれを生で聴くことはできないんだ、という喪失感が急激に湧いてきて、涙が出そうだった。

それから、『ノスタル爺さん』のときに、これもやなせ先生の歌声に合わせてのパフォーマンスだったんだけど、やなせ先生が歌ってらっしゃった頃は、ステージから降りて特定のお客さんに向かって歌ってくださったりしていて、それを見ることはもうできないんだ、ということが、すごく悲しくなった。

そのほかの歌は楽しかった。
『りんごりんりん』は、今度のアンパンマンの映画の歌だそうで、振り付けもあって楽しかった。
今度の映画はやなせ先生が最後に書かれた絵本をもとに作られたそうなので、見に行けたら見に行きたいな。

ラストは、戸田恵子さんによる、『夕日の歌』の朗読と、『手のひらを太陽に』の独唱、途中からは大和田さんたちやキャラクターたちも出てきて、お客さんもみんなで楽しく歌った。
戸田さんの朗読と歌声は、とても心がこもって綺麗な声で、すごく素敵だった。

今回こういう会を設けていただいて、どこか遠い出来事のようだったやなせ先生の死というものに、現実感が湧いてきて悲しい気持ちにもなったけど、今までの数々の、素敵な幸せな出来事を、改めて思い出すことのできる場でもあった。
偲ぶ会主催のみなさん、ありがとうございました。

ロビーにはたくさんのアンパンマンキャラクターに囲まれたやなせ先生!



そして、やなせ先生へのメッセージボード。



コンサートに出てきたキャラクターたちが出てくるかと思ったけど来なかったな。
しょくぱんまん様と写真撮りたかった。

会場の入り口には、漫画家・詩人などいろいろな顔を持ったやなせ先生の紹介ボード。
去年発売されたやなせたかし大全の一部やね。



そしてお土産にいただいたハンカチ。
やなせ先生の最後の言葉だと思う。
これを見るたびにせつなくなるけど、でもやなせ先生は、ちょっと遠いところへ旅立たれただけで、またどこかでお会いできるような気がする。



偲ぶ会のあとは、ホテルにチェックイン後、路面電車に乗ってひろめ市場へ!



まだ16時なのにこの混みよう・・・。



今回こそはまぐろ炙ってるところを写真におさめようと頑張ってみたけど、これが限界だった・・・。



今回もいっぱい食べた!



まずは玄さんツアーお馴染みの品から。
①まぐろのたたき(タレ)。
②クジラの竜田揚げ。
③どろめ
④まぐろのたたき(塩)。
⑤餃子。
⑥のれそれ。
全部美味しい~。



さらに、初めて食べた品。
⑦まぐろの刺身。
まぐろのたたきを食べていたら、テーブルの前の店のおばちゃんが「うちの方が美味しい」って言うから買ったらしい。
これもすごく美味しかった。
⑧川エビのから揚げ。
これは食べだすと止まらんね。
⑨高知の焼酎。
飲んでないけど記念に撮っといた。
⑩うつぼのたたき。
初めて食べたけど、ちょっと鳥みたいな感じの不思議な食感。
梅川さん曰く、かえるっぽいらしい。
⑪文旦。
グレープフルーツみたいな感じかと思ったら、苦みとか酸っぱさとかなく、すごい美味しかった。
⑫ポンカン。
テーブルが一緒になった地元のおじさんがくれた。
こういう、地元の人と気楽に交流できる場所っていいね。

さすがにもう食べられないし次の日の朝も早いので、21時過ぎごろ(でも5時間もいた)、舞ちゃんと2人で先にホテルへ。
乗った駅がわからんかったので、ホテルの電光看板を頼りに探してたら、看板の電気消えてたので通り過ぎそうになった。
高知、消灯早いな・・・。

ひろめ市場でも、いろんな人のお話聞けてすごく楽しかった。
ありがとうございました!
なんか、私はいろいろ言える立場じゃないので、みなさんについていくだけで申し訳ないけど、何かできることがあればお手伝いさせていただきたいです。

4月20日。

朝から小雨というあいにくのお天気。
まずは朝食調達のため、7時半に日曜朝市へ。

みなさん早起きだな。



天ぷら屋さんは朝から盛況。
いも天一袋購入。



あとは、写真撮り忘れたけど、たけのこ寿司とか、芋饅頭とか、いろいろ買った。
どれも美味しかった。
特にたけのこ寿司、私好みだったな。
酢飯をたけのこで巻いてあるの。

この日はまず、アンパンマンミュージアムへ。
朝市の途中から結構雨降ってきてたけど、アンパンマンミュージアム着いたころは結構降ってたな。
アンパンマンもちょっと可哀相なことに。



前回、新しくできていたと言って写真を撮ったアンパンマン像。



ダダンダンと戦ってるらしいって前回書いたんだけど、今回聞いた話だとどうやら東北の方を向いているらしい。

そして今回は倉庫もちゃんと見てきた!



・・・んだけど、やなせうさぎ像見てくるの忘れた・・・。
また次回の課題!

アンパンマンミュージアムも、改めて展示品とか、アンパンマンの誕生秘話なんかを読んでいると、すごくじーんとなった。
やっぱりここは何回来てもいい場所だな~。

アンパンマンとカレーパンマンも出てきたので、写真撮ってもらった。
なんでいつもしょくぱんまん様はいないんだ。

そして、この日から一般公開された、やなせ先生と奥様が眠るお墓へ。
なんと素晴らしいことに、雨が止んでる!

アンパンマンミュージアムから車で5分くらい。
やなせ家跡地に作られたらしい。
朴ノ木公園と名前が付けられてる。



こんな素敵な道を進んでいくと、



見えてきた!



これがやなせ先生のお墓と、その周りにあった石碑。
やなせ先生に、感謝の気持ちをたくさん伝えてきた。



アンパンマンとばいきんまんは、アンパンマンミュージアムを見守るように立っている。
そして、お墓に刻まれた詩は、やなせ先生が遺した言葉。
ホオノキになって風に揺れていたい、という詩。

そしてこれがホオノキ。



今はまだ小さいけれど、いつかまた訪れたときに、こんなに大きくなったんだ、って思う日がくるのだろうな。
そして、綺麗な白いお花も見られるはず。

お墓の周りにも、ベンチがあったり、アンパンマンキャラクターのちっちゃな像が並んでたり、お墓の横のアンパンマンとばいきんまんも飛び石で行けるようになってたりして、なんかすごく、ここで子供たちが遊んでくれたらやなせ先生も喜んでくださるだろうな、という気がしたし、そういう想いで作られたんだろうから、素敵だな、と思った。
すごく気候も良くて静かでいい場所だった。
最初は、お墓を写真に撮るのもどうなんだろう、って思って、遠慮してたんだけど、でもなんか、周りでみんながそうやってわいわいやっていることで、やなせ先生も喜んでくださる気がして、写真もいっぱい撮った。

アンパンマンの像も、触るとパワーをもらえそうだったので、みんなで触ってきた。
効果があったら、そのうちパワースポットになるかもよ。

おまけ。
地元メディアのインタビューを受ける梅川さん。



高知をあとにして、お昼ご飯は香川の讃岐うどん。
お昼っていっても15時だけど。

まえば到着!



いつも美味しいけど、いつもは何件かうどん回った後で食べるからおなかいっぱいなので、今回がいちばん美味しかった!



あげとかまぼこの天ぷらも載せちゃった。

そして晩ご飯は徳島ラーメンと聞いていたんだけど、着いたのが17時半。
え、まだおなか減ってないよ。
前回は肉入りの小にしたけど、そんなに食べられなさそうだったので、普通の小にしてみた。



でも結構肉入ってる。
これ、見た目すごくこってりしてそうだし、途中まで食べててぜんぜん減らんやんとか思ってたんだけど、食べてみるとすごくあっさりでいつの間にかぜんぶ食べちゃってるんだよね。

そして四国をあとに。
ありがとう四国。

今回の旅は、本当に濃厚な2日間だった。
2日間だけだったんだけど、なんかすごく、たくさんの時間を過ごしたような。
そして本当に、いろいろな想いがあふれる旅だった。
みなさん、本当にありがとうございました!

そしてそして、やなせ先生、たくさんの幸せな時間を、本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。


ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ