スポンサーサイト台風とハンバーグに翻弄されたGARNET CROWファンクラブイベント








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年9月30日。
GARNET CROWのファンクラブイベントが開催されることに。
イベントタイトル、『サンクス12、全員集合だよ~ん!!』。
・・・ノーコメント。
イベントタイトルはともかく、今回はライブ中心のイベントになるとのことで、ひと安心。
とりあえずハイタッチじゃなくて良かった。

今回、東京公演1回、大阪公演が第1部と第2部の2回あったんだけど、日曜日開催だったこともあり、早めが良かったので、大阪の14時半から開催の第1部に申し込み。
ほかのみんなも第1部に申し込んで、一緒に行くことに。
場所は、前にもファンクラブイベントをやったことのある堂島リバーフォーラム。

とりあえず無事、当選はがきも来て、まぁいつも第1希望で当選するし、来たな、くらいに思っていたんだけど、その後かるらから衝撃情報が。
「かるら(&めい)とかにちゃんが第1希望落ちて第2部になった」
・・・落ちるときあるんだ!
今回やっぱり日程的なところで大阪の第1部が多かったみたいで、そこだけあぶれた模様。

その後、かるらからチケットが届いたとの知らせ。
かるらたちが前から2番目でかにちゃんは3番目ということで、やっぱり第2希望だからいいところになったのかな、と一安心。

そんな中、相変わらず人よりチケットが届くのが遅い私。
やっとチケットが届いて、いつも名古屋以外の運悪いし、滑り込み当選みたいなもんだし、まぁ後ろの方なんだろうな、と思って見てみる。
・・・前から5番目じゃないか!
2階じゃなくてちゃんと1階だし。
初めて名古屋以外でいいとこ当たったよ。
えむし(&いくちゃん)も前から5番目ということで、まぁ席は離れてるんだけどちょっと嬉しい。

第1部と第2部で参加が分かれてしまったので、第2部の人もとりあえず昼ご飯だけみんなで一緒にしようということに決定。
多数決の結果、てっぱん某とかいうハンバーグ屋(名前をあえて伏せる)に決定。

ネットで予約ができたので、ネット予約をしたら、仕事中に電話がかかってきていた。
かけなおしてみたら、おっさんが出た。

「ネットで予約した○○というものですが、お電話いただいたようなんですが」
「あぁ、あのねぇ、ちょっといろいろ聞きたいことがあるんやけど」
・・・は?いきなりタメ口?
「頼むメニューは決まっとんの?」
「いや、決まってないですが」
「ランチメニューでええの?」
「いいです」
「あのねぇ、お肉が△△肉と××肉とあるんやけど、どっちにするかも決まってないの?」
・・・決まってねぇよ。

そんな感じで予約完了。
行く前から腹立つんですけど。

そんなこんなで前日、9月29日。
ちょっと前から、台風が接近していて、当日30日は、もろに大阪に台風が来そうな感じ。
新幹線止まったら帰れんよね、とか、三重までならかるらが車だからいざとなったら三重に泊まるとか、誰かを道連れにオールでカラオケだとか、いろいろ話しながらいろんな準備を済ませて、さぁ行くぞ!と思っていた夕方頃、G-NETからメールが。

・・・延期!!!

このタイミングか。びっくりだわ。
ってか、台風で延期なんていう事態に遭遇することになるとは。
まぁでも、不安に思いながら行くよりは良かったのかもしれんね。
30日当日は、自分のとこはぜんぜん何ともなかったんだけど、三重の方とか結構すごかったみたいだし、電車もやっぱり止まってたみたいだし。

てっぱん某にキャンセルの電話入れなあかんくて億劫だったんだけど、そのときは若いお姉さんでちゃんと対応してくれたのでまぁ良かった。

改めて、開催日が11月11日に決定。
行けない日だったらどうしようかと思っていたけど、行ける日で良かった。
だいぶ先になるなぁ、と思っていたんだけど、仕事が忙しすぎてあっという間に1ヶ月経った・・・。

お昼の予約を改めてしないといけないので、もうハンバーグ屋はやめて、もう1つ候補に入れてたお好み焼き屋にしよう、と思っていたんだけど、電話する直前に日曜休みと気づく・・・。
なんか他の店がないかと思ったんだけど、いかんせん仕事が忙しいもんで調べる暇と気力がなく、仕方ないのでてっぱん某を再度予約することに。

ネット予約でめんどくさいことになったので、電話してみた。

「はい、てっぱん某です」
・・・あのおっさんやん!
「12時半から予約したいんですけど」
「はい、わかりました。メニューは」
「決まってません」
「ランチメニューでいいですか?」
「はい」
・・・おぉ、今回はちゃんと応対してる。
予約完了して、電話を切ろうとしたところ。
「あ」
「ん?」
「12時半かぁ・・・」
・・・は?
「あのねぇ、1時じゃあかんかなぁ」
・・・だから何でまたタメ口?
「2時までには食べ終わりたいんですけど、1時で大丈夫ですか?」
「あぁそうかぁ、そんならあかんねぇ。じゃあいいわ」

何がいいのかわからんけど予約完了。
いっそのこと無理って言ってくれれば他の店探したのに・・・。

まぁ、そんなこんなで、いつも通り前置きが長くなったけど当日、11月11日。

まだイベントレポ入らんよ・・・。

さすがにまた台風ってことはなかったけど、あいにくの雨。
11時半にグッズ買うため会場でみんなと待ち合わせだったため、8時半に家を出て、新幹線でびゅっと大阪へ。
新幹線の中でここまでのレポ書いてたらすぐ着いた。
11時にえむし&いくちゃんと福島駅で待ち合わせていたので、福島駅まで行って、精算しようとしたら後ろにいたおっちゃんに順番抜かされて腹が立つ。
おっちゃん運がないんか?私。

福島駅に着いた頃、かるらから会場に着いたとの知らせ。
えむし&いくちゃんと合流して、堂島リバーフォーラムへ。

堂島リバーフォーラムに着いたら、既に結構人が並んでいたので、とりあえず後ろに並ぶ。
並んでいたら、「こちら当日券の列ですがよろしいですか?」と係員の人に聞かれる。
よろしくねぇよ。
そんなことやってたらいつの間にかmasaaki氏に遭遇。
なんか、いろんな列があってよくわからんかったんだけど、一応ちゃんとグッズの列に並べたらしく、並んだら前にかるら、めい、くまちゃんがいた。
そして初対面のマキさんもいた。
列の折り返しですれ違いざまひとまずみんなと挨拶。
そしてさようなら。
めいはいつの間にか前に並んでいた人と知り合いになっている。さすが。

グッズ買うのに並んだのはいいんだけど、今回あんまりほしいものがなかったので、ゆりっクマ(小)のみ購入。
手触り良くて可愛いんだけど、Tシャツに『yurikkuma』って書いてなかったらガーネットグッズってわからん・・・。
ゆりっクマとおそろいのTシャツもちょっと気にはなってたんだけど、色的に似合わなさそうだったので却下。
18000円のゆりっクマ(大)は誰が買うんだろうって思ってたんだけど、結構買ってる人いてびっくり。
みんなすげーな。



グッズも買ったので、昼食を食べにてっぱん某へ。
入ったら最初に目に入ったのがおっちゃんだったので、あいつか!?と思ったが、普通に愛想よく挨拶される。
違ったか。
どうやらあのおっちゃんは今いない様子なので一安心。
みんなが煮込みハンバーグを頼む中、1人おろしハンバーグを頼んで、談笑しながら待っていると。
「おろしハンバーグの人は?」
と愛想のない声が。
返事して振り向く。
・・・さっきのおっさんじゃねぇか!!
やっぱりあいつだったらしい。
しかも、おろしハンバーグなのにおろし載せ忘れてるっていう・・・。
おっさん!!

ということで、ハンバーグの話はこのくらいにして、ついに、イベントレポ開始。
うん、なんかもう、ここまでで満足したんだけど、書くのやめていい?

前から5番目の席は、ちょうど見やすい感じの席ですごく良かった。
会場に入ったら、古井さんとおかもっちのアナウンスが流れた。
しまった、七さん聞きのがした。

開演時間になり、まずはガーネットメンバーとサポートメンバーが登場。
ファンクラブイベントは、いつもならば司会の人が出てくるんだけど、今回のイベントはガーネットメンバーだけだった。
司会の人がいると、司会の人中心の会話になっちゃうから、いない方が嬉しいよね。

由利ちゃん以外のメンバーは、イベントのTシャツを着て登場。
七さんはTシャツの上に黒のジャケット着ててかっこいい。
由利ちゃんは、ゆりっクマのTシャツを着て登場。
黄色のTシャツにピンクのロングスカートでめっちゃ可愛い。
それ見てたら、ちょっとTシャツほしくなった。

まず初めは、メンバーのオープニングトーク。
以下、由⇒由利ちゃん、岡⇒おかもっち、七⇒七さん、古⇒古井さん。

今回のイベントが雨ということで、
「今日は、こんな天気ですけど」とおかもっちを見る由利ちゃん。
岡「いや、4人集まると雨が降るんですよ。1人だと降らない」
ホントかよ。
ってかそもそも台風を呼び寄せたのは誰だ?

今回のイベントの目玉は、『ザ・ガーネットテン』と称して、『ライブで聴きたい曲』をファンから募って、そのベスト10を演奏する、というもの。
由「応募してくださった方~?」
・・・すいません、してません。
なんか、成り行きに任せようかな、とか思って。
どんな曲が入っているのかわからないので、すごく楽しみ。

まず、第10位の発表。
「第10位は?」の由利ちゃんの声とともに、スクリーンにベスト10のランキングのパタパタ回るやつ(わかる?)が映しだされ、出てきた第10位は。

『空色の猫』

おぉ~っ!
なるほどそこから来るか。

由「意外な曲が入ってきましたが、七さん知ってますか?」
七「知ってはいるけど・・・」
・・・そりゃ知ってはいるだろ。
でも七さんなら知らないって言われても驚かないかも。

ということで、まずは『空色の猫』の演奏。
のれる曲だし、みんな立つもんだと思っていたら、あれ?立たない?
前の人立ってないし、前から5番目だから後ろがどうなってるのかわかんないし、誰かと一緒に行ったならば立っちゃえって思ったかもだけど1人だし・・・ということで、結局座って見る。
この後も結局最後まで座ってたね。お尻痛かったね・・・。
まぁ、それはともかく、この曲は、ラストにおかもっちのコーラスもあるし、淡々としてるけど結構ライブで聴いてても楽しい曲で、良かった。

「この曲は猫の曲ですが、古井さんは犬派ですか?猫派ですか?」と由利ちゃん。
古「僕はどっちでもないです」
由「でも、猫飼ってらっしゃいますよね」
古「まぁ、なんとなく」
由「名前は?」
古「名前は・・・秘密です」
「僕は知ってます」とおかもっち。
毎回気になるね、名前。教えられないような名前なのか・・・?

「猫は楽ですよ」と語り出す古井さんに、
由「一緒に作ったりするんですか」
古「作る?」
由「編曲とかを、一緒にやったり」
古「いや、それはないです」
由「仕事場には立ち入り禁止なんですね」
仕事場入ってきたら荒らされそうだよね・・・。

由「おかもっちは、犬派か猫派か」
「僕は熊派です」とおかもっち。
ゆりっクマにかけてると最初わかんなくてきょとんとしてしまった・・・。
岡「あのねぇ、そこの席にでっかいゆりっクマが座ってるのがめっちゃ気になるんです」
自分ところからは見えなかったけど、空いてる席にゆりっクマ(大)が座ってたらしい。
岡「あそこはあの子の席なの?」
由「特等席で」
ステージの上にも座っていたゆりっクマを指して、
由「ここにもいるんですよ。今日はゆりっクマ押しで。髪型もゆりっクマです」
そう言われると、由利ちゃんの髪型も熊の耳みたいになってる!可愛い!(気づけよ)

由「もうみなさん、早く次行けっていう感じなので、9位から7位まで一気に行っちゃいましょう」
ということで、一気にランキング第9位から第7位。

第9位『トランス・トラップ』
第8位『Jewel Fish』
第7位『夕立の庭』

おぉ!これまた素敵なラインナップ。
特に『トランス・トラップ』なんて、まさか入ってくるとは思ってなかったのでびっくり。
でも、好きな曲やし、コアなファンが多いんだな~と思う。
ここから先のランキングも期待できそう。

ということで、ここで3曲続けての演奏。
『トランス・トラップ』はホントに、まさか聴けるとは思ってなかったので嬉しかった。
かっこよかったし。
ただ、ライトがぐるぐる回ってたんだけど、それが客席の方に来るとモロに目に入って、眩しくてまともにステージが見られなかった。
『Jewel Fish』のキラキラ感も素敵だったし、そこから続けて『夕立の庭』に入っていくところも、曲調違うのにすっと馴染んで良かった。

「『トランス・トラップ』覚えてますか?」と七さんに振る由利ちゃん。
七「・・・うろ覚え」
七さん~、ホントにうろ覚えでも覚えてた?

由「古井さんは?」
古「もちろん覚えてますよ」
由「でも、譜面とか結構見てましたよね」
古「譜面は見るでしょ」
見るでしょ。

由「でも私も、1回聴いて、ん?ってなって、もう1回聴き直したりしてました」
岡「それは言っちゃだめでしょ」
自分の作品でも結構忘れるもんだよね。初期の曲だし。
「私たちよりもファンの人の方がよく知ってるんですよ」と由利ちゃん。
やっぱり、本人たちはどんどん新しい曲も作っていかないといけないし、ひとつの曲をずっと大事にしていくのって難しいと思う。
ファンの人の方が、ひとつひとつの曲を大事に聴いてるんだろうな、っていう気がする。

由「七さんはどうでしたか?この3曲」
また何も考えてなかったかと思いきや、
「客観的な感想をずっと考えてたんやけど・・・」
と、珍しくタメる七さん。
「『夕立の庭』、大好きです」
私も大好きです!(ってか、客観的な感想・・・??)

「『トランス・トラップ』はコードが繰り返しだから、どこ弾いてるかわからんくなる」とおかもっち。
由「そこは古井さんのアレンジの腕の見せ所なんですね」
古「ホントに、ほとんど同じコードの曲とかあって、そういう曲は悩みますね」
そこで由利ちゃん、
「じゃあ、次の曲は、1つのコードで」
古「それ、ラップみたいになっちゃう・・・」
そこは古井さんの腕の見せ所でしょう。

ここで話は変わって。
由「私たちは、新曲を・・・。新曲って言っていいのかな?」
岡「僕たちの最新の曲ですから」
由「そうですね。新曲をリリースしました」
・・・これ、ホントだったら9月30日に、リリースしたてで聴けるはずだったのにね。

由利ちゃんのこだわり(?)で、新曲『Nostargia』を、「のすたー(舌を巻く)じあ」と発音するたびに、「のるたるじあ」と訂正するおかもっち。

「七さん、どうですかこの曲は」と由利ちゃんに聞かれ、
「今日やったかな、古井さんがリハーサルの時に、前奏を半音下げて弾いてて、半音下げるとこんなにイメージが変わるんやって思った」と七さん。
客席からの「弾いて~」の声に、古井さんが、前奏の普通バージョンと、半音違いのバージョンを披露。
七さんが「かっこええやろ~」と言ってたけど、ごめん、あんまりわかんなかった・・・。

ということで、かっこいいバージョンの『Nostargia』。
この曲、実はイマイチって思ってた曲・・・。
でもやっぱりライブで聴くとかっこいいよね。
由利ちゃんの力強い声が魅力的だし、シンセもかっこいいし、ライブ向けの曲やね。

ここで、
「この曲をカラオケで歌いたい人もいると思うんですけど、歌うときのポイントは?」
と古井さんに振る由利ちゃん。
古「この曲は最初からキーが高いので、声を張って。最初さえうまく行けば歌えます」
頑張ってみます!
由「では、おかもっち。ギターでこの曲を弾きたい人もいると思うんですけど、ポイントは」
岡「まず弦を張ってください」
・・・おかもっち・・・。
由「七さん、ピアノで弾きたい場合は?」
七「この曲、珍しく休むところが多いんですよ。なので初心者でも入りやすいと思います。ポイントは無駄に弾かないこと。休むとこは休む」
あ~それ、すごいよくわかる。
休むとこは休んで弾いてみるので楽譜をくれ。

ここで唐突に、
「古井さん、Tシャツ似合ってんじゃん」
と由利ちゃん。
由「それはどこのTシャツですか」
古「これは・・・どこのTシャツでしょう」
由「12って書いてありますね」
・・・由利ちゃん、なんて答えればいいの?

ここからは恒例のファッションショー(?)タイム。
古井さんと七さんが、前に出て決めポーズ。
七さん、なんかごそごそしてると思ったら、今回の古井さんのグッズ、サングラスをかけて決めポーズ。
かっこいい~。
と思ったら。
古「UVのシールは取った方がいいと思うよ・・・」
七「これ模様やと思ってた!こんなとこにサインあるんか、って・・・」
さすが七さん!
由「気に入ってくださったら物販で」

由利ちゃん、古井さんがかけていたサングラスを指して、
由「古井さん、そのサングラスはどこで買えるんですか」
古「ネットで・・・。売店でも買えるかもしれない」
・・・古井さんのサングラスは物販じゃないらしい。

由「今回もメンバーがそれぞれグッズを作ったんですけど、七さんは今回は?」
ごそごそと何か取り出す七さん。
七「コインケースです。使用済みですが」
七さんもご愛用。
由「これはどこで買えますか」
七「物販で」

おかもっちのグッズはハンドクリーム。
「におってみますか?」と一番前のお客さんに差し出すおかもっち。
あの人めっちゃうらやましい!
由「美白効果はあるんですか?」
岡「美白効果はないです」
由「うらやましい白い肌で。美白必要ないですね」
岡「これ以上白くなると存在感がなくなる」
由「透けたりして・・・」
がんばれおかもっち!
そんなおかもっち。CG満載の『Nostargia』のPVで、白い肌に緑のライトが当たって肌にCGが映り込んでしまったらしい。
どんだけ白いんだよ・・・。

由利ちゃんのグッズはゆりっクマ。
由「こだわって作ったんですよ。綿の入れ具合とか、目の位置とか、鼻の大きさとか・・・」
岡「綿はいってんの?」
由「入ってないです!熊ですから!」
由利ちゃん、ふわふわしてるよこの熊。
由「気に入ってくださったら物販で。お手に取ったら戻せませんから。ソース二度付けお断りみたいな」
・・・なんか違う。

長いトークが終わって、ランキングに戻り、次は第6位から第4位。

第6位『last love song』
第5位『in little time』
第4位『call my name』

あ~。
こっちの方向にきちゃったわけね。
『in little time』はともかく、こうくると、この後のランキングがだいたい予想できるね・・・。

由「どれもバラードな感じですが」
と由利ちゃんが七さんに話を降ると、
七「そうそう、この頃も言ってたけど、バラードじゃなくてミディアムバラード!」
七さんのこだわりらしい。
由「この中でどれか選ぶなら?」
七「どれも捨てられない」
どれもいいよね。

由「おかもっちはこの中で選ぶなら」
岡「『call my name』は初期の頃めっちゃ練習した曲です」
由「今回は?」
岡「まぁ、しましたよ」
まぁ、しますよね。

ということで、3曲続けての演奏。
『last love song』って意外とライブであんまり歌ってなかったような気もする。
『in little time』はラストのコーラスのところが、生歌と打ち込みと混ざっててすごい重なって綺麗だった。
『call my name』は初期のライブの定番曲やね。
初期の頃はライブ行ってなかったから、ライブで聴くのこれまた久しぶりかもしれない。

演奏の後は、ファンクラブイベント恒例、抽選会コーナー。
抽選会コーナー、だんだんものが少なくなってきてる気がする・・・。
今回は、メンバー全員が1つずつ。
由利ちゃんだけが2つ。
七さんのプレゼントは、CDのジャケット写真で着てた衣装!
これめっちゃすごいやんっ。
その他は、確か、おかもっちがバングルで、由利ちゃんが手作り入浴剤で、古井さんは、なんだっけ・・・?
確か、黄色いポルシェの上で写真を撮ったとかいう・・・。

メンバー全員が順番に抽選券を引いて、当たったお客さんとちょっとずつトーク。
当たってもいないのに、当たったときのコメントを考える私。

おかもっちの順番の時、由利ちゃん、当たったお客さんに、
由「おかもっちと話す機会なんてあまりないですからね。それでは語っていただきましょう、どうぞ!」
の声と共に、流れ出すアルマゲドンのテーマ。
岡「今回俺か!」
とおかもっち。
前回の東京の時は、古井さんの時に曲がかかったらしい。
ってことは大阪後半は七さんだな・・・。

由利ちゃんの抽選の時、1人目に当たった人とのトークで、
由「・・・ちなみに、誰のファンですか?」
客「もちろん由利ちゃんです!」
由「あ~よかった~」
その時、どうしよう、次私当たって聞かれたらおかもっちって言っていいのかな・・・とか思っていたのは私だけではないはずだ。

抽選が終わり、いよいよ第3位と第2位の発表。

第3位『忘れ咲き』
第2位『夏の幻』

やっぱりこっちに来たね。
もう第1位はあれしかないね・・・。

「『夏の幻』はめっちゃ転調が多くて難しい。『忘れ咲き』は弾きやすい」
とのおかもっちに、由利ちゃん、
「岡本コーナーでやってたよね。ネットで動画が出てきたよ」
岡「え?あぁ、『歌ってみた』ってやつ?」
由「いや、おかもっちが歌ってるやつ」
・・・由利ちゃん、それは違法アップロードだよ・・・。

『忘れ咲き』は、久々に由利ちゃんのリコーダーが入って可愛い感じだった。
『夏の幻』はライブの定番中の定番やね。
この曲はさすがに立って聴きたかったなぁ。

そしてラスト、第1位。

第1位『夢みたあとで』

だよねぇ・・・。

由「この曲が第1位ですけれども、どうですか?」
七「思ったんやけど、東京の時は発表するたびにおぉ~ってなってたけど、今日のお客さん静かやね」
・・・え、それはここで言うこと?
岡「地域性があるんかな。東京と大阪で別々にランキングせなあかんかも」
由「聴き入ってくれてたんですよ」
そうですよ!ってことにしといて。

ということで、ラストは定番の『夢みたあとで』で締めてファンクラブイベント終了。
あ、なんか、ランキングが進むにつれてレポが尻すぼみに・・・。

感想としては、おもしろい試みだったし、ライブが楽しめて良かったなぁ、とは思ったんだけど、なんかもっと意外な曲がバシバシ入ってくるのかと思ったら、上位の方は定番のシングル曲ばっかりで先が読めてしまったので、ちょっと残念だったかな、と。
もっとライブで聴いたことない曲をいっぱい聴いてみたかったな。

ただ、どの曲も、ドンピシャで今自分たちが旬の曲というか、カラオケでまさに最近歌ってた曲ばっかりだったので、どの曲も口ずさめたし、それは嬉しかった。

帰りに恒例のお土産をいただいた。
今年も金太郎飴かな、と思っていたら、今年は持ち手つきのクリアファイル。
うん、これが一番、持って帰るのに邪魔だった・・・。
中にはチラシとかいろいろ入ってたけど、ガーネットのステッカーも入ってて、これは嬉しかったかも。



今回も、みんなに会えたしいろいろ話もできたし、イベントもイベント外も含めいろんなネタができて面白かった。
また次回もよろしくお願いします~。


ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。