cherry、SUPER LIGHTソロライブに行くcherry、さぁさの小部屋に行く








2011年1月29日。
『SUPER LIGHT LIVE ~extra~』参戦で、大阪のHILLSパン工場に行ってきた!

SUPER LIGHT(=GARNET CROWおかもっち)のライブといえば、7年前(そんなに前ということにびっくり!)に行った『OKAMOTO NIGHT』以来。
しかも、前回はGARNET CROWがゲストで、4曲くらいおかもっちが歌ったと思ったら後はぜんぶガーネットになってしまい、おかもっちを見に行ってがっかりした思い出があったけど、今回は『ソロライブツアー』ということで、これは絶対おかもっちがぜんぶ歌ってくれるやん!
お知らせ見たときから、これは絶対行かな!と思っていた。

しかし私は甘かった。
7年前の時は整理番号が168番で、かなり後ろの方だったんだけど、今回はゲストがガーネットとかないし、おかもっちだけならそんなに人多くないだろう、などと高をくくっていた。
大阪公演と東京公演があったんだけど、そんなに人多くないだろうし、ファンクラブ予約だからまぁ見えるだろ、と、近いからという理由で東京公演はまったく無視して大阪公演に申し込み。
(後から見たら、東京公演の方が断然見やすそうだったさ)
そしてチケットが届き、整理番号見て驚愕。
159番って!
見えないこと決定。
おかもっちごめん、そんなに人気やったんやね・・・。

まあそんなこともあったんだけど、後から聞いたら、えむしさんも大阪公演参戦だったし、なっつんさんも大阪行くとのことだったし(チケット取り損ねたらしいが無事もらえて良かったね)、うたスキ動画でしか見たことのなかったhappykanikaniさん(以下略してかにさん)にもお会いできるとのことだったので、大阪公演にして良かったと思う。

みんな会うから当日カラオケ行くことになったんだけど、せっかくの初女子会なのに、1週間ほど前から風邪か花粉症かなんだかよくわかんないけど喉を痛めて歌えない私・・・。
なんか私ねぇ、カラオケに行く!ってなると喉を痛めるのよね・・・。
ライブ3日前くらいがピークだったので、もう私ライブ行けんわ!と自暴自棄になっていた時にえむしさんからメールが来てほったらかしにする。
えむしさんゴメンナサイ。
でも、とりあえず参戦出来たから良かったわ。

当日。
なっつんさんと共に、近鉄特急で難波へ。
ひとりだと鈍行だけど、今回はぜいたくに特急~。
特急はやっぱり速いね。
なっつんさんは会ったときからなっつんさんで、特急券渡したらいきなり写真を撮り出す。
電車に乗ったら、ポテチと天むすを写真に撮ってえむしさんに送る。
やっぱり何か別次元の人だ・・・。

難波に着いた後、お昼を食べに、2009年のファンクラブイベント以来のたこ焼き屋さん、くくるへ。
そこで、どこまで書いていいのかわからんので一言で言うと、半想定内・半想定外の、かるらさん一家に遭遇。
そして、えむしさんと、はじめましてなのにはじめましてな気がしないかにさんと、かにさんのお友達とも合流し、たこ焼き三昧。
とりあえず、オールマイティたこ焼きのコーンとベーコンは微妙だよ・・・。
たこ焼きは美味しかったし、明石焼きも美味しかった~。
もちチーズ焼きは、もちチーズのたこ焼きと思って食べたらたこが入ってなくて、ん?となった。
匠の味(?)は、とろろが入ってると思ったら、切った山芋がそのまま入っててびっくりした。
たこ焼き屋のCD絶賛発売中に惹かれたなっつんさんが、CDを買おうとしたら、在庫がなかった。
絶賛発売中やないんかい!
前回はびっくりたこ焼き買って外で食べただけやったけど、お店で食べるとまた美味し。
そして関西人は一家に1台たこ焼き器があるのは本当らしいよ。
ちゃんと一家の味があるらしいよ。

その後、カラオケに。
あんまり声出んかったけど、その割には結構歌った。
最初に入った部屋が悪くてマイクが入らんかったり、鼻づまりちぇりえむコラボしたり、かにさんと(勝手に)生コラボしたり、なっつんさんに笑いすぎて喉が悪化したり、めいさんのカッコよさに酔いしれたり、かるらさんに盗作されたり、後から合流したかにさんのお友達にすごいものいただいちゃったり(許可取ってないのでここには載せられないけどすごいよ!)、みずもとさん(仮名)が可愛かったり、楽しかった~。
次回はぜひ、喉が治った時に。

P1060133.jpg

グッズ販売が17時半までということだったので、終了10分前くらいにパン工場に着いたら、既にグッズがしまわれていた。
でも、買いたいと言ったら買わせてくれた。
今回、Tシャツ2枚とペンダントがあったんだけど、Tシャツがめっちゃ気になっていた。
1枚は、『Dime La Verdad』の歌詞がプリントされたTシャツで、黒字にピンクがめっちゃ可愛かった。
でも、ぱっと見SUPER LIGHTだとわかる要素がない。
もう1枚は、SUPER LIGHTのCDジャケットに載ってるようなすごい可愛いイラストが描いてあって、『SUPER LIGHT』ってちゃんと書いてあったんだけど、色がちょっと、自分の着なさそうな色で微妙だった。
色を取るか、イラストを取るか迷ったうえ、結局両方買う。
Tシャツあんまり着ないんだけどね。
ってか、ガーネットライブでもTシャツ両方買うとかないんだけどね。
でもおかもっち好きなんだ~。Tシャツも両方欲しいんだ~。
自分が買ってすぐ後、黒の方のSが売り切れたらしい。
なんか先に買っちゃってすんません。

P1060134.jpg

なんか、写真で見るとピンクの色が薄い。

ってか、会ったみんなに聞いたら、60番台とか100番台とか、みんな自分より前ばっかりだったので、ちょっとへこむ。
でも、60番台でもあんまり見えないんだけどね・・・。
相変わらず私、名古屋以外のチケット運が悪い。
パン工場で1桁台取ってみたいわ。

会場の入り口で、相変わらず斉田さんがチケット代徴収とかをしていた。

会場に入ったら、やっぱり人がうじゃうじゃ。
えむしさんとなっつんさんはすぐ見つけたけど、50番違うと近くにも行けず。
始まるまで、なっつんさんのパンプキン帽子がモニターに映ってるのが目立ってひとりでウケた。

『Click Me PT.2』と共にサポートメンバー3人と、おかもっちが登場し、いよいよライブ開始。
ここからはネタバレ満載注意。

最初の曲は英語のカバー曲だったので、何の曲かわからんかった。
おかもっちの曲がいっぱい聴けると思っていたら、いきなりカバー曲から始まるところが、昔のパン工場ライブっぽい。
しかしおかもっち、何を歌ってもメロウボイスが素敵やね~。
カバー曲でもおかもっちの曲っぽい。

予想済みだったのでまあやっぱりなという感じだったけど、おかもっちほとんど見えず。モニターでなんとか見る。
かぶってる帽子がすごい可愛かった。

1曲目が終わったと思ったら。
「あり得ないですが、メンバー紹介します」
・・・はやっ。
今回のサポートメンバーは、ドラムのなんとかさんと、ベースが大橋さん、それと、コンピューター音を出すエンジニアみたいな人の3人。
おかもっちが、「缶を棒で叩く人」とか「4本の弦をはじく人」とかいうような紹介をしていたけど、最後の人だけ意味がわからず、みんな頭にクエスチョンマーク。
何て言ってたんやっけ・・・。
「ちょっと音を出してみましょうか」と、『sphere』のイントロを流してくれた。
あれ、それでてっきり歌ってくれると思ったけど、そういえばこの曲歌わんかったなぁ。
ちなみに、ドラムの人は
「常にハーフパンツを履いているけど、冬はさすがにくるぶしが隠れるパンツを履いてます。でも今日は短パン」
大橋さんは、
「古井さんと同じく、パンツの裾を切ったことがないらしいです」
エンジニアさんは、
「ジョージアの応募シールをいつまでも集めてる人(今欲しいものはラジコン)」
とおかもっちから紹介。

2曲目はニューアルバムから『Dime La Verdad』。
今回のグッズのTシャツにも歌詞が載ってるこの曲。
さすがに歌詞が覚えられないので一緒に歌えんかったけど、短いのにインパクトあってかっこいいね。

続いて『翼』。
めっちゃ懐かしいなぁと思いながら聴いた。
ニューアルバムよりも、以前の曲の方が馴染みがあって一緒に歌えるから嬉しい。

ここでおかもっち名言(?)。
「歌うのしんどいね・・・」
こらこらメインボーカル!

カウントダウンライブの後、実はインフルエンザにかかっていたというおかもっち。
「菌は1週間潜伏したらなくなるから、もう大丈夫やで!」としきりに弁明。
病院で検査したら、
「医者に、非常に残念ですが・・・、感染してます、と言われまして、その後は39℃の世界を体験し・・・」
予防接種は絶対受けた方がいい、・・・らしいよ。
(受けてないけど)

続いてはニューアルバムより、『海鳴り』。
今回のアルバムの中では比較的日本語歌詞が多い曲なんでね、やっぱり、日本語歌詞の曲はすっと馴染むし、いいよね。

自分的に、次のイントロが始まったときが一番、おぉ!ってなったかも。
次の曲は『静寂の間に』。
これ、おかもっちの曲の中では結構異色なテンポと雰囲気な気がするんだけど、すごい好き。
歌ってくれて嬉しい!
おかもっちの声が綺麗で素敵~。

「ここで・・・最北端は誰だ?のコーナー」
・・・なんすかそのゆるさ。
(最北端を探せやったかも。最北端は間違いない)
ライブに来た人の中で最北端から来た人に、カウントダウンのグッズ(ベスト)をプレゼントする、というもの。
何がすごいものが出てくるかと思ったらグッズだったので、出したおかもっちも
「ちょっとがっかりしたでしょ」
いやいや、そんなことはない。
っていうか、コーナー名聞いた時点で、自分絶対もらえんし。
しまった、北海道経由してこなあかんかった・・・。
最初に「関東から来た人~?」と聞かれ、この時点で既に飛ばされている岐阜県民。
その後、おもむろに紙を取り出すおかもっち。
・・・日本地図だった。
「わからん地名言われるとあかんからね」
次に、「東北から来た人?」と聞かれ、該当者が1人。
仙台からだそうな。
そして「おるかな・・・?」と言いながら「北海道から来た人~?」とおかもっち。
1人いた!
みんなすごいな・・・。
私なんてガーネットライブが名古屋でやらんだけで行くの渋ってんのに。
さすがに次の「択捉島から来た人」はおらず、北海道の人がグッズゲット。
うらやましい限りだ。
北海道の人がいたため、
「コーナーやった甲斐があった」
とおかもっち。
次は「日本の真ん中は誰だ?」とかやってくれればいけるかもよ?

このコーナーの後、
「どこまで進んだかわからんようになった」
と進行表を見るおかもっち。
このゆるさが好きだ。

続いては英語のカバー曲。
このあたりから、おかもっちが全く見えんくなって、モニターも前の人の頭で若干見えんかった・・・。

「続いて・・・お年玉コーナー」
ということで、チケットの半券をおかもっちが引いて、当たった人が何かもらえるという企画。
これ、スタッフのブログかなんかに書いてあったから楽しみにしてたんだ。
当たらんけど。
プレゼントの目玉は、サイン色紙。
ガーネットメンバーのサインかと思いきや、今回のサポートメンバーのサインだそうで、
「大橋さんなんか久々すぎてサインの書き方忘れてた」
らしい。
それから、1回目のファンクラブイベントグッズのニット帽と、ガネ☆ラジのステッカーと、ファンクラブのバッジ。
それを1名の方に、とおかもっちが言うと、お客さんから「え~」と大ブーイング。
わけてほしいとの意見に、おかもっち、
「みんな堅実やなぁ・・・」
ということで、わけて4名に。
みんな既に持っているファンクラブバッジから抽選。
何でもいいから当たれ~って思ってたけど、当たらんねぇ。
ってか、前の方の番号の人ばっかり当たってた。
途中、後ろの方の人の番号を引こうとおかもっちが箱の中身を一生懸命混ぜてたら、いくつか箱から飛び出して落ちた。
落ちた中に私の番号入ってたらどうすんだ!
かにさんのお友達がニット帽当たってた!
いいなぁ。
前の方の人なんかステッカー手渡しでもらってたし。

続いては、懐かしい曲ということで、『Res-no』。
これも久々聴いたなぁ。
ファーストシングルのc/wだから相当懐かしいよね。

続けて『Autumn Sky』。
冬なのに秋空。
この曲、おかもっちの曲の中ではあんまり気にして聴いてない曲なんやけど、ライブで聴くと、いいなぁと思う。

続いて何の曲かと思ったら、「頑張れニッポン~♪」と歌いだすおかもっち。
「今朝作った」
・・・らしい。
私あんまり知らんのやけど、サッカーのアジアカップ(?)の決勝の日やったみたい。
前日の韓国戦で、ライブがあるからあんまり叫んだらいかんのに、夜中に叫びまくっていたらしい。
こらこらメインボーカル(2回目)!
「日本強くなったと思いますよ。・・・上から目線ですけど」
とおかもっち。
「今日はテレ朝で見ます。じっくり見たい時はNHKなんやけど、楽しみたいときはテレ朝。やっぱり松木さんがいないと」
とか、サッカーについて熱く語っていた。
ちなみに決勝はオーストラリアと対戦だったらしいんだけど、
「オーストラリアってアジアか?」
・・・確かに。
せっかく作ったから、と、「頑張れニッポン~♪」の曲を再度披露。

「曲に戻りまして・・・」
と、ここからはノンストップ。
まずはニューアルバムから『Tonight』。
CDと違って、最初おかもっちのゆったりソロイントロから入って、綺麗だった。
ニューアルバムの中で結構好きな曲なので、披露してくれて嬉しかったんだけど、サビのところで、ドラムの人のコーラス?というのか、叫び声?というのか・・・、それがめっちゃ不協和音だった。
この曲の前にも、なんかの曲で不協和音が聴こえてきて、その時は気のせいかと思っていたんだけど、この曲の時はばっちりモニターにドラムの人が歌ってるのが映っていたので、気のせいじゃなかった。
何であんな歌い方なんだ・・・。
モニターをじっと見ていたんだけど、ふと前を見てみたら、おかもっちの顔が見えるようになってた!
でもぜんぶ見えたのは一瞬・・・。

続いて『No Matter What』。
もともとカバー曲としてアルバムに入ってた曲だけど、やっぱりおかもっちが歌うとおかもっちのオリジナル曲っぽくていいね。
この曲は大橋さんがコーラスしていて、コーラスも綺麗だった。

次は英語のカバー曲で、割とアップテンポな曲だったんだけど、この曲もドラムの人がコーラスしていた。
ん~、それちょっとやめてくれ・・・。

「最後の曲になりました」
とおかもっち。
え~、早いよ~。
まだ『LOST CHILD』も『It’s only love』も『Lose My Breath』も歌ってないよ!
最後は『joyride(Re:ASAP)』。
この曲、アレンジされて格段に良くなったと思う(上から目線)。
ニューアルバムの中でも大好きな曲。
覚えてるから一緒に口ずさめるし(おかもっち間違えてたけど)、すごい嬉しかった。

アンコール後、最初の曲は、イントロが始まった時点で、お!これは!って思ったんだけど、『千以上の言葉を並べても・・・』。
この曲のおかもっちバージョン久しぶりに聴いたけど、やっぱりめっちゃいい!
しかも、後奏のメロディも英語の歌詞で歌ってくれたのだけど、それがまた綺麗だった。
ガーネットのカバーは、何曲か歌うのかなと思っていたけど、この1曲だけやったね。
でも良かった!
自分的に、アンコールからエンジンがかかってテンション上がってきたかも。
遅いって自分。

「ここで、本家にならってグッズ紹介します~」
とおかもっち。
今回のグッズについて、こだわったところをいろいろ紹介。
まず、『Dime La Verdad』のTシャツについては、可愛くなりすぎないピンク色にこだわったそうで。
確かに、この黒とピンクはかなりいいよ!
「この曲さっき歌ってたときに、Tシャツ(歌ってたときおかもっちはこのTシャツ着てた)をじっと見てる人がいて、歌詞間違えんかプレッシャーやった」
なるほど、Tシャツ見て口ずさめば良かったのか!
藤色Tシャツについても、
「イラストの紫を、赤っぽい紫にするか、青っぽい紫にするかにこだわりまして。みんなギャル男やから、青っぽい紫にね、してみました」
このときこのTシャツおかもっちが着てたんだけど、おかもっちが着るとすごい可愛かった。
自分は買ってないけど、ペンダントについても、『OK』マークのKの入り具合にこだわったそうで。
「あんまり入るとサークルKになっちゃうからね」
・・・なるほど。
ここで、おかもっちのペンダントに、グッズでは売ってなかったピックが。
「これはみなさんにプレゼントしますんで、帰りにもらっていってください」
まじっすか!
そして
「その他はね、商品なんで、ぜひ物販で」
・・・お約束。
お客さんから「ポーズやって」と声がかかり、4人で前に出て決めポーズ。
「大橋さんの横やと足の長さが違うから嫌や」
とおかもっち。
それよりもおかもっち、肌、白っ。
「今日はモニターがちょっと赤みがかってるから肌が白いのあんまりわからんからいいけど」
いや、わかるし。

次はデビュー曲の披露、とのことだったんだけど、その前に、初めて自分の歌声を外で聴いた時の話題に。
「初めて自分の声を外で聴いたのが、歯医者やったんですよ。歯医者行って、大きく口開けたときに、有線かなんかで流れてきて」
歯医者でっていうのもなんかおかもっちらしいタイミング。
「想像してみてください、自分の声が聴こえてくんの!めっちゃ恥ずかしくて真っ赤になってたんやけど、歯医者さんからしたら何こいつ赤くなっとんねんって感じですよね」
そりゃそうだ。

ということで、デビュー曲『First fine day』。
デビュー曲は歌わないのかな?と思っていたんだけど、ここで来たか。
これも馴染みの曲なので、やっぱり歌ってくれて嬉しい。

続いてニューアルバムから『Lose My Breath』。
おぉ、ここで来たか!
この曲はおかもっちじゃなくてSUPER LIGHTって感じがして、すごいかっこいい。
この曲覚えてカラオケで歌ってみたいけどなぁ。
カラオケに入らないかなぁ。

次がホントに最後の曲で、『LOST CHILD』。
アンコール4曲も歌ってくれると思わんかったので、テンション最高潮。
おかもっちの曲の中で、これが一番好きだなぁ。
すごい楽しかった!

と、いうことで、あっという間にライブ終了。
1時間40分くらいのライブだったけど、ゆるくもあり、可愛くもあり、かっこよくもあり、おかもっち節炸裂で、楽しかった~。
相変わらず、アーティストとこんなに近い位置にいるのに、まともに顔も見られないのはちょっと寂しいんだけど、でも生で歌声を聴けただけですごい良かった。
おかもっちが最初から最後まで歌うライブは初めてだったので、すごい嬉しかった。

後ろの方だったので、さっさとドリンクをもらって、外でピックもらった。
ドリンクもらう時に、『予約席』っていう札がカウンターに置いてあったのが気になった。
ピックはこんな感じ~。

P1060135.jpg

どこにつけようかな。

みんなが来るまで、今回のセットリストをメモ。
ちなみに私は、ライブ中はセットリスト覚えといてライブが終わってからメモる派。
ライブ中に1曲ごとにメモってる人もたまに見かけるけど、やっぱりメモしながら見てるとライブをちゃんと楽しめない気がするので。
その時に周りにいた人たちが話していたのを聞いていたんだけど、後ろの方にメンバー来てたらしい。
古井さんとか普通にいて、お客さんが見つけて「見つかっちゃった」みたいな顔してたらしい。
もしかして、さっきの『予約席』?
知らんかった~っ。

あと、CD2枚買うとおかもっちのサインがもらえたらしい。
でも自分シングルもアルバムもぜんぶ持ってるし・・・。
なんか、自分のポリシー的に、同じCDを特典のために2枚買うとかが嫌なので、断念。
かにさんが持ってたので、写真撮らせてもらった~。

P1060132.jpg

思ったより早い時間に終わったので、余裕で帰りの電車に乗れると思っていたんだけど、なんだかんだやっていたら結構ぎりぎりになる。
急いで駅へ。
帰りのご飯を買うのに、えむしさんとかにさんとなっつんさんに付き合ってもらう。
付き合ってもらったわりに何も買えずすいません・・・。
あ、あと、かにさんのハンドルネームの由来を聞いて、意外と適当だということが判明。

結局3人と別れてから、発車5分前くらいに売店でいなり寿司を買う。
あ~、せっかく大阪来たのに。
電車に乗ったら、隣の若い女の子2人がおかもっちライブにいた人じゃないかという気がしてくる。
鶴橋で前に乗ってきた若い女の子2人が、「ライブで見えん見えんってなった~」みたいな話をしていて、おかもっちライブにいた人じゃないかという気がしてくる。
なんか、みんな同じ目的を達成したような、勝手に仲間意識(違うと思うけど)。
途中まで電車の中でライブレポを書いていたが、お年玉コーナーの後あたりで力尽きて寝る。
0時20分ごろ、家に到着。

相変わらずパン工場に行くと、あっというまでホントに自分大阪に行ったのかよくわからんくなるけど、みなさんにもお会いできたし、すごく楽しかった。
お会いしたみなさん、ありがとうございました!
またよろしく。 2011年1月21日。
名古屋では初、さぁさのワンマンライブ(アコースティック)があるということで、名古屋駅近くにあるU-reeというライブハウスに行ってきた。

名古屋では、インストアイベントは何回もやっていて見に行っていたんだけど、ライブは他のアーティストと一緒のライブばっかりだったので行ったことがなく、今回ワンマンということで、楽しみに申し込んだ。
チケットをメールで取り置き予約とのことだったので、メールしたんだけど、「ご予約ありがとうございました。」の一言のメールが返ってきただけだったので、当日まで、ホントにチケット取れてるのか心配になった・・・。
いつの間にかSOLD OUTになってたし。
これでちゃんとチケット取れてなかったら入れんやん。

当日、19時開場だったので、振替休日取って、映画見てから20分くらい前に会場へ。
初めてだったけど、結構わかりやすいところにあった。
ガラス張りになっていて中がよく見えたんだけど、あまりの小ささにびっくりした。
目分量なのでわからんけど、普通に10畳くらいの部屋くらい?
中から椅子の数も数えてみたけど、20くらいしかなかったような。
さぁさが歌うところらしきスタンドマイクが置いてあったんだけど、お客さんとの距離、めっちゃ近い。
雰囲気は、壁にギターがかかっていていい感じだった。

チケットどうすればいいのかとかよくわかんなかったんだけど、8人くらい並んでいたので、その後ろにとりあえず並ぶ。
なんか、いちばん前の人が段ボール箱をずっと持ってて、何だろうと思っていた。

並んでいたら、後ろからたったっと駆けてくる足音がしたので、なんかしらんけど急いでる人がおるんやなぁとか思っていたら、後ろから「どうもありがとうございます~」と声。
さぁさと車谷さんやった!
他の人静かなのにひとりで「あっ」とか声をあげてしまった・・・。
その後、ガラス張りなので、ふたりがなんか準備してるのがよく見えた。

19時開場。
車谷さんが受付をし、さぁさが自らなんか渡すというなんかあり得ない状況に、入る前からドキドキ。
だってガラス張りでぜんぶ見えるんだもんよ。

入って早々、さぁさにこれをいただいた!

P1060113.jpg

直筆!
しかも、シールとかも手で貼ったっぽい手の込みよう。
これは嬉しい。
しかも何かと思ったら、カイロやった。
「外寒いのでプレゼント」だそうな。
すごい可愛い。
ちなみに、カイロはロッテのホカロンと桐灰はるの2種類あったそうな。
自分がもらったのはホカロン。
受付も、名前を言ったらすぐ入れた。
ちゃんと取り置きされてたらしい。良かった。

1オーダー制だったので飲み物を頼んだんだけど、寒かったので紅茶に。
あんまり近いと恥ずかしくてまともに見られないので、さぁさから見て左の方の、横から見える位置にしようと思っていたんだけど、紅茶が来るまでに埋まる。
そして、なるべく遠くに行こうと思っていたのに、人が次々入ってきて奥へ行けなかったので、なぜかさぁさの正面(マイクの向きからすると斜め前あたり)に座ることになる。
なんか、思ってることとやってることが違う気がする~。

並んでる時いちばん前だった人が持っていた段ボール箱が何かと思っていたら、いつの間にか質問ボックスになっていた。
さぁさの似顔絵と、「なんでも聞いてや~」の文字。
どうも、前日にさぁさが質問募集しますと言っていたのを聞いて、ファンの人が質問ボックスを作ったらしい。
なんかすごいな。
受付時に渡された短冊みたいな紙に質問を書いて入れてということだったので、質問を考えてみたんだけど、なんかぜんぜんいいのが思いつかず、断念。
今だったらいろいろ思い浮かぶのになぁ。

今回のライブは、2ステージ制で、1部が19時半から、2部が20時10分からだった。
19時半、1部のステージが開始。
さぁさ、スタンドマイクの前に立ったとたん、「近っ」。
うん、近いよね。
やっぱりマイクの向き通り、ちょっと斜めを向いていたので、とりあえず一安心。
目が合うとどぎまぎしちゃうからね。

ライブ前にさぁさから、
「始まる前にこんなこと言うのも何なんですが、声帯を痛めてしまいまして、あまり声が出ないんですけど、今日の120%で頑張ります」
との挨拶。

1曲目は『ハローハローハロー』。
この曲は、ライブの最初の定番曲やね。
声が大丈夫なのかなと思ったけど、綺麗な歌声だった。
私はいつもライブは聴きながら口ずさむ人なので(声は出してないよ)、一緒に口ずさむ。

さぁさから、「プチワンマンさぁさの小部屋vol.1へようこそ~」と紹介。
そういう名前だったらしい。
小部屋って可愛いね。

続いて、『ナンバーワン』。
この曲、CDだと結構アップテンポだけど、アコースティックだと、なんていうか、ぽんぽん弾む感じでこれまた可愛かった。
生で歌ってるの聴いたの初めてやし。
いいね~。

「今日は関西からも来てくださっているそうで」とさぁさ。
「名古屋・・・というか、愛知県以外から来た人~」と聞かれ、岐阜県だから隣だしぜんぜん近いけど、一応県外なのでちっちゃく手を挙げる。
結構県外の人いた。みんなすごいね~。
「すごいですね~。今日平日なのに」
確かに。

次は、4年ぶりのめっちゃレアな曲、ということで、インディーズアルバムにも入っていない『てのひらで』。
まさかCDにも入っていない曲まで披露してくれるとは。
結構軽快な曲で良かった。
途中、歌詞を忘れたみたいで「どうしよう~」とか言ってるところがめっちゃ可愛い。

続いて、質問ボックスからの質問コーナー。
お客さんの「何が出るかな♪」の声とともに、ボックスから質問の紙を引く。
最初の紙は、質問がいっぱい書いてあったみたいで、
「めっちゃいっぱいある。1から5までどれがいい?」
とお客さんのひとりに聞いていた。
そして当たった番号見て、「良かった。まともな質問だ」とさぁさ。
他の番号は何やったんやろう。
「尊敬するアーティストは?」ということで、さぁさの答えは「松任谷由実さん」。
ちょっと意外やったかも。
「車谷さんにも質問ありますよ」とさぁさ。
「僕なんて聞きたくないでしょ~」との車谷さんに、お客さんから「聞きたい~」。
車谷さんへの質問は、「小さい頃なりたかった職業は?」ということで、「警察官」だそうな。

次の質問は、「知ってる名古屋弁」。
ということで、さぁさの答えは「今日はめっちゃ寒い・・・だがや」。
名古屋人じゃないけど、なんかそれは違う。
お客さんが名古屋弁指導して、「やっとかめ」とかも教えていた。

そうそう、今回のライブ、さぁさとお客さんとの距離がめっちゃ近いこともあってか、結構、お客さんが友達感覚でさぁさにいろいろ話しかけていた。
自分的には、アーティストは、自分よりちょっと高い位置にいる感じというか、手の届かない存在として見ていたい気がするので、若干そのノリについていけないところもあったりした。

続いて、エンジニアの人を見て、「あ、そうやった」とウクレレに持ち替えるさぁさ。
なんか忘れてたらしい。
「学園祭のノリやなぁ・・・」とポツリ。
続いては『金魚のうた』。
最初間違えてもう1回歌いなおすところも、なんかさぁさらしくていいと思う。

この曲後、
「結構一緒に口ずさんでくれてる人がいるんですけど、声が聴こえてこないんですよね。声出していいですよ」
とさぁさ。
ん?目は合ってないと思って安心していたが、もしかしてその中に自分も入ってたり?
いやでも、さぁさの歌声ちゃんと聴きたいから、自分声出すとか無理。

続いて『ドライブをしよう』。
この曲も、インディーズアルバムにも入っていない知らない曲だった。
レアな曲もどんどんやるんやなぁ。びっくり。
途中の歌詞で、「免許を取らないのは隣にいたいから」的なことを言っていて、可愛いなぁと思った。

ここで、1部は終了。
お客さんは、思い思いにオーダーしたりとか、いろいろ。
自分は1部のメモを取る。
私の目分量ほど当てにならんもんはないけど、ざっと見渡した限りお客さんも30人くらいやったんやないかな。
すごい貴重なライブな気がする。

2部に入り、再び出てきたさぁさ。
しかしこのお店、店員さんがエンジニアもやって食べ物とかも作って、って感じなので、まだオーダーを聞いていた店員さんを見て、さぁさ、「忙しそう」と座って待つ。
謙虚な人だ。

その後、エンジニアさんも戻ってきて、2部が開始。
「みんなもっと飲むかと思ったら、意外とコーヒーカップが目立ちますね」
とさぁさ。
だって寒かったんだもん。
「ちょっと早いけど、せっかくこれ(質問ボックス)があるので遊びたいと思います」
ということで、再び質問コーナー。

最初の質問は、「さぁさの笑顔の源は?」。
この質問にさぁさ、「ホルモン」と答えたので、女性ホルモンかと思った私・・・。
「ホルモンを食べると笑顔になります」
だそうで。
あ、そういうことか。

続いて「好きな色は?」ということで、答えは紫。
私もちっちゃいころ紫好きだったなぁ。
紫が好きで買ってたら、全身紫になってしまったらしいさぁさ。
私も気付いたら全身ピンクだったことあるよ・・・。

続いて、「服はいつもどこで買っているのか?」。
「よくぞ聞いてくれました」とさぁさ。
お店の名前を綴りまで教えてくれたけど、メモってなかったからわからん・・・。
でも、さぁさは服もいつも可愛いよね。

最後の質問は、「これまでのライブで面白かったエピソード」。
何があったっけ?と考えるさぁさに、いちばん前のお客さんが何やらジェスチャーして、「あぁ!」とさぁさ。
いつもイベントは車谷さんとやっていて、車谷さんがカフォーン叩いてる(ちなみにカフォーンはこのときエンジニアさんの椅子になっていた)んだけど、その時はシンバルもあったらしく、シンバル叩いた瞬間に、ころころとステージから転がっていったらしい。
それ見てみたかったわ・・・。

続いてさぁさ、ウクレレに持ち替えた後、「1月生まれの人いますか?」。
お客さん4人が手を挙げたと思ったら、ひとりひとりの名前を聞いて、ハッピーバースデーを歌い出すさぁさ。
「ハッピーバースデーディア♪」のところで、4人の名前を言って、それから「車谷さん~♪」とさぁさ。
なるほど、それが言いたかったのか。
それにしても1月生まれの人めっちゃいいやん。
6月の時もぜひやってください!
歌い終わってさっさとウクレレを片づけ、
「好き勝手やってますけどこんなんでいいですか?」
とさぁさ。
いいと思います!

続いて、『トワイライト*』。
この曲、インストアライブでもたまに歌ってくれるけど、すごい切ない感じがさぁさの可愛い声に合ってて、聴き入ってしまった。
でも最後で声が出ず、歌途中で「ゴメンナサイ!」とさぁさ。
いえいえ、大丈夫ですから。

その後、
「また好き勝手やっていいですか?」
とさぁさ。
「今日急に決めたんですけど」
と、スピッツの「チェリー」のカバーを披露。
「お客さんも知ってる歌やからみんな歌ってください」
ということで、みんなで歌ってなんかこれがいちばん盛り上がったかも。
この曲さぁさにめっちゃ似合うね。

その後、声帯を痛めていきつけの耳鼻咽喉科に行った時の話に。
すごいいい先生みたいで、
「1週間は歌っちゃダメと言われて、ちびまる子ちゃんのガーンみたいな、縦線入った感じになってたんですけど」
とさぁさ。
「3日後に歌わなあかんのです!って言ったら、ぽんと肩を叩いて、『なんとかなるように薬出しますから』って言われて、そんときにすごい涙が溢れて来たんです」
と話しながらも泣きそうなさぁさに、聞いてる方もちょっとじーんとした。
そんなヒーローな先生に、続いての曲は『MY HERO』『VOICE』と続き、どちらも感動的だった。

「最後の曲になりました」とさぁさ。
お客さんの「え~っ」の声に、
「ホンマに~?こんなゆるゆるなのに」。
ホンマホンマ。
最後の曲は『リセット』。
「笑って、迷って、笑って♪」のところをみんなで歌って、ライブは終了。

と思ったら、お客さんのアンコールの拍手が始まった途端、
「めっちゃ早いけど、は~い」
はやっ。

さぁさの小部屋的なことは、これからどんどんやっていきたいというさぁさ。
今回のライブはその第1回。
「ホンマは最初は地元でやるもんやと思うんやけど」
とさぁさ。
いやいや、名古屋でやってくれてすごい嬉しいよ~。

アンコール曲は『パ・パリラ』。
この曲も、『る。るる。パ・パリラ』のところをみんなで歌って楽しかった。

これで今度こそライブ終了、と、さぁさも最後の挨拶をしたのだが、拍手が鳴りやまず、
「え、ちょっと待って待って!違うの違うの」
とさぁさ。
何が違うんだ~。
エンジニアの人も拍手してて、もう1曲披露することに。
「何がいい?」と聞かれ、最初に声が挙がった『ドラマチック』に、
「結構声はる歌を言うなぁ」
とさぁさ。
何曲か自分でも挙げていたけど、最初にリクエストのあった『ドラマチック』を歌うことに。
サビの高いところで声が震えて、歌いながら「めっちゃ頑張った!」とか言っているところが可愛い。

今度こそ拍手も止まって(というかさぁさが静めた)、ライブが終了。

物販とさぁさが出口のところで待っていたので、人が並ぶ前にサインをもらおう、と思い、早めに出ることに。
物販にカレンダーがあって、買うかどうかすごい迷ったんだけど、買っても貼るところがなかったし(去年中に売ってれば買ったのに!)、それにサインもらうのも大変そうだったので、やめて、持ってきたCDにサインをもらった。
思い切って「『ドライブをしよう』とかはCDになってないんですか?」と聞いてみたんだけど、まだなってないらしい。
なってたら絶対買うのに。
そこで「ぜひCDにしてください!」とまで言えないところが私・・・。
サインを書きながらさぁさに、
「ありがとうございます、たくさん口ずさんでくださって」
と言われる。
・・・見られてないと思ってたのに、めっちゃ見られてた!
びっくり。
ということで、もらったサイン。

P1060114.jpg

ちなみに前回歌詞カードにしてもらって、今回CDにしてもらったので、2つサイン付き。

2時間たっぷり、さぁさの音楽を楽しめたし、さぁさの歌声だけじゃなくて、しぐさとか、進行の仕方とか、いろいろがホントに可愛くて、大満足のライブだった。
またぜひ名古屋でやってほしいな~。


ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ