スポンサーサイトcherry、GARNET CROWスペシャルコンサートに行く








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年8月26日。
GARNET CROWの一夜限りのスペシャルコンサート、「Symphonic Concert2010 ~All Lovers~」に行ってきた。

このコンサート、東京の国際フォーラムで一夜限りの上、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団とのコラボコンサートとのこと。
東京なんたら管弦楽団は知らないけど(失礼)、オーケストラとガーネットのコラボなんていう面白そうな企画、東京だろうがどこだろうが絶対見たい!
(とか言って、もっと遠かったら諦めてると思うけど)

・・・と思ったら、思いっきり平日(木曜日)やないの。
いやいやでも、有休取れば行けるじゃん。
・・・と思ったら、思いっきり客先のシステムの本番稼働日と重なってるやないの。
なんかこんなんばっかり・・・。

でもどうしても行きたい私。
当日午後半休を取って、新幹線で行く計画を立てる。
もし客先から不具合の連絡があったとしても、最悪16時半までに会社を出られれば、ギリギリ19時の開演に間に合うので、もし何かあったらそうしよう。
そしてコンサート後は、夜行バスで帰って、そのまま会社に行く計画を立てる。

・・・という計画を課長に話したら「はぁ~?」と言われる。
(否定の意味じゃなくて、呆れられてる・・・)
まあともかく、許可をもらう。

その後、よほど不憫に思われたのか、課長から次の日の午前半休許可をもらう。
何事もなければ、だけど。

とりあえず計画も立てて準備万端にしていたところ、チケット到着。
あ、そうそう、今回からなのか今回だけなのかわからんけど、チケットが1人4枚まで取れるようになってた!
いつも2枚までだから、会社のお2人と一緒に取れなかったんだよね・・・。
ということで、3枚申し込んだわけだけど、

『1階44列』

って、後ろ過ぎっ。
後ろから4番目・・・。
2階席の前列の方がまだよく見えるんじゃないかっていう・・・。
でも今回は、3人で一緒に見られるのが嬉しいから、良しとしよう。

そして当日、8月26日。

実は当日まで、テンション上がってなかったんだけど、朝起きたら急にテンション上がってくる。
もう、行く気満々。
だけど、行くのは東京じゃなくて会社・・・。

午前中にやることをさっさと片づけて午後半休しようと思っていたら、10時頃客先からちっちゃい不具合のメールが来てちょっと焦る。
しかし、何とか無事終わり、13時45分、退社。
14時30分の新幹線に揺られながら、今ここまでのレポ執筆中。
なんか、さっきまで仕事してたんだよなぁ、私。
仕事頼んできた子にお土産買っていかんと・・・。

と、いうことで、ここからは家に帰ってから書いたレポ。

16時15分、東京に到着。
さすが新幹線、速いね。

えむしさん、背番号7さんと、どこかで落ち合ってお茶でもしようという話になっていたんだけど、まずその前に、とんぼ返りだろうがなんだろうがご当地キティは探しに行く。
東京駅の地下で、ご当地キティと、後輩のお土産にフジテレビショップでチョッパーのお菓子を買って、いざ、国際フォーラムへ。
方向音痴だけど、とりあえず、背番号7さんから有楽町方面へ行けとのお達しがあったので、そっちへ歩く。
でも東京駅挟んで逆側に出ちゃったから、遠回りした上にめっちゃ暑かった・・・。
なにはともあれ、無事国際フォーラムに到着。
それが16時45分頃。
2人はどこかなぁと思いながらグッズの列を探してたら、えむしさんから、17時過ぎになるとのメールが。
さらに、背番号7さんから、17時半頃になるとのメールが。
あれ、結局いちばん早く着いちゃった・・・。

グッズの列が意外と人いるなぁと思いながら見てたら、会社のTさんから、グッズの列に並んでます、とのメール。
ほどなくTさんを発見。
そして私も、まだ誰も来なさそうなので列に並ぶ。
この時は、15分くらいで買えると思っていた私。
だいぶ進んだので、もうそろそろかな、とか思いながら角になっていたところを曲がったら、その先にまだかなり並んでいることが発覚。
しかもグッズ売り場は、2階へ上がった先にあることが発覚。
・・・ちゃんと列がどこまでか見てから並べよ自分。
今回、グッズを買おうと思って並んでたわけじゃなくて、見て良さそうだったら買おう、くらいの感じだったんだよね。
扇子が気になってたんだけど、写真じゃどんな感じなのかわからんし。
ってか、並んでるところに、グッズの見本くらい置いといてほしいなぁ。
2階へ上がらないとグッズもどんなんか見られないのは不便。
まだまだ先は長そうだと思いながら並んでいたら、今度は会社のKさんから電話が。
右を向いてみたら、TさんとKさんがいた。
そして衝撃の事実。
Tさんの前でグッズ販売終わったらしい。
え、みんなそんなこと知らずに並んでるんだけど。

ちょっと余談。
Tさんは現在東京に常駐してるんだけど、今回は前日に1回名古屋に帰って、家族を連れて夜に車でまた東京に来たらしい。
そしてディズニーランドに行って、途中で家族を置き去りに、自分だけこっちに来たとか(ディズニー土産もらった)。
Kさんは、青春18切符で東京に来て、次の日は新潟、その次は長野に行って帰ってくるらしい。
2人とも、ツワモノだ・・・。

たぶんこのまま並んでれば18時の開場時間に入れるんだろうけど、ひとりで並んでても仕方ないので、結局列を抜ける。
Tさん、Kさんと合流。
その後、えむしさんとも無事合流。
なんかお茶飲むにも微妙な時間になってしまったし、グッズも見たいので、また列に並ぶ。
このころにはもう結構列が出来ていて、外まで並んでいたので、自分たちも外に並んだけど、とりあえず、暑い。
そして途中で、『グッズ販売列最後尾』の看板が『入場列最後尾』に変わっていた。

いっぱい並んでたからちょっと早めに開場するかと思ってたんだけど、結局18時きっかりくらいに開場。
でも、そこからはわりとすんなり入れた。
さっきのグッズ並んでたときのぐだぐだな進み方はなんだったんだ。
グッズ売り場も比較的空いていたので、並ぶ。
が、肝心の扇子の見本が置いてない。
見てから買いたいのに・・・。
でも、一緒に並んでいたえむしさん、「なんか勢いで買っちゃいそう」。
同じく。
そして、並んでるうちに、携帯チャームもほしくなってくる。
付けるとこないんだけどね。
むしろ、扇子も使うときないんだけどね。

売り場までたどり着いたので、ないと思いながらも、一応、「扇子の見本ありますか?」と聞いてみる。
無いって言われたら買っちゃおうと思っていたのに、なんかわざわざ箱から出してきてくれた。
後ろに並んでた人たち、時間かけてゴメンナサイ・・・。
見せてもらったら、ぱっと見た感じ紙製っぽくてちょっとちゃっちいかな、と思ったんだけど、そこまでしてもらったので結局買う。
ピンク見せてもらったのにブラウン買ってゴメンナサイ・・・。
そして結局、携帯チャームも買う。

ということで、今回買ったグッズ。

P1050300.jpg


今回パンフレットなかったなぁ。
携帯チャーム可愛い。何に付けよう・・・。
カバンに分散して付けようかな・・・。
そして扇子は、ちゃっちいかと思ってたんだけど、ちゃんと見たら布製で結構しっかりしたやつだった。
『GARNET CROW』って書いてなかったら普通の扇子だけど。
この写真だとどこに『GARNET CROW』って書いてあるのかよくわからんし。
なんだか写真と実物で色がずいぶん変わっちゃったし。
でも結構いい感じ。
これもどこで使おうか・・・。

この後、グッズを大量買いしていた背番号7さんとも無事合流。
開演10分前くらいに、会場内に入る。
ってか、えむしさん、前から10列目って羨ましすぎ。
そういえば、今回、当日券も販売していて、結構人が並んでいた。
ということは、そんなにめちゃめちゃ応募が多かったわけでもないんかな。
でも後ろから4列目なんやけど。

会場内に入ると、思ったよりも視界良好。
後ろに行くにつれてかなり段差があるので、後ろの方でも見やすい。
もっと右の方かと思ったら、結構真ん中だったし。
でもやっぱり、2階席の方がせり出してるので、この場所より2階席の前列の方が見やすそう。

19時過ぎ、いよいよコンサートが開始。

まずは、音楽監督の藤原いくろうさんと、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の皆さんが登場。
そしてさっそく演奏開始。
バックにガーネットの写真が映し出されながらの演奏。
ん、なんだ、この聞き覚えのあるメロディは・・・?
と思ったら、『忘れ咲き』!
自分の知っている曲を、オーケストラで聴くって、面白いね。
初っ端から感動だ。
『忘れ咲き』の演奏が終わるころ、七さん、おかもっち、古井さんが登場。
そして最後に登場した由利ちゃん。
赤ドレス!!!
フォーマルな感じでくるんだろうなとは思ってたけど、赤ドレスだよ!
でも、ちっちゃくてよく見えない~。
双眼鏡持ってきてよかった。
由利ちゃん、ゴージャス赤ドレスに、ネックレスや髪型もすごく綺麗で、まあとにかく美しすぎだ。
素敵~。
あ、しまった。由利ちゃんを見すぎて、他の3人あんまりチェックしてなかった・・・。

メンバーも登場し、次に始まった曲は・・・あれ?『カルメン』やん。
でも、『カルメン』に混ざって、聞き覚えのあるイントロ。
『涙のイエスタデー』だ!
クラシックとガーネットの融合だよ。すごいっ。
というか、ゆったりした曲ばっかりなのかな、と思っていたら、2曲目から『涙のイエスタデー』きたので、それもびっくり。
でも、テンポの早い曲でも、オーケストラと合ってていい感じ。
途中途中に入る『カルメン』がまた素敵。

続いての曲は『The first cry』。
あ、先に言っておくと、ガーネットの曲、どれもかなりオーケストラに合う、というか、オーケストラが上手くガーネットに合わせてある、というか、とにかくどの曲もすごくいい感じで、どれを聴いても感動した。
この曲もすごく良かった。
イントロ聴いて、最初何の曲かわかんないんだけど、途中でピンと来た時の感動もあるね。
由利ちゃんがそれを歌いだすと、あ、やっぱりこれだった!みたいな。

ここで、由利ちゃんから挨拶があり、藤原さんと管弦楽団の皆さんの紹介。
由利ちゃんのトークも、ちょっと厳かな感じ。
『東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団』を噛まないかとちょっとひやひやしたけど。
どうでもいいけど、途中途中で、客席の左の方でやたらと「七様~っ」って叫んでた人がいて、ちょっとひいた・・・。

次の曲は『Live is a Bird』。
この曲は、コンセプトアルバム『All Lovers』にも入ってない曲だったので、結構意外だったかも。
こういうゆったりめの曲は、やっぱりオーケストラでもすごく馴染みやすい気がする。

『今宵エデンの片隅で』。
これは『涙のイエスタデー』に続き、かなり意外だった曲。
ライブではよく披露されるけど、いつもCDよりかなりテンポ速いし。
今回はオーケストラバージョンなのでちょっとゆったりめで、由利ちゃんの歌い方もオーケストラ寄りの歌い方ですごく新鮮。
こういうのもいいね。

『水のない晴れた海へ』。
これもライブの定番曲だけど、オーケストラバージョン、めっちゃかっこいい!!
オーケストラバージョンはピアノがメインではなくて、間奏でおかもっちのギターソロが入ったんだけど、おかもっち、めっちゃかっこいい!!
水の底から湧き上がってくる感じの、ずんずんっていうストリングスもかっこいい。

ここで、メンバー3人ははけて、由利ちゃんだけが残り、由利ちゃんのソロで『夢みたあとで』。
このアレンジ、すごくやさしくて綺麗なアレンジで、素敵だった。
ホントにどの曲を聴いてもすごく感動。
・・・は、いいんだけど、このあたりから、ちょっとした危機が。
すごく視界良好だったのに、前にいる人が座高が高くて、ちょっと背筋を伸ばされると由利ちゃんがすっぽり隠れちゃう!

『夢みたあとで』の曲後、おかもっちが再登場。
そして管弦楽団の皆さんの一部が退場。

「ここからは、小編成のスタイルでお送りしたいと思うんですが、GARNET CROWにも、小編成のスタイルがありまして」
ということで、ここからはMINIQLOのコーナー。
ミニクロの名前の由来にて、由利ちゃん、
「今大人気のユニクロにあやかり、日本初上陸のアバクロにあやかり・・・」
・・・由利ちゃん、それこの前も聞いたよ。
と思ったら、おかもっち、すかさず
「まだひっぱりますか」
・・・ナイス。

ということで、小編成スタイルで、『もう一度 笑って』。
この曲久々に聴いたかも。
小編成スタイルとは言っても、オーケストラの壮大さは健在で、このバージョンもすごく良かった。

続いておかもっちから、
「次の曲はミニクロのアルバムにも入ってる曲で、なんちゃってストリングスが入ってるんですが、今回は本物のオーケストラで」
ということで、『Holy ground』。
この曲も、いろんなバージョンがあるけど、オーケストラバージョンもいいね。
最後の由利ちゃんのタメが、オーケストラに合わせるためなのか、ちょっとあっさりめだった。

「早いもので、このコーナー最後の曲になってしまいました」
・・・え~。
「ドラマティックでスリリングなアレンジに仕上がっています」とのことで、ミニクロコーナー最後は『花は咲いて ただ揺れて』。
スリリングなアレンジかどうかはわからんけど、結構重厚な感じで、小編成だけど壮大な感じがして良かった。

最後に、やっぱりガーネットの時より深いお辞儀をして、ミニクロ退場、藤原さんと管弦楽団の皆さんも退場し、あるとは思ってたけど、15分間の休憩。
ちょうどいいので、その間に、ここまでの曲目をメモ。
ここまで、かなりの感動で、第2部が楽しみだなぁ~と思いながら時計を見たら、もう1時間30分経っていた。
まだ1時間くらいのつもりだったのに、時間が経つの結構早い。
そして、前の人で由利ちゃんが隠れて困っていたところ、なぜか、自分たちの左側の座席が3つ空いていたことが発覚。
これは何の間だ・・・?
まあとにかく、左側にずれて、由利ちゃんが見えない問題解消。

次は何の曲をやってくれるのかな~なんて、わくわくしながら待っていると程なく第2部が開始。
・・・が、あれ?ガーネットメンバーしか出てこない?
と思っているうちに、始まったのは『やさしい雨』。
サポートメンバー2人が左の隅で演奏して、あとはガーネットのみ。
ん~と、普通に流れでここへ来たならまだ良かったかも知れんけど、休憩を挟んだことも影響してか、なんかかなり、期待を裏切られた気分なんだけど。
オーケストラ聴く気満々だったので、正直ちょっと物足りなかった・・・。
このときには、メンバーの衣装が既に変わっていて、由利ちゃんは白地に黒の花柄(だったかな?)のマキシ丈ワンピで登場。

ところで、サポートメンバーのドラムの人は誰だ?いつものくどい人と違うよなぁ。
と、ここで、由利ちゃんからサポートメンバーの紹介。
ドラム、リーダー車谷さん!!
そしてベース麻井くん!!
2人とも、こんなところで会えるとはっ。
ちょっとテンション上がった。

続いての曲も、コンセプトアルバム『All Lovers』から。
由利ちゃん、「どんなアレンジですか?」との問いに、古井さん、
「オリジナルよりゆるやかなテンポで、歌詞の中に突風というのが出てきますが、突風というよりさわやかな風のイメージです」
ということで、次の曲・・・。
・・・間。
由利ちゃん、古井さんをじっと見て、「・・・曲振りをどうぞ」。
古井さんの曲振り(珍しい)で、『恋することしか出来ないみたいに』。
このアレンジは結構面白いよね。さわやかな風っていうか、南国っぽい。
と、ここで、前の方のお客さんが立ち始める。
え、立つのか。
前のお客さんが立つと見えないので、仕方なく自分も立つ。
なんかこう、座ってじっくり聴きたい気分だったんだけど。
ってか、席ずれたのに結局意味ないし・・・。

「今日は晴れたので、こんな夜空が見られると思います」ということで続いては『Love Lone Star』。
さっき立ってしまったので、結局ずっと立って聴くはめに。
この曲こそ、座ってじっくり聴きたいやん・・・。
この曲オーケストラバージョンやったらすごい壮大でいいと思うんだけどなぁ。

続いてのトークは10周年トーク。
由利ちゃん、
「私たちGARNET CROWはデビュー10周年を迎えましたが、振り返って、どうですか?」
10周年、振り返り過ぎじゃないかい?
古井さんに話が振られ、話すこと考えるのが大変じゃないかと思っていたら、古井さん、
「逆にどうですか?」
・・・ナイス。
由利ちゃん「逆きた」
おかもっち「常套手段です」
そういえば、由利ちゃんいつも人に振っといて自分答えないよね。
答えてくれるのかと思いきや、由利ちゃんそれには答えず、次の質問、
「今年の夏の思い出は?」
と今度は七さんに無茶振り。
七さん、「・・・何かありましたか?」
がんばれ七さん。
七さん「夏は、リハーサル始まったよね」
由利ちゃん「思い出はリハーサルで」
七さん「いやいや、今日やん」
そして話は古井さんへ。
由利ちゃん「古井さんは、・・・海には行かない派ですか」
お客さん爆笑。うん、行かなさそうだよ。
古井さん「そうですね。比較的・・・、行かない派です」
由利ちゃん「おかもっちも行かない派ですか」
お客さんまたもや爆笑。
「色が白いので。こんな白いのがビーチにいたら申し訳ない」とおかもっち。
ここでおかもっち、
「でも、昔は色が白いから半袖になるの恥ずかしかったんだけど、10年経って、色が白いのが気にならなくなった」
と、何気に10周年もついでに振り返ってるナイストーク。

続いては、「よい週末を迎えられるように」とのことで、『WEEKEND』。
この曲ライブで歌うのって珍しくないっけ?
ちょっと新鮮な感じ。

次は『Over Drive』。
前回聴いたときは発売前だったから一緒に歌えなかったけど、今回はばっちり歌えたし、強制ワイパーも自発的ワイパーになっていた。

「早いもので、次の曲で最後になってしまいました」と由利ちゃん。
え~、結局オーケストラは第1部だけか・・・。
ちょっと物足りなさを感じていたところ、
「最後の曲はもう一度オーケストラの皆さんと一緒に演奏したいと思います」
ということで、藤原さんと管弦楽団の皆さんが再登場。
良かった良かった。
そして最後の曲は、新曲『空に花火』。
曲振りがあって、始まるのかと思いきや、由利ちゃん、
「・・・チューニングの方ですね」
どうでもいいけど、チューニング中にまた「七様~」とか掛け声かけてるのも自分的にはちょっと・・・。
静かに待ってよ、って思っちゃうんだけど。
『空に花火』は、ドラムが入っていたこともあり、わりと原曲に忠実な感じがした。
でもやっぱり、オーケストラとのコラボが素敵。

メンバーと藤原さんがはけて、管弦楽団の皆さんだけが残り、アンコール。
拍手してるうちにすぐ出てくると思っていたら、結構長くて、途中からガーネットコールになった。

ようやく出てきたメンバーは、今回のグッズのTシャツ姿。
まさかTシャツで来るとは、意外。

七さんが定位置ではなく、真ん中のグランドピアノに座り、七さんのソロから曲開始。
何の曲かな~と思って聴いていると、聞き覚えのあるイントロ。
これは、『Mr.Holiday』だ!
この曲のオーケストラバージョンが聴けるとは思ってなかったので、すごいドキドキ。
と思っていたら、客席から手拍子が。
え、ちょっと待って、オーケストラ聴こえないんだけど!
と思っていたら、前の方からお客さんが立ち始める。
え、ちょっとちょっと、座ってじっくり聴きたいんだけど!
でも前の人が立ったら見えないので、結局自分も立つ。
聴き方は人それぞれだから、どうこう言うべきではないとは思うんだけど、じっくりと聞き入りたかった私としては、なんかライブ乗りになっちゃってあんまりオーケストラに入り込めなかったのがすごく残念。
せっかくの『Mr.Holiday』だったのに・・・。
途中で拍手をやめてみたけど、自分が拍手をやめたくらいで演奏が聞こえるはずもなく。

そして、アンコールありがとうございますトーク。
「今日のライブはどうでしたか?」と由利ちゃん。
古井さん「ここで演奏するとすごく気持ちいいんですよ。そっち(客席)は知らないけど」
こっちも気持ち良かったよ。
七さん「『水のない(晴れた海へ)』のギターソロが良かった」
同感!
おかもっち「ビオラの音がすごく良くて、浅井くんと2人でビオラええなぁええなぁって言ってたんですよ」
由利ちゃんすかさず、「ビオラ、綺麗なお姉さんですけど」
おかもっち、無言。

ここで、「古井さん今日もTシャツ似合いますね」と、なんだかいつの間にか恒例のファッションショーに。
まずは古井さんが前でポーズ。そして続いて七さんがポーズ。
続いておかもっちの番になり、後ろで待ちぼうけを食らっていた管弦楽団の皆さんに、おかもっち、
「すいませんねぇ、しばらくお付き合いください・・・」
客席から、「ポーズは?」と声がかかり、由利ちゃん、
「あ、ポーズね。古井さんさっきやったから3人でやろっか」
いや、七さんもさっきやったよ・・・。
でも結局七さんも加わり、3人でポーズ。
由利ちゃん、古井さんがちょっと混ざりたそうだったよ・・・。

そして次が、ホントにホントに最後の曲。
「最後はみんなで一緒に盛り上がりたいと思います」
と由利ちゃんが言うので、まさかのオーケストラ『スパイラル』かと思った・・・。
最後の曲は、『二人のロケット』。
結局立ったままだったので、この曲も立って聴くことに。そしてまた手拍子でオーケストラが聴こえないという悲しい事態に。
サビでみんなワイパーやってたけど、これだけは頑なに拒否。
(あ、しまった、だからB型は・・・って言われるんだ)
じっくり聴けないのは残念だけど、最後の曲だし、これでようやく『二人のロケット』の2番が聴けるよ、と思っていたら、まさかの2番省略。
・・・今回いちばんの消化不良。

コンサートが終了し、ガーネットメンバーがはけると、藤原さんがすかさず、もう1回出てこいの手拍子。
こういうところはオーケストラのコンサートっぽいよね。
メンバーが再登場し、由利ちゃんが強制的に藤原さんを引っ張り出して、5人で一緒にお辞儀。
その後、管弦楽団の皆さんが隠し持っていたらしき花を1本ずつ藤原さんに手渡して、大きな花束に。
そしてそれを女性2人にプレゼント。
こういうのはサプライズっぽくていいよね。
由利ちゃんもすごく感激してた感じだった。

ということで、一夜限りのスペシャルコンサートが終了。
終わったのが21時40分くらいだったかな。
意外に終わるの早かったかも。

全体的な感想としては、やっぱり前半ですごく感動したので、今回はガーネットのみのライブは無しで、全編オーケストラとのコラボが良かったなぁ。
正直途中のライブは物足りなかった。
あとは、やっぱり腰を落ち着けてじっくり聴きたかったっていうのが・・・。
でも楽しかった。こういう企画またやってほしいなぁ。
っていうか、変なコンセプトアルバム出すならオーケストラバージョンアルバム出してくれればいいのに。

23時20分新宿発のバスに乗る予定だったので(東京からだと多治見に行くバスがない)、遅くとも22時40分の電車で新宿に向かいたくて、でも迷いそうだからもうちょっと余裕を持って20分くらいには乗りたいなぁなんて思ってたので、晩御飯食べられない覚悟をしてたんだけど、意外に早く終わったので、晩御飯を食べに行くことに。
会場を出たら、偶然にもえむしさんと再会し、4人でご飯を食べに。
・・・って思ったら、なかなかご飯食べられる店が見つからない。
結局、店に入ったら22時過ぎで、時間なくなってるっていう・・・。
それでもぎりぎり30分に店を出れば間に合うと思っていたら、意外に料理が出てくるのが遅く、さらに時間がなくなる。
そして食べていてふと時計を見たら、30分過ぎてて焦る。
焦って出ようとしたら、もう既にみんなは食べ終わってて自分がいちばん遅かったり・・・。

ということで、えむしさんと2人、先に店を出て、改札へ。
矢印どおりに進んでいたはずが、なぜか後から出た2人の方が先に改札に着いていた。
チェリーマジック。
挨拶もそこそこに、改札入って、とりあえず中央線に乗るっていうのは調べてたので、行ってみたら、2つのホームにどっちも電車が止まってて、どっちに乗っていいのかわからん。
とりあえず乗って、その辺にいた人に「新宿行きますか?」って聞いたら、ちゃんと行くやつだった。良かった。

23時頃無事に新宿に着き、後はバスに乗るため、新南口へ。
・・・新南口って、どこ?
見渡してみてもよくわからんので、とりあえず南口に行って、駅員さんに聞いてみる。
「そこの横断歩道を渡って・・・」
だいぶ出たとこ違うしっ。
まぁともかく、バス乗り場に無事到着。
みんな、新宿駅新南口は、南口を出て横断歩道を渡って左にまっすぐ行くとあるよ。

バスにも無事に乗り、帰途に着く。
隣の人が太ったおじさんだったので、この人と6時間一緒なのか?とちょっと焦ったけど、空いてる席におじさんが移ってくれたから良かった・・・。
おかげでひとりで2席悠々と使えた。
バスの中でレポを書いていたら、23時45分に電気を消されたので、就寝。
興奮気味で眠くならんし。
と思ったら、みんなから続々メール来るし。
ケータイの電池切れそうやし。

なんだかんだで、6時15分ごろ、多治見に到着。
母親に最後のメールを送ったらケータイが死んだ・・・。
会社からのメールも特になかったので、午前中寝て、午後から会社行ってきたけど、結局何もなかった。
まぁ、何もないに越したことはないんだけど、これなら休み取って東京でもっと遊べたなぁとか思っちゃうよね。
ってか、あっという間すぎて、自分ホントにあの場所にいたのか、すごく不思議な気分になるんだけど。

何はともあれ、皆さんお疲れ様でした。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。バタバタですいません。
次はもっとゆっくりしたいな~。


ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。