今年も星屑同窓会&GARNET CROW10周年記念ライブ~東京編~プレゼント








毎年、「cherry、星屑望年会に行く」から続く、星屑同窓会兼やなせたかし先生のお誕生会という名目のやなせ先生ポケットマネーによるパーティーに参加させてもらっているんだけど、やっぱり自分が何にもやらないと、なかなかレポート書くほどのネタがないのでね。
前回「やなせ先生87歳おめでとう!そしてジブリ美術館でおひるね」からもう4年経っちゃって、やなせ先生も91歳っていう・・・。

今回はちょっと、星屑同窓会の後にGARNET CROWのライブまで行っちゃったので、せっかくだからちゃんと書こうかと・・・。
ってか相変わらず、当日より前日とか移動の方がいろいろあるわね・・・。

そもそもパーティーに行けるのか私。

いつもは大体、2月のはじめに星屑同窓会があって、土曜日が多かったので、当然のように行けるものと思っていたら、今年は2月26日で金曜日。
平日だし、26日というのは、お客さんのところのシステムの本番稼働日だったり。
有給取れんやん。
年末に星屑同窓会の話を聞いた時から、1月か2月に大きなシステム改修の本番稼動があることがわかってたので、もう行けないだろうなぁと諦めモード。
・・・だったんだけど、その大きな改修の本番が1月になり、2月にちょっと余裕ができてきて、そしてダメもとで休みとりたい話をしていたら、ちょっといい具合に話が進んでいって、パーティー2週間くらい前に、なんか行けそうな感じに。
ホントだったら友達と一緒に赤プリ泊まりたかったんだけど、だいぶ直前で安く泊まれるプランがなかったので(去年はネットで、3人1部屋でひとり7000円くらい?で赤プリに泊まれた)赤プリから近いところのホテルを予約。
新幹線の切符も金券ショップで買って、準備万端。

GARNET CROWライブだったんだ。

前日、25日。
ブログに、明日東京へ行くという話を書いていたら、「27日のGARNET CROWライブツアー初日に参加されては?」というコメントが。
そうか、27日って東京でライブなんだっけ。
GARNET CROWは、今年で10周年を迎えて、ライブツアーがあるんだけど、私が参加する予定の名古屋ライブは3月の25日。
まだ1ヶ月も先なので、ライブがあるってことがまったく頭から抜けていた。
そうか、それと知ってたら、ライブチケット取ったのに・・・。
でもその前に、東京に行けるかどうかすら危うかったんだけどね。
そうそう、ホントは、香取慎吾くんの舞台も見たかったんだよなぁ・・・。
でも有給取れるかわかんなかったからチケット取れなかったんだ。
まぁ、有給取れてもチケット取れなかっただろうけど・・・。
会場に行くだけ行って、グッズだけ買ってくるか、と、一応ライブがある国際フォーラムの位置だけ調べておく。

バンクーバーへ向けて準備。

さて、26日に無事に有給が取れることになったわけだけど、この日はなんと、バンクーバーオリンピックフィギュアスケート女子フリーの日じゃないの。
これをもし生で見なかったら、東京行ってる間にぜったいどこかでネタバレされて、帰ってくるまで結果を知らないでいられるわけがない。
ということで、ここはフィギュア見てから東京に行くしかないじゃないか、と、いろいろ時間を調べてみる。
フィギュアの放送予定が14時5分まで。
パーティーの18時半開場に間に合うためには、家から多治見駅に行くバスに、13時59分か14時34分に乗らないといけない。
(ってか、バス来る時間に35分間隔があるってどうよ)
ここはやっぱり、余裕をもって59分に乗っておきたい。
フィギュア見ながら出発の準備なんてしてる場合じゃないので、前日、とりあえずいるもの全部準備して、地図とかも準備して、もう後は、フィギュア見て出発するのみ。

そして朗報が。

当日、2月26日。
出かける準備万端で、後はフィギュアを見るのみ、と思っていたら、なんとブログつながりのガーネットファンの方から、「チケット1枚あまってますよ」と朗報が。
それは、行くし!
前日までまったく予期していなかった展開にびっくり。
いや~、ホントに、どこで何があるかわからないもんだねぇ。

フィギュアを見てダッシュで東京へ。

時間に間に合うのか、ドキドキしながらフィギュアスケート観戦。
途中の6分間練習の合間にカップラーメンを食べ、得点が出るまでの間にみんなに配る名刺を作り、最後の方は見ながらコート着たり折り畳み傘広げたり、なんかとにかくバタバタしてたんだけど、なんとか13時53分ごろ、全員の得点結果が出たところで、ダッシュでバス停へ。
なんかバスに乗ってるとき、さっきまで私テレビ見てたよなぁ、と不思議な気分・・・。
多治見駅から名古屋駅へ向かう電車内で、高校生がフィギュアの結果話してて、良かった見といて、と一安心。
あっという間に新幹線に乗り、品川で降りて新橋行って、地下鉄に乗り換えて赤坂見附へ。
(ってか、ネットで調べたらこのルートになったけど、普通に東京まで行って地下鉄で赤坂見附行けば良かったよね・・・)
赤坂見附の出口を出ると、もう私の庭ともいうべきグランドプリンスホテル赤坂が。
ようやく私も、見ただけでここが赤プリだとわかるようになったか・・・。
その赤プリを横目に、永田町のホテルへ。
着いたのが18時前くらいだったかな?
さっきテレビ見てた人が4時間後には東京にいるって、文明ってすごいね・・・。

赤プリに到着。むしろここまでがメインのようなもの。

荷物を置いて、さっき通り過ぎてきた赤プリへ。
みんなとようやく合流。
なんか、パーティー始まる前に疲れた。
パーティー会場にて、1年ぶりの面々と再会。
受付に行くと、なにやらお札のようなものが印刷した紙が置いてあり、それの裏にメッセージを書いてほしいとのこと。
お札は真ん中の肖像画がアンパンマンキャラクターになってて、可愛かった。
私は迷わずドキンちゃんを取ったけど、なんだかドキンちゃんだけ人気ないのかいっぱいあった・・・。
せっかく印刷してあるのに、なんで裏にメッセージ書くんだ、と思いつつ、メッセージを書く。

やなせ先生はとにかく歌う。

かなり懐かしの人たちにも再会するなか、パーティー開始。
そしてやなせたかし先生の登場。
91歳になられたやなせ先生、今年もとてもお元気そうだった。
ここ数年のやなせ先生は、とにかく歌う。
初めの挨拶から、曲に合わせて歌う。
そうそう、4年前のレポートで止まってたから書いてなかったけど、『詩とファンタジー』っていう雑誌が今、『詩とメルヘン』の代わりに出ていて、この日は詩とファンタジー賞の授賞式でもあったのね。
やなせ先生、受賞者の人たちに賞状を渡すときにも、文面を曲に合わせて歌う。
そして、詩の評論の時には、それぞれの受賞者の詩にメロディをつけて歌う。
これはかなりうらやましい。
自分の詩もいつかやなせ先生に歌ってもらいたい・・・。
今回は、イラストの受賞者の時はイラストを見ながらひとつひとついいところとかを説明してくださって、面白かった。
・・・あ、さっき、曲に合わせて歌う、と書いたけど、ちょっとこれは誤り。
正しくは、やなせ先生の歌に、ピアノ伴奏の人ががんばって合わせる。
いつも思うけど、ピアノ伴奏の人はすごい・・・。

そしてわかったお札の正体。

しばらく料理を食べながら歓談の後、やなせ先生へのバースデーケーキが入場。
やなせ先生がローソクを吹き消すところを写真に撮りたかったんだけど、人が群がりすぎて撮れず。
撮ったと思ったらもうローソクの炎が全部なくなっていた・・・。
ケーキの写真はなんとか撮れたけどね。このケーキいつも思うけど、可愛いよね。

P1040488.jpg


そしてここで、やなせ先生へのプレゼントが。
今年のプレゼントは、樋口さん特製、やなせうさぎの人生ゲーム(もちろん非売品)。
そしてここでようやくわかる。
そうか、さっきメッセージ書いてたお札って、人生ゲーム用のお札だったんだ。
だから裏にメッセージ書いたのね、納得。
でもこれ、誰かがこのゲームで遊ぶときに、自分のメッセージが裏に書いてあったらちょっと恥ずかしい・・・。

P1040490.jpg


やなせ先生熱唱コンサート。

さて、今年もやります、やなせ先生コンサート。
写真を撮るべく、最前列ど真ん中に陣取る私たち・・・。
最初は『ノスタル爺さん』。
やなせ先生がステッキを持って腰の曲がったおじいさんになりきって、床をとんとんとかやるところが可愛い。
1曲終了後、「もう疲れた」とつぶやくやなせ先生。先生ファイト。
2曲目は『生姜ない』の歌。
途中でやなせ先生がステージから降りてきたので、写真を撮ろうと思ったけど、近すぎて撮れんかった・・・。
ってか、やなせ先生、すごく元気に動き回られるので、写真がほとんどぶれた・・・。
そして3曲目は新曲。タイトル忘れたけど、『生姜ない』の振りつきのポップなやつとでも言うのか?
横浜のアンパンマンこどもミュージアムのお姉さんたち(ぜったい私より年下だ)も加わって、みんなで踊る。
ポップなのに、歌詞が身にしみるよ。
左右の子供たちを差し置いて、ど真ん中で踊ってる私たちはどうなのか。
そして最後の曲は、『虹色の歌(だったっけ?)』。
テンポの速い曲に合わせて軽快に踊るやなせ先生、素敵。
なんかこの時点で、ガーネットのライブ張りにテンション上がってる私。
ライブ後、一緒に写真を撮ってもらったときに、「もうちょっと元気なときにやりたかった」と言ってらっしゃったやなせ先生。
十分元気だったけど、じゃあ来年は、もっと元気な姿をぜひ!

アンパンマン雛人形ゲット。

去年のパーティーの時に、テーブルにひとつずつ、アンパンマンのライトが置いてあって、テーブルごとにじゃんけんをして買った人がライトをもらえるってのがあったのね。
今年は、テーブルにひとつずつ、アンパンマンの雛人形が置いてあった。
お内裏様がアンパンマンで、お雛様がメロンパンナちゃん。

P1040523.jpg


すっごい可愛い、これはほしい!
と思っていたら、案の定、じゃんけん大会が。
何気に、お雛様のそばに、ちっちゃい車のおもちゃが置いてあって、各テーブルごとに置いてあるものが違ったのね。
どっちかっていうとそっちの方がほしくて、しょくぱんまん様かドキンちゃんがほしかったんだけど、前の方のわりと人が少なそうなテーブルにドキンちゃんが置いてあったので(写真の右下にちらっと映ってるやつ)、「私ここにする!」とうきうきしながらテーブルへ。
・・・行ったはずが、いつの間にかぞろぞろ人が集まってきて、結構人数の多いテーブルになってしまった。
で、じゃんけんスタート・・・と思ってふと見たら、ドキンちゃんがいつの間にかいない。
あれ?どこ行っちゃった?
まあとにかく、じゃんけんスタート。
去年は、あいこばっかりでぜんぜん勝者が決まらなくて、最終的に隣の人とじゃんけんして勝った人同士でじゃんけんして・・・みたいな感じでやったんだけど(私はすぐ負けた)、今年はわりとすぐ、勝ち上がっていって、気づけば残りは私と男の人1人だけ。
で、最終的にじゃんけんの結果、見事勝利!雛人形ゲット!やった~。
これ、すごく嬉しかったんだけど、持ち帰るときに結構かさばった・・・。
ってか、ドキンちゃんは結局どこに行ったのか最後までわかんなかったんだけど。
だれかくすねてった?
この後、アキ(たけだあきこ)、大下美奈さん、noaさんも勝ってゲットしたことが発覚。
身内だらけや。
4人で写真撮ったけど、なんかこれだと、全員プレゼントみたいだ・・・。

ということで、雛人形ももらったところで、パーティー終了。
今年はなんだか何にも手伝えなくてすいません。
毎年思うけど、やなせ先生やお会いする皆さんにパワーをもらえるパーティー。
今年も参加することができてよかった!
皆さんお疲れ様でした。そしてありがとうございました!

うどんで始まる休日。

次の日は、桜新町にあるげんさんのお友達の家で、うどんの会。
12時くらいに現地に着いてみると、いたのはげんさん、石川さん、かとうさんのみ。
昨日みんなに来るように言っといたのに、なぜみんないない?
生姜と格闘したり大根と格闘したり、たまにオリンピック見たりしてたら、14時半の時点でまだ生地を踏んでる段階。
15時半には出てライブに行きたい私。うどんが食べられるのか?と一抹の不安。
なんとか間に合って、明太バターとかけとカレーうどんを食べていたところ、ようやく人が来始める。
ってかみんな、うどんが出来たのを見計らって来たな。
あっという間に時間が来てしまい、私はライブ会場である国際フォーラムへ。
家を出たあたりで夏野さんに会い、ちょっと進んだあたりで樋口さん金沢さんに会う。
みんな、見計らって来たな・・・。

国際フォーラムに到着。

東京って、地下鉄がひしめき合ってるよね・・・。
国際フォーラムに行くにも、なんかいろんな駅から行き方があったみたいで、とりあえず東京駅までの乗り方をネットで調べてそれに沿って乗ってたんだけど、なんかよく見たら銀座駅の方が近そうだったので、そこまで行くことに。
ってかもっとよく見たら、ほかにも近そうなところがあった。
まったく、どうやって行けばいいのかわからん。
そんなこんなで、16時半ごろ、国際フォーラムに到着。
17時開場だったので、16時くらいまでに行けばグッズが買えるかも、なんて思っていたのに、ぜんぜん間に合わず、案の定グッズ売り場はもうなかった・・・。
ここで、ブログつながりのランディさん、Crayonさん、TATSUさんと初対面。
ほかにも会ってみたかった方々がいたんだけど、いかんせん突然だったもので連絡もできず・・・。
でも、3人にお会いできて良かった。

5000人収容ってすごいね。

今回のホール、5000人も人が入るそうで、すごいね。ガーネットってそんなに人集まるの?
開場になっても人がすごい並んでてなかなか途切れず、開演が18時だから、その30分くらい前に入れたのかな?
今回ライブ会場限定で売っているという、由利ちゃんとおかもっちのユニット『ミニクロ』のCDと、パンフレットが買いたかったので、とりあえずグッズ売り場に並んでみたが、グッズ売り場もすごい人。
これって開演前に買えるのか?と不安になる。
開演10分前くらいには買えたのかな・・・?なんか、ギリギリだ。
会場に入ってみると、19列目の右の方で、かなり見やすい位置。
1階だけで3000人入るらしいんだけど、1階はほとんど埋まってたかな。
2階は見えなかったからわかんないけど、どのくらい埋まったんだろう。
一応当日券売ってたから、5000人全部は埋まってないってことだよね?
入り口でもらったチラシとかの中に、サイリウムが入ってて、『Holy ground』のときに振ってくださいと書いてあった。
ガーネットでサイリウムって初めてかも?

そしてライブ開始!ここからはノーカットで。

※ここから先、ネタバレ満載注意。

ということで、18時。
ほぼ定刻で、いよいよライブ開始!
今回は、幕が閉じた状態からのスタート。
音楽とともに幕が開き、始まったイントロはおかもっちのエレキギター。
ん~、これはなんだろう?と思いながら聴いていたら、始まった曲。
1曲目は『涙のイエスタデー』。
いきなりアップテンポの曲から始まると思ってなかったので、意外でびっくり。
しかし、前奏が終わって歌の入り出しに近づいてるというのに、由利ちゃんが一向に出てくる気配がない。
由利ちゃん、歌始まっちゃうよ?
と思っていたら、「涙の♪」と由利ちゃんの声。
そして「イエスタデー♪」とともに、ドラムの後ろにあったちょっと高くなった舞台からぴょ~んと飛び出してきた由利ちゃん。
ミュージックステーションとかでしか見たことない、床の下から上がってくるやつね(ってわかるか?)。
あ、もしかして、由利ちゃんがインタビューでやってみたかったって言ってたのってこれか?
由利ちゃん、金色ぴかぴかの衣装がすごい。
自分がいた位置は、位置的には七さん側なんだけど、由利ちゃんの方ばっかり見てたので、どっちかっていうとおかもっちや古井さんの方がよく見えた。
でもほぼ由利ちゃんしか見てなかったけど・・・。

「10周年をみなさんと祝うことができて本当に嬉しいです」とMCがあり、続いて『Mysterious Eyes』『夏の幻』とアップテンポな曲が続く。
そういえば、『Mysterious Eyes』のときとか、あとまた後ろの方で数曲、バックでメンバーの10年前からの写真が順番に出てきたんだけど、いちばん右の古井さんだけ、自分の位置からだとカーテンに隠れて見えなかった。
でも古井さんだから別にいいやとか思っちゃってゴメンね。

4曲目。
なんかちょっと聴きなれないイントロだけど、これって・・・ベストアルバム収録の新曲『As the Dew』。
実はベストアルバムまだ買ってなくて、あんまりちゃんと曲も聴けてなかったり・・・。
なんかちょっと、サビから2番に入るところが転調して歌いにくそうだったかも。

「私たちは2月10日に、ベストアルバムをリリースしたんですけども、タイトルは・・・」
そこまで言って、おかもっちの方へ振り返る由利ちゃん。
タイトルを言うのはいつもおかもっちの役らしい。長いもんね・・・。

あれ、そしてここで、10周年の思い出トークがあったんだっけ?
なんかもっと後ろの方だったような気がする。まあいいや。

由利ちゃんから、「10周年で思い出に残ったことは?」と古井さんに突然質問が。
古井さん思わず「きましたね」。
古井さんの「好き勝手に作らせてもらって」という感想に、なぜか異常に反応していたおかもっち。
「思い出に残っているライブは?」という由利ちゃんの質問に、
「今日・・・がこれから先残っていくと思います」
と七さん。
さすが、振り返らない。
そしておかもっちは「月並みですけど、長いようで短い。いい言葉ですね。昔の人はよく言ったもんで」。
ホントにねぇ。

そして、人気の高いc/w曲と、なつかしのシングルということで、2曲。
イントロが始まって、AメロもBメロも歌詞がわかって由利ちゃんと一緒に歌えるのに、歌ってる間サビがずっと出てこなくて、これ何の曲だっけって思っていた私。
サビにて「あの日夕立の庭で♪」。
・・・あ、『夕立の庭』か!
好きな曲で歌詞も覚えてるのに、何で出てこないかなぁ。年を感じる・・・。
そうか、GARNET CROWファンになった当時18歳だった私も、10年分年をとっているわけで・・・。
『夕立の庭』の1番が終わったあと、そのまま感想が次の曲のイントロに変わって、始まったのは『千以上の言葉を並べても・・・』。
この2曲、メドレーでまったく違和感ないね。
どうせならフルコーラスで歌ってほしかったけど、どっちの曲も綺麗だった。

そして続いての曲は『Jewel Fish』!
これはかなり貴重じゃないか。
すごいキラキラした曲で好きなので、ライブで歌ってくれるとは思ってなくて嬉しかった。
でも、2番も聴きたかったなぁ。2番のサビの歌詞好きなので。

続いては『夢のひとつ』。
この曲はCDで聴くとすごい好きだけど、ライブだとちょっとサビで転調したりして歌いにくそうだった。
なんか、途中由利ちゃんが七さんかドラムの人あたりにしきりに合図を送っていたような。

続いては、「ラテンの曲なんかも歌っているんですけど」ということで、『風とRAINBOW』。
最初に飛び出してきた台の上に乗って歌う由利ちゃん。
ジャケット着てなかったから、「魅惑的なそのバディ♪」でジャケットをちらっとめくるのはどうするんだろうって思ってたら、手だけだった。
サーチライトが上からすごい当たってて、台の上で金色の服だから、なんかちょっとお立ち台みたいで笑えた。

続いてお立ち台のまま『wish★』。
サビのところでちょっと振り付けっぽいものがあって、由利ちゃんに合わせてやっていたけど、簡単なのに何回か間違えた私・・・。
この曲、ファーストライブのDVD見ると、いちばんキーが高くなるところで声がぜんぜん出てないんだけど、今回、一番高いところも楽々力強い声で歌っていてびっくり。
10年間の成長ぶりがわかるね。
めっちゃかっこいい。

続いては『Clockwork』・・・だよね?
たぶんそうだけど、あんまりよく聴く曲じゃないから、覚えてなかった・・・。

続いての曲は、『Crier Girl&Crier Boy~ice cold sky~』。
この曲もかなり意外。1回ライブで聴いてみたかった曲だったんだけど、これはかなりすごかった。
前カラオケで歌ってみたことあるんだけど、めちゃくちゃキーが高くて難しい曲なんだよね。
それをさらっと歌いこなせる由利ちゃんってすごい。
ホントに高音のファルセットがすごく綺麗で、感動した。
前にラジオで、この曲の最後の方の英語が「はなだくん♪」に聞こえるっていうのをやっていて、結構ツボだったので、そこ歌うときにちょっと笑いそうになったけど、ちゃんと「around the clock♪」に聞こえたよ。
確かこの曲の時、天井がプラネタリウムみたいになっていてそれもすごく綺麗だった。

続いて『Timeless Sleep』。
この曲は「die away♪」の後の広がる感じが好きなんだけど、ライブだとなかなかそこ歌ってくれないので、今回は歌ってくれて嬉しかった。
転調した後がすごい力強くてかっこいい。
・・・が。
最後のサビ後、曲が終わる前に突然すたすたといなくなる由利ちゃん。
あれ?どこへ行く・・・?
とか思っていたら、演奏終了後、ほかのメンバーもいなくなる。
ん~と、何事・・・?

とか思っていたら、さっさと座りだすお客さんたち。
え?ライブ中に座るの?
名古屋でライブ途中に座ったことなかったので、ちょっとびっくりしつつも、自分も座る。
と、なにやら準備を始めるスタッフ。

あ、これはもしかして、例の・・・?

そして出てきた由利ちゃんとおかもっち。
早着替えだったらしく、始まる前から息が上がっているおかもっち。
そして始まったアコースティックコーナー。
去年のライブ(カウントダウンライブだったっけ?)で披露したというのは知っていたけど、ここで見られるとは。嬉しい。

最初の曲は、おかもっちのギターに合わせて『籟・來・也』。
イントロがCDよりもアップテンポな感じだったので、どうやって入るんだろうって思ってたんだけど、なんだろう、これ、ブルースっていうかジャズっていうか、なんかちょっと弾んだ感じ?
このアレンジかなり好きかも。

ここで、由利ちゃんからミニクロの紹介。
「このたび音源を作っちゃいまして、ライブ会場限定で発売します。よかったらライブ後、是非物販で」
会場から、「もう買ったよ~」の声。私ももう買ったよ~。

続いての曲は、おかもっちに加えて由利ちゃんのピアノ弾き語りで『恋のあいまに』。
由利ちゃんの弾き語りも、1回見てみたいと思ってたんだけど、今まで見る機会がなく、今回が初めて。
イントロとか結構難しそうなのに、さすがやね。

さて、そして続いては、「皆さんにアンケートをとりたいと思います」と由利ちゃん。
「3つの曲の中で、いちばん聴きたい曲に拍手してもらって、拍手がいちばん大きかった曲を披露します」
そして候補に挙がったのは、『君の家に着くまでずっと走ってゆく』『Stay』『夜更けの流星たち』。
この中で1曲って、決められないし・・・。全部聴きたい。
結果、『君の家に着くまでずっと走ってゆく』『Stay』が同じくらいで、いちばんは案の定『夜更けの流星たち』。
まぁ、予想はしてたけど、これって言う順番にも寄るんじゃ・・・。
ちなみに自分は『Stay』に拍手したけど。
「ということで、東京会場は『夜更けの流星たち』に決定しました」
・・・ということは、ほかの会場でもやるんやね。
名古屋ではぜひほかの曲が聴きたいな~。
『夜更けの流星たち』は、由利ちゃんのサビの歌声がすごく力強くて綺麗だった。

そして最後の曲は、「私たちの十八番の曲で」と由利ちゃん。
「いつの間に十八番になったんだ」とおかもっち。
曲は『水のない晴れた海へ』。
この曲は七さんのピアノが聴きたかったので、オリジナルバージョンが聴けないのはちょっと残念だったけど、このバージョンもなかなか面白かった。
ちょっと普通よりアップテンポで、由利ちゃんが手拍子を促したのでお客さんが手拍子してたけど、途中、その手拍子でテンポがわからなくなったのか、由利ちゃんがマイクを持ってる手の指で拍子をとっていたのがちょっと可愛かった。

ライブ後、はけるときに、ガーネットの時より丁寧にお辞儀するミニクロの2人・・・。

その後、メンバーが再登場したのに、まだ座ってるお客さんたち。
勝手がわからないのだが、いつ立てばいいんだろう・・・と1人内心ドキドキの私。

そして始まった曲は『夢みたあとで』。
曲が始まったら立つのかと思ったら、立たないんだね。
でも確かに、こういう曲は座ってじっくり聴きたいかも。
名古屋ではなかったので、なんか新鮮。
曲に聴き入っていたら、2番の終わりに突然歌うのやめてしまった由利ちゃん。
ん?どうした?
その後、サビの繰り返しでも、ちょっと歌ってすぐに歌わなくなってしまった由利ちゃん。
感極まって泣いてしまった模様。
なんか、思わずもらい泣きしそう。
会場から手拍子が起こり、なんかみんなで、舞台に向けて声援を送っているような感じで、由利ちゃんは結局最後まで歌えなかったんだけど、すごい感動しちゃった。

余韻に浸ってるうちに始まったイントロは『Holy ground』。
あ、サイリウム出さなきゃ!
急いでぱきっとやって、急いで立つ。
そうか、このタイミングで立つのか。
(と思ったけど、曲終わってからよく見たら真ん中の人はみんな座ってた)
こんなタイミングでサイリウムなんかつけたら、由利ちゃんまた泣いちゃうんじゃ、と心配したけど、今回は大丈夫だった。
この曲は、CDで聴くよりライブで聴く方が圧倒的にいいよね。
CDだとそんなによく聴く曲ではないんだけど、ライブだと聴き惚れちゃう。
最後のタメのところいいよね。

さて、そして次の曲がどうしても思い出せないんだけど、なんだったっけ・・・?
『call my name』だったような・・・違うような・・・。
なんで忘れたかっていうと、多分、次の曲でまたみんながサイリウムを出してて、なんでみんなこんなに一体感があるんだ、と感心してたせいだ。

そして次の曲は『世界はまわると言うけれど』。
この曲も、ライブで聴く方が圧倒的にいいと思う曲。
CDではあんまり聴かないんだけど、ライブはすごく素敵。
んで、この曲のときだったっけ、最後に白いハートが降ってきたのって。
最初紙ヒコーキかと思ったけど、よく見たらハートだったよね?
自分のところに降ってこないかなぁと思ってちょっと上に気をとられていたので、曲の最後の方あんまりまともに聴いてなかった・・・。

「皆さん楽しんでますか?」と由利ちゃんから声がかかり、ここからはアップテンポな曲がスタート。

まずは『二人のロケット』。
10周年だし、今日こそは2番もちゃんと歌ってくれることを期待していたんだけど、今回もまた、1番と最後のサビだけだった・・・。
いつになったら全部歌ってくれるのかしら・・・。
この曲のときに後ろの映像でロケット飛んでたのがちょっと面白かった。

この曲に続き(だったよね・・・?)いきなり始まったのは、『君の思い描いた夢 集メル HEAVEN』。
この曲もテンポいいから聴いててすごい弾みたくなるよね。

そして、イントロとともに、メンバー紹介。
このイントロは、あの曲だよなぁ・・・。でも、めっちゃ季節外れだよなぁ・・・。
と思ってたら、案の定『雨上がりのブルー』。
この曲も意外。冬なのに夏の曲だし。
この曲を聴いていつも思うんだけど、「over 25℃ summer day♪」って結構ザラにあるよね・・・。
この曲って初披露のとき、サビに振り付けがあったので、今回もそれをやるのかと思って、しまった振り付け覚えてないって思ったんだけど、サビになったら由利ちゃんが手を左右に振っていたので、みんなで左右に振った。

そしてラストソングは、『今宵エデンの片隅で』。
この曲はホント盛り上がるね。
前回のライブでこの曲を初めて聴けてかなり嬉しかったんだけど、また聴けて良かった。

曲が終わり、メンバーがはけた・・・と思ったら、また座るお客さんたち。
え、アンコールで座るの?
またまたびっくり。
なんかやっぱり、それぞれの地域でライブの楽しみ方も違う感じなのかしら。
面白いよね。

アンコールの時、斜め後ろの男の人がめっちゃ七さんコールしてて笑えた。
最後「俺の七さん」まで言ったからね・・・。

そして、メンバー再登場で、始まったのは『「さよなら」とたった一言で...』。
この曲もかなり意外だった。
由利ちゃんの歌声が力強い。

そしてここでトーク・・・だったっけ。
『「さよなら」とたった一言で...』の前だったっけ。
まあ、うろ覚えで。
そういえば、このときまだ座ってたような。
またいつ立つのかタイミングがよくわからん。

「古井さんTシャツ似合ってますね」と由利ちゃん。
そして「自分だけかと思った」とびっくりし出す古井さん。
どうやら古井さんだけ黒いシャツだと思ったらしい。七さんも着てた。
ほかのみんなは赤のTシャツ。
ちなみに古井さん、七さんはサイズMで、おかもっちと由利ちゃんはS。
由利ちゃん「参考にしてください」。

そして10周年記念で作ったネックレスも。
古井さん、おかもっちを見て、「男子にも似合いますね」と由利ちゃん。
男子って。
このネックレスすごいほしいんだけど、8000円もするんだよね・・・。
でも、メンバーがつけてるとほしくなるよね・・・。
10周年記念だし、奮発するのもあり?
グッズを全部買いとかする人ってすごいよね・・・。

「俺慌ててつけたから(ネックレスを)裏返しにつけてた」とおかもっち。
「私もや」と七さん。
由利ちゃんのつけてるネックレスを見て、「それ表?」とおかもっち。
由利ちゃん、よく見て、「あ~私も裏だ!」。
その驚きようが可愛い。
でもよく見たら、「裏返ってただけやった」。
「仕様を把握してないんでね・・・」とおかもっち。
由利ちゃんは、七さんに裏返ってるだけだと教えていたが、七さんは、「裏返すと文字が反対になる」。
・・・ん?それってどういうつけ方だ?
言われた由利ちゃんは、自分のネックレスが裏返しかどうか何回も確認していた。
そんな中古井さんは、「見えない・・・」。
由利ちゃん、「首が太いんですね」。
「私たちとおそろいで、ぜひ物販で」
・・・やたらと物販を強調する由利ちゃん。

「ライブツアー、カウントダウンライブ、ベストツアー・・・で終わりじゃないんですよ」
と、4月に発売される新曲の話に。
聴きたい~、という会場の声に、
「今日は何小節にしようか・・・」
とおかもっち。
歌ってくれるのか・・・?とドキドキしていると、
「さわりだけ・・・。古井さん、どんな曲ですか?」と由利ちゃん。
「明るい曲」
ってそれだけじゃわかんないよ!
続いて七さんに、「どんな感じの詞ですか?」。
聞かれた七さんは、「コメント考えたんやけど、今の質問やと繋がらへん」。
「じゃあまた後で聞きます」と、今度はおかもっちに話を振る由利ちゃん。
「さわやかに×4、ギターを鳴らしてます」
うん、だから、歌ってくれるの?どうなの?
「はい、七さん、どうですか?」
由利ちゃん、それ、七さんを後回しにした意味ないって!
え?と戸惑う七さん、そして、
「聴いてもらいましょうか」
とぽつり七さん。
会場からおぉ!と拍手。
が、なおも由利ちゃんトークが続き、え、結局歌ってくれるの?と心配になったんだけど、ちゃんと歌ってくれた。

ということで、どこよりも早く初披露、『Over Drive』。
1回聴いただけなのでなんとも言えないけど、最初スローで始まって、途中からアップテンポになる曲で、割とオーソドックスなガーネットの曲という感じがした。
タイアップが映画『名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)』の主題歌だからか、歌詞の途中で「ロストシップ」って言った気がしたのは気のせいか?

そして次の曲は、またまたお立ち台に上って『僕らだけの未来』。
この曲の時に立ったんだったっけ・・・?
この曲も、ライブで盛り上がるよね。
なんか、一気にテンション上がっていく感じがする。

そしてラストはやっぱりこの曲『スパイラル』。
途中で銀色のテープが飛んできたんだけどこっちまで来ず。
帰り際にスタッフの人が持ってたからもらおうかとちょっと思った・・・。
今回はサビを4回繰り返したかな?
ってか、サビの途中のところで飛ぶの初めてやった。
あれ?いつもやってないよね?名古屋だけ?
それともいつもよりちょっと後ろの方にいたから気づいただけで、いつもみんなやってたのか?
最初の方飛ぶタイミングがよくわからんかったんだけど、繰り返すたびにだんだんわかってきて、最後かなりノリノリだった。

ということで、ライブ終了。
ミニクロや新曲も聴けちゃったし、名古屋会場とはちょっと違う雰囲気も楽しめたし、おなじみの曲から意外な曲まで、いろいろ聴くことが出来たし、ホントに楽しかった!
たっぷり2時間45分のライブ、予想より長かったので、帰りに慌しく新幹線に乗って帰ることになってしまったんだけど、ホントに行けて良かった~。
チケット譲ってくださってホントにありがとうございました!
名古屋ライブまであと1ヶ月。
初日と最終日の1つ前じゃ雰囲気も違うだろうし、東京と名古屋じゃやっぱり違うだろうし、そっちも楽しみ!

P1040534.jpg


↑パンフレット、ミニクロ、サイリウム。あとなんか、48時間限定で待ち受けとかがダウンロードできるカードがついてた。
amimono.jpg



ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ