HAPPY BIRTHDAY

(H15.12.4)

「工藤くんみたいに、平次に気障なセリフ言うて欲しいっ」
「・・・・・・はい?」
 平次は顔をしかめる。


こたつでみかん

(H15.1.26)

こたつで丸まってテレビを見ていたのは、和葉だった。
「平次のおばちゃんが上がってって言うから」
和葉はテレビを見つめたまま、答える。


Special Holynight

(H14.12.22)

「あ、えーと・・・、これは・・・」
と、和葉が何か言う前に、平次が和葉に言った。
「誰にやるんか知らへんけど、似合わんモン作りよって。もらった奴が気の毒やわ」


call to lock you

(H14.6.8)

「もうすぐ50000人記念リクエストキャンペーン」リクエスト作品。

「おう、蘭か。俺も今電話しようと思ってたところなんだ」
『ホント?気ぃ合うわね』
ふいに、言葉に訛りが混ざる。新一はピンときた。


果てしなき逃亡生活

(H13.5.2)

サイト「09Village」投稿作品。

「工藤くんって、平次より足短いんやな」
そう言いながら、和葉は右足を伸ばしてみせる。


願い事ひとつだけ

(H13.2.4)

しかし小人は、空き缶の上に立つと言った。
「助けてくださってありがとうございました。あなたは命の恩人です」


夜間飛行

(H13.1.22)

サイト「09Village」投稿作品。

「あるとすれば、その鏡台の引出しの中ね」
少年は、引出しのひとつを開ける。
中から、黒く透き通った布のようなものが出てきた。


制服の夏

(H12.8.19)

サイト「rain kid」投稿作品。

「あ、ここまで来て、授業サボったこと後悔しとんのやろ。せやから言うたやんか」
「そうやないの。そうやなくて・・・」


二人のロケット

(H12.7.17)

サイト「09Village」投稿作品。

「なんやねん。こんなとこで・・・」
「あんたかてテレビのニュースとか新聞くらい読んでるやろ。あれやあれ」
そう言って和葉が指さした先には・・・。


新緑

(H12.4.28)

「俺、お前のことが好きかもしれへん」
「・・・え。・・・えぇっ!?」
そう、それは、平次の突然の告白から始まった。


誰も知らない夜明け

(H12.3.30)

「あなたの変装も結構いけてたわよ。・・・西の名探偵さん」
それを聞いて、影の主・・・平次は思わず大きく相づちを打った。


lipstick

(H11.11.28)

「ええと、これがケーキやろ・・・、そんでこれがシャンパンで・・・」
私は混乱してしばらく玄関の前に突っ立っていたけど、やっとの事で我に返りました。


未来~5つの夢物語~

(H11.6.26)

メールマガジン「Conan Delivery Service」投稿作品。

和葉はいつの間にか、平次のTシャツの裾を掴んでいた。
「待って、行かんといて」




ホーム



バナー以外の無断複製、転載禁止
style sheet&Java Script使用

まとめ